がんばらなくても大丈夫。世界は動いています

今年に入ってから、未経験のことを随分たくさん経験しました。

自分から「新しいことにチャレンジしよう!」と望んだわけではありません。
「むこう」から予期しなかったことが次々とやってくるのです。
いわば、私に新しい体験をさせるための運命が、どこかから運ばれてくる……そんな感じの数カ月でした。

こういうのってオーロラタロットの『流木』のカードのイメージにぴったりだなぁ、と思います。

『流木』というのは、嵐に遭って倒れた木が海に落ちて、なされるがまま、さすらっているうちに別の土地へと運ばれていく様子を描いたカードです。

少し寂しい絵柄に見えるときもあります。でも基本的に、私はこのカードが結構、好きなのです。

『流木』には手足がありません。エンジンがついているわけでもありません。

ですから、自分で「あそこに行こう」と決めて、そっちに向かうわけにはいかないのですが、海の流れが次の使命を果たす場所へと連れていってくれます。

さて、私たち人間にも、自分が『流木』みたいに無力だと感じるときがあると思います。

何か始めたいけれど、どうすればいいか分からない……。
出会いが欲しいけれど、どこに行けばいいか分からない……。

そんなときは何もできない自分を責めがちだし、「このままじゃいけない」という焦りが募ったりもします。

でも、『流木』が私たちだとすれば、それを運ぶ「海流」は、私たちを取り巻く世界の流れ。
「自分が動かなくても、世の中は常に動いている」ということを、このカードは私たちに思いだせてくれます。

たとえば、賃金だって、自分の努力で上がる場合もあるけれど、世の中の景気がよくなることで上がることもあります。
特別な努力なんてしなくても、上がるときは上がるわけで――世の中の流れって、こういうふうに個人の運命に作用します。

もちろん、人生には自分が頑張らなきゃいけないシーンもあるけれど、「すべては自分次第」と考えていると苦しくなります。

タロットカードの中にも、「自分で何かしてみないと何も変わらないよ」というメッセージを送ってくるカードもありますが、『流木』はね、「変わるときは勝手に変わるよ。身を任せていればいいよ」と告げているカードなのです。

もし、今のあなたが、「どうにかしたいんだけど……」と思いつつ、何もできていない自分を責めているなら、『流木』のカードを見つめてみてくださいね。

「まぁ、私が動かなくても世界は動いているから、いつか、どうにかなるかもな……」と、気が楽になるかもしれません。

そういうふうに肩の力を抜くことが大事なときも、人生には多くあるものです。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

aurora_ban