こばゆさん、たこさん、ひろちきさんへのお返事です

異様な暑さが続く地域が多い夏……みなさま、ご無事でお元気ですか?

私は日傘を買いました。あとは平常通りに生きています(^^)

このひと月もまた、たくさんメールをいただきました。
お返事、3回に分けて、書いてまいります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
こばゆさん、こんにちは。

すごく遅い返事になってしまって、ごめんなさい!

でも今回書いてくださったメールの言葉が心の染みて……また私のほうが、こばゆさんに癒していただいたような気がします。

忘れないよう、いただいたメールの文章、ここに写し置かせてください。

「家の前が公園になっていて、よく朝空気を吸いに行きます。

木って、長い時を経て色々見てきたんだろうなと。。。
先生のお写真にある切り株も長い間、色々見て感じてきたんだろうなと思います。

土から養分を吸いとって生きているけど、それ以外の何かも吸いとって生きてるのかな、なんて…。

木の根本に埋めた「家族だった虫たち」も、木に吸いとられ、天国に送ってくれたんだろうなと。虫達を埋めた木の根本から、また赤ちゃんの木が生まれていました。

切り株の上のタロットカード達も木のパワーを得られて癒しを受けているかもしれませんね。」

こばゆさんにそう言っていただくと、本当に、うちのカードたちが大きな切り株からパワーをもらっているイメージが湧き、そのカードに触れている自分も癒されているはず……と感じられてきました。

あの虫さんたちのなきがらのそば、生まれ育っている木のお話にも胸がジンとします。

日々、本当にお忙しいでしょう。どうぞ森の空気から力を得て、大変なお仕事を乗り切っていかれますように……。

こばゆさんからの応援、本当に嬉しくて、いつも見ていてくださって、ありがとうございます。
私も、何かあればすぐにも、こばゆさんのお力になれるよう、力や知恵を蓄えることに精進していくつもりです(#^^#)

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
たこさん、お久しぶりです!

もちろん、たこさんからいただいていた過去のご相談、覚えております。

とても苦しく切ない恋でしたね。。
あの苦痛が少し鎮まっていらしたのですね。。

 

「あれは魔の時だったのかもしれませんね。フリーズした心が溶け、久しぶりにときめきを感じ、舞い上がり叶うわけもないのに思い続け苦しみという日々。

先生のメッセージで気持ちを整理しながら、完全ではありませんが、やっと冷静になれるようになりました。」
とのこと。

そして、
「上手くまとめられませんが、ひととき、忘れていたものを思い出させてくれたのだと感謝をして。もう、占いに頼ることなく歩いていこうと思います。」
と書いていらしたのを読んで、
そうか、これは、たこさんから私への「さよなら」の手紙なんだな……と思ったら、私もちょっと切なくなりました。。

でも、こんなふうに最後にキチンと、メールをくださるなんて、たこさんの、そのお気持ちが嬉しかったです。ありがとうございます。

 

もしね、また何か悩まれることができたり、そうではなくても、人生や恋について、誰かと語りたくなったりなさったら、再びメールをいただけたらいいな……と思いつつ。

こちらこそ、こうしてメールをくださって、ありがとうございました。
これからもどうぞお元気で、切なくも美しい人生を一歩一歩、歩んでいかれますように。。

hawaiian2_ban_02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ひろちきさん、はじめまして。

メールをいただいておりますが、もしかすると、途中で切れてしまったのかなにか、お聞きになりたいことが書かれていなかったので、ちょっとこちらで「お尋ね」をさせてください。

いただいたメールには、
「13歳年下の男の子と仲良くなり、2人で出かけたりもしたのですが、最近ではメールも既読がつかない、返事も来なくなりました。」
とだけ、書かれておりました。

その彼のお気持ちなのか、それとも今後のことなのか、どんなことをご相談されるおつもりだったか、もしよろしければ改めてメールをいただいてもいいでしょうか?

とはいえ、お待たせするばかりになってしまいますので、簡潔に、「彼の気持ち」だけ、カードを引いてみました。

表れたのは、ハワイアン・スピリチュアルタロットの『渦』というカードです。

これは、何か大きな力に巻き込まれている……という、そんなことを意味するカードですので、返事が来ないのは、仕事や人間関係のトラブルが原因だと思います。

こういうときはそっとして置かれていいと思いますよ。

でも、悲しいですね。。せっかく仲良くなれたのに。

人と人との縁って、これから長く繋がれそうに思ったのに、ぷつんと切れてしまったり――そういったことも正直なところ、いろいろ出てきます。

それでも、誰かと繋がることを諦めず、「ではまた、いつか」と思って、心を収めて、「今、繋がれる相手」にね、心を注いていくことが、幸せなご縁を招いていくのだと思います。

短いお返事でごめんなさい。よろしければ、どうぞまた、悩みの詳細を聞かせてくださいね。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード