Yahoo!占いにて『シャドーキャット・タロット』がリリースされました

本日、Yahoo!占いに、新しいタロット占いコンテンツがリリースされました。

 

 

 

 

 

 

 

https://charge-fortune.yahoo.co.jp/com/cat/
『涙零れる感動の的中予言 ジューン澁澤~シャドーキャット・タロット』

 

ジューン澁澤が監修するオリジナルタロット第3段は猫のタロットです。

カードに描かれた黒猫たちの姿にあなたの潜在意識やあなたが置かれた状況がピタリと重なる魔訶不思議なカードになっています。

これまで、オリジナルタロットとして、『ハワイアン・スピリチュアルタロット』、『オーロラタロット』を制作し、ふたつのコンテンツを長年に渡り、たくさんの方に愛していただいております。

前作までは大自然の神秘からインスピレーションを受けてカード制作をしてきたため、今回、「猫」という生き物をメインに据えたカードを作るというのは私にとって新たな挑戦でした。

でも、“命のあるものの魂”が息づいたタロットカードは、人の心理の“悲喜こもごも”を繊細に読み解くのにピッタリなのかもしれません。

コンテンツの制作中は、カードの意味を読み解くことを楽しみ、深く没頭しておりました。

 

すべては、この企画をもちかけてくださったコンテンツプロデュースの大木さんと、今回のカードのイラストの原画を描いてくださった、もずねこさんのおかげです。

この『シャドーキャット・タロット』をタロット・ファンのみなさんに気にいっていただけますように……。

そして、いろんな悩みを抱えながら日々を過ごしているあなたに、何かしらの指針を黒猫たちが与え、導いてくれますように……。

 

ぜひ、新コンテンツ、ご覧くださいませ。

 

こばゆさん、たこさん、ひろちきさんへのお返事です

異様な暑さが続く地域が多い夏……みなさま、ご無事でお元気ですか?

私は日傘を買いました。あとは平常通りに生きています(^^)

このひと月もまた、たくさんメールをいただきました。
お返事、3回に分けて、書いてまいります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
こばゆさん、こんにちは。

すごく遅い返事になってしまって、ごめんなさい!

でも今回書いてくださったメールの言葉が心の染みて……また私のほうが、こばゆさんに癒していただいたような気がします。

忘れないよう、いただいたメールの文章、ここに写し置かせてください。

「家の前が公園になっていて、よく朝空気を吸いに行きます。

木って、長い時を経て色々見てきたんだろうなと。。。
先生のお写真にある切り株も長い間、色々見て感じてきたんだろうなと思います。

土から養分を吸いとって生きているけど、それ以外の何かも吸いとって生きてるのかな、なんて…。

木の根本に埋めた「家族だった虫たち」も、木に吸いとられ、天国に送ってくれたんだろうなと。虫達を埋めた木の根本から、また赤ちゃんの木が生まれていました。

切り株の上のタロットカード達も木のパワーを得られて癒しを受けているかもしれませんね。」

こばゆさんにそう言っていただくと、本当に、うちのカードたちが大きな切り株からパワーをもらっているイメージが湧き、そのカードに触れている自分も癒されているはず……と感じられてきました。

あの虫さんたちのなきがらのそば、生まれ育っている木のお話にも胸がジンとします。

日々、本当にお忙しいでしょう。どうぞ森の空気から力を得て、大変なお仕事を乗り切っていかれますように……。

こばゆさんからの応援、本当に嬉しくて、いつも見ていてくださって、ありがとうございます。
私も、何かあればすぐにも、こばゆさんのお力になれるよう、力や知恵を蓄えることに精進していくつもりです(#^^#)

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
たこさん、お久しぶりです!

もちろん、たこさんからいただいていた過去のご相談、覚えております。

とても苦しく切ない恋でしたね。。
あの苦痛が少し鎮まっていらしたのですね。。

 

「あれは魔の時だったのかもしれませんね。フリーズした心が溶け、久しぶりにときめきを感じ、舞い上がり叶うわけもないのに思い続け苦しみという日々。

先生のメッセージで気持ちを整理しながら、完全ではありませんが、やっと冷静になれるようになりました。」
とのこと。

そして、
「上手くまとめられませんが、ひととき、忘れていたものを思い出させてくれたのだと感謝をして。もう、占いに頼ることなく歩いていこうと思います。」
と書いていらしたのを読んで、
そうか、これは、たこさんから私への「さよなら」の手紙なんだな……と思ったら、私もちょっと切なくなりました。。

でも、こんなふうに最後にキチンと、メールをくださるなんて、たこさんの、そのお気持ちが嬉しかったです。ありがとうございます。

 

もしね、また何か悩まれることができたり、そうではなくても、人生や恋について、誰かと語りたくなったりなさったら、再びメールをいただけたらいいな……と思いつつ。

こちらこそ、こうしてメールをくださって、ありがとうございました。
これからもどうぞお元気で、切なくも美しい人生を一歩一歩、歩んでいかれますように。。

hawaiian2_ban_02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ひろちきさん、はじめまして。

メールをいただいておりますが、もしかすると、途中で切れてしまったのかなにか、お聞きになりたいことが書かれていなかったので、ちょっとこちらで「お尋ね」をさせてください。

いただいたメールには、
「13歳年下の男の子と仲良くなり、2人で出かけたりもしたのですが、最近ではメールも既読がつかない、返事も来なくなりました。」
とだけ、書かれておりました。

その彼のお気持ちなのか、それとも今後のことなのか、どんなことをご相談されるおつもりだったか、もしよろしければ改めてメールをいただいてもいいでしょうか?

とはいえ、お待たせするばかりになってしまいますので、簡潔に、「彼の気持ち」だけ、カードを引いてみました。

表れたのは、ハワイアン・スピリチュアルタロットの『渦』というカードです。

これは、何か大きな力に巻き込まれている……という、そんなことを意味するカードですので、返事が来ないのは、仕事や人間関係のトラブルが原因だと思います。

こういうときはそっとして置かれていいと思いますよ。

でも、悲しいですね。。せっかく仲良くなれたのに。

人と人との縁って、これから長く繋がれそうに思ったのに、ぷつんと切れてしまったり――そういったことも正直なところ、いろいろ出てきます。

それでも、誰かと繋がることを諦めず、「ではまた、いつか」と思って、心を収めて、「今、繋がれる相手」にね、心を注いていくことが、幸せなご縁を招いていくのだと思います。

短いお返事でごめんなさい。よろしければ、どうぞまた、悩みの詳細を聞かせてくださいね。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

直接鑑定はライブ~ダイレクトに届く癒しの力

きちんとしたご紹介が遅くなりましたが、

ジューン澁澤と「チャット画面上」で、直接対面しながら鑑定を受けていただける「ビデオチャット鑑定」が6月中旬から別のところでスタートしております。

 

これまで、お悩み相談コーナーで言葉を交わしてきた方のなかにも直接鑑定を受けにきてくださった方が。

もう何年もメールのやり取りを交わしていても、はじめて顔を合わせるのはなんだか照れくさいものですね。

でも、生のお声を聴ける嬉しさはとびきりでした!

5分もすると、まるで昔からの友達みたいな気分で話し込み、これまでよりもずっと詳しく、恋や人生の状況を聞かせていただきながら、占いを進めています。

こうして対面の鑑定をしてみて思うのは、「実際に話せるっていいな」ということでした。

なにしろ、哀しいお話を聞けば「辛かったですねぇ」と、その場ですぐ、ねぎらいの言葉をお送りできます。

うれしいお話には、「よかったですね!」と反応できます。

普通は当たりまえなんでしょう。
でも、これまでの私は、メールでしか皆さんと話してこなかったので、ものすごく新鮮で、親密で、楽しくて仕方ありません。

なにしろ、みなさんの顔が見えて、笑顔が見られて、声まで聴けて……。

 

いろんなことをダイレクトに伝えられるので、
カードを引いて、その内容を伝えるたびに、
「うん、それはまさに当たっています!」とか、「その通りだと思います」とか、パッと言っていただけるのもありがたくて。。

なにしろ、メールのやり取りだと、こんな反応をその場でいただくことは出来ないですから。

 

きっかけは、アメーバさんが新たに始めるREQU[リキュー]というサービスのオープンに「良質なセラー(売り手)として参加しませんか?」と声をかけていただいたこと。

直接鑑定にトライする気は、特になかったのですが、勢いで始めることになってしまい、正直かなり不安でしたが、結局、「やってよかった!」と思える結果になって、ホッとしています。

 

また、直接鑑定をして気づいたこともたくさんありました。

これまでは、書き言葉で伝えるコンテンツの鑑定が中心でしたし、これからも、それは変わらないと思います。

 

ところで、私にとって、みなさんに占っていただく、コンテンツのメニューを書くのは、ある意味、小説を書いているような感じなんですね。

カードを引いて出てきた結果をパパっとお話するのではなく、
カードのメッセージがしっかり伝わるように、書いては消して書いて消して……。
そうやって作り込んでいくことで、カードからのメッセージをひとつも漏らさず、丁寧に正しく伝えられる――そういう感じがします。

いっぽうの対面鑑定は、それとかなり違って、
出来たてのメッセージをポンっと直に手渡す感じ。「ライブ感」がすごく強いです。

「あ、大丈夫! それ上手く行きますよ! だって、ほら見てください、これ! このカードね、これって吉兆なんですよ!」っていう感じなのです。

「丁寧さ」という点ではコンテンツの占いに叶いませんが、「新鮮なメッセージをダイレクトに伝えられる迫力」みたいなものが強く出ています。

実際、その迫力が、鑑定を受けにいらした方の心をその場でグイグイ揺さぶって、あっという間にユウウツが晴れていらっしゃったり、元気が出ていらっしゃったり……

……その姿を目撃していると、なんにも加工していないままの「ダイレクト・メッセージの力」はすごいんだな、と感じます。

 

書き言葉のように何度も読み返したりは出来ないですし、予約が必要ですから、コンテンツのメニューのように今すぐ読める利便性にも欠けてしまいます。

それでも、一度はぜひ、コンテンツと一味違う対面鑑定の「ダイレクトな癒し力」を感じていただきたいなぁ、と思うようになりました。

よろしければ、私の鑑定、いつか受けにいらしてくださいね。