直接鑑定はライブ~ダイレクトに届く癒しの力

きちんとしたご紹介が遅くなりましたが、

ジューン澁澤と「チャット画面上」で、直接対面しながら鑑定を受けていただける「ビデオチャット鑑定」が6月中旬から別のところでスタートしております。

 

これまで、お悩み相談コーナーで言葉を交わしてきた方のなかにも直接鑑定を受けにきてくださった方が。

もう何年もメールのやり取りを交わしていても、はじめて顔を合わせるのはなんだか照れくさいものですね。

でも、生のお声を聴ける嬉しさはとびきりでした!

5分もすると、まるで昔からの友達みたいな気分で話し込み、これまでよりもずっと詳しく、恋や人生の状況を聞かせていただきながら、占いを進めています。

こうして対面の鑑定をしてみて思うのは、「実際に話せるっていいな」ということでした。

なにしろ、哀しいお話を聞けば「辛かったですねぇ」と、その場ですぐ、ねぎらいの言葉をお送りできます。

うれしいお話には、「よかったですね!」と反応できます。

普通は当たりまえなんでしょう。
でも、これまでの私は、メールでしか皆さんと話してこなかったので、ものすごく新鮮で、親密で、楽しくて仕方ありません。

なにしろ、みなさんの顔が見えて、笑顔が見られて、声まで聴けて……。

 

いろんなことをダイレクトに伝えられるので、
カードを引いて、その内容を伝えるたびに、
「うん、それはまさに当たっています!」とか、「その通りだと思います」とか、パッと言っていただけるのもありがたくて。。

なにしろ、メールのやり取りだと、こんな反応をその場でいただくことは出来ないですから。

 

きっかけは、アメーバさんが新たに始めるREQU[リキュー]というサービスのオープンに「良質なセラー(売り手)として参加しませんか?」と声をかけていただいたこと。

直接鑑定にトライする気は、特になかったのですが、勢いで始めることになってしまい、正直かなり不安でしたが、結局、「やってよかった!」と思える結果になって、ホッとしています。

 

また、直接鑑定をして気づいたこともたくさんありました。

これまでは、書き言葉で伝えるコンテンツの鑑定が中心でしたし、これからも、それは変わらないと思います。

 

ところで、私にとって、みなさんに占っていただく、コンテンツのメニューを書くのは、ある意味、小説を書いているような感じなんですね。

カードを引いて出てきた結果をパパっとお話するのではなく、
カードのメッセージがしっかり伝わるように、書いては消して書いて消して……。
そうやって作り込んでいくことで、カードからのメッセージをひとつも漏らさず、丁寧に正しく伝えられる――そういう感じがします。

いっぽうの対面鑑定は、それとかなり違って、
出来たてのメッセージをポンっと直に手渡す感じ。「ライブ感」がすごく強いです。

「あ、大丈夫! それ上手く行きますよ! だって、ほら見てください、これ! このカードね、これって吉兆なんですよ!」っていう感じなのです。

「丁寧さ」という点ではコンテンツの占いに叶いませんが、「新鮮なメッセージをダイレクトに伝えられる迫力」みたいなものが強く出ています。

実際、その迫力が、鑑定を受けにいらした方の心をその場でグイグイ揺さぶって、あっという間にユウウツが晴れていらっしゃったり、元気が出ていらっしゃったり……

……その姿を目撃していると、なんにも加工していないままの「ダイレクト・メッセージの力」はすごいんだな、と感じます。

 

書き言葉のように何度も読み返したりは出来ないですし、予約が必要ですから、コンテンツのメニューのように今すぐ読める利便性にも欠けてしまいます。

それでも、一度はぜひ、コンテンツと一味違う対面鑑定の「ダイレクトな癒し力」を感じていただきたいなぁ、と思うようになりました。

よろしければ、私の鑑定、いつか受けにいらしてくださいね。

 

今日は私の誕生日……無事、こんな長く生きられました

突然ながら、今日で私、50歳になります(*^_^*)

これでもう「若くして逝ったしまった人」という不幸だけは人生から消えたような。。

とはいえ、「人生100年」と言われる時代になりました。まだまだ中途半端な歳ですね。

それは分かっているのですが、幼いころは、ひ弱で病気ばかりしていたし、そのくせ大人になると、今度は不摂生ばかり……。

そんな私がこの歳まで無事に生きてこられただけで、なんだか少し幸せな気分です。

蟹座生まれで、月の星座は魚座です。

占星術に少し詳しい方であれば笑ってくださるかもしれません。

というのも、月以外にも、水星、金星、火星が全部、蟹座に入っていて、もうビショビショに水っぽい性質です。

そのせいなのか、人の悩みにググっと感情移入しがちで、一緒になってメソメソしたり、不安になったり、怒ったり……。なにかと気持ちがグラグラ揺らぎやすいところのある人間です。

でも、血液型はAB型。
水っぽくて感情的な部分が多いわりに、生き方のほうは「ひらめき重視」だったりします。

(ひらめきの強さはカードのリーディングに生かされていると思って喜んでいます)

50歳まで生きてきて、それぞれの年齢の苦悩を人並みに体験しました。

人並み以上だった部分もいろいろありましたが、人よりもラクをさせてもらえた部分も。幸せなことです。。

そして、50年間を生きてきたうち、なんと35年ものあいだ、タロットカードを読んできました。

15歳のころは、まだ読み方もよく分からなかった「ハイアロファント」(『法王』のこと)といった難しい名前のカードもスラスラ読めるようになりました。

25歳のころは、出てくるだけで不吉に思って嫌っていた『死』や『塔』のカードからも、ポジティブなメッセージを読み解けるようになりました。

書籍を出し、オリジナルのカードも出してきた近年は、「これでタロットはだいたい極めたぞ!」と、少し気持ちがおごった時期もありました。
でも、タロットという奥深いツールの正体は今もまだ全然分からないな……と最近は思っています。

とにかく、これまでの日々のすべてが今、カードを引いてメッセージを読む私の糧になっているのは確かです。

 

20代のころ、タロットカードの勉強をしていたとき、ある先生から「占い師は若いとダメ。いろんな経験を積まないと答えが浅い」と言われた言葉がすごく胸に残っています。

50歳になったからって、それだけで答えが深くなるわけでもないでしょう。

とはいえ、やはり、20歳のころならどう答えていいのか分からなかったことに、今はもうスラスラと答えられるし、その答えのなかに自身の経験から汲みあがってきた知恵が含まれているように感じることは増えました。

 

それから、みなさんが寄せてくださった「悩み」に回答させていただいてきた経験も、近年はとても深い学びになりました。

いろんな悩みを抱える方に向け、タロットが届けようとしているメッセージを必死に読み出す「修練」をこれだけたくさん積ませていただいて、本当にありがたかったと思っています。

 

これからまだまだ精進します。
こんな私を今後とも、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

▼REQUにて、ビデオチャットの対面鑑定を始めました

こばゆさん、かりんさん、ひろさんへのメールのお返事です

今日のダイアリーも、お返事の第3弾になります。
長らくお待たせいたしました。

 

こばゆさん、こんちには!

いつも私に温かい言葉を送ってくださって、本当にありがとうございます。。

最近、毎月のように、こばゆさんからメールをいただけているので、なんだかうれしくなってしまいます。

なんでしょうね、この気持ち(笑)
結局、こばゆさんを励ましているのではなくて、励まされているばかりな私なのです。

ときどき、こばゆさんに介抱されたコオロギさんのお話を思い出すことがあったりして、なんというか、こばゆさんの持つ包容力の強さに私は癒されているのだと思います。。

そうそう、私たち、干支が同じなんですね!

そして、こばゆさんも
「自分も今、業務改革でクタクタで…新しくはじめる事はかなりエネルギーいりますよね。状況は違うけど、ジューン先生も大変な状況に入るんだなと…」
とのこと。

状況まで似ていますが、お互いに、この難局を乗り越えて、達成感に満ちたときを迎えられますように。。

苦しいときは「今、こばゆさんだって頑張っているんだ!」と思うことにしますね。
そうすれば本当に頑張れそうです。

 

ところで、こばゆさんは恋のほうにも気持ちが入ってきたみたいですね。

以前より積極的なアプローチが出来ているみたいで素敵です。

それを受けている彼の気持ちは……ぱっとカードを一枚引きました。

現れたのは『ロケラニ』。愛されるバラのカードです。

こばゆさんのことをね、彼は「みんなに愛される人だ」と思っているのでしょう。

だからこそ、独占するのがちょっと怖いのかもしれませんが、「独占していいのよ」というメッセージをこれからも伝え続けていれば……きっと彼もそういう気持ちになってくれると思います(*^-^*)

こばゆさんの恋と仕事、これからも全力で応援しています!

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

かりんさん、お久しぶりですね!
お元気でいらしてなによりです。

ひかり先生の鑑定も受けられていたとは!

そうなのです。かりんさんとは同い年の私。
同じ世界の空気を吸い続けてきた同性代です。

いろいろと精神的にキツイ年齢になってしまいましたが(笑)、まだまだ頑張っていきたいところですね。

しぶとくね、頑張りましょうね(笑)

「相変わらず、職場は伏魔殿だし(笑)、娘は変わらず?だし、彼を想い続けてます。」
とのこと。

そして、
「でも、先生にアドバイスを頂き、ひかり先生にもアドバイス頂き、参考にしてみたら、確かに漫画みたいに一瞬で、あらま、変化しました~とは行かないものの、状況は少しずつでも変化してきてます。」
ということで。。

そんなふうに言えるのって、かりんさんご自身の努力だと思うのです。
苦痛や苦悩のなかでも、毎日をしっかりとがんばっていらっしゃるからこそだと。

これからも応援しております。

新しいコンテンツ、かりんさんに気に入っていただけるものになるよう、私も頑張りますね。

hawaiian2_ban_02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ひろさん、こんにちは。

まさか退職後、彼に会いに行っていらしたとは、驚いてしまいました。

「休憩中だったので1時間ほど待ってようやく彼が現れた時、嬉しさのあまり「〇〇さん!」と名前を呼びながら彼の手を握ってしまいました。彼は嫌がりもせず笑顔で応えてくれました。
そして休憩室で10分位2人だけで話をしました。」

とのこと。

あれほどイジワルだった彼なのに、こんなときは優しくて……。そういう点でも、ひろさんが好きな彼は、人の心をつかんではさない男性ですね。

とにかく幸せな時間が持ててよかったです。

ひろさんの魂が、この逢瀬にものすごく興奮していらっしゃることが、メールからよく伝わってきました。

「今度誰かと恋愛ができるなら、やっぱり彼のような人と恋愛したいなぁと思います。」
離婚してから10年以上経ちますが、出会いもなく過ごしてきた私に本当の出会いなどわかるのでしょうか?」

とのお尋ねについてですが、何年のブランクがあろうと、素敵な出会いが訪れたら気づくことがきっとできますよ。

なにしろ、今回の恋だって、ひろさんの心を突然、わしづかみにしたのです。
次もまた、「これほど好きになれる人がいたなんて……」と思う恋にきっとなるでしょう。

10代のころみたいに、次から次へと出会えるわけではないけれど、だからこそ貴重な大人の出会いを今は楽しみに待っていらしてくださいね。

その日のために、ご自身にたっぷりと愛や労りを与え続けて……。それが素敵な出会いの訪れにつながるはずです。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード