五月病にならないために……大切なのは考え方です

ゴールデンウィークですね。いかがお過ごしですか?

いつもと変わらず働いていらっしゃるなら、お疲れさまです。

人が休んでいるときこそ「繁盛期」という仕事だってたくさんありますよね。
たとえば、レジャー施設やレストラン、交通機関にホテル……そういうところで大忙しの一週間を過ごされているなら、本当にお疲れさまです。

いっぽう、しっかり休みが取れて、楽しい時間やリラックスした時間を過ごせているなら、よかったですね。

「ああ、また来週から仕事かぁ……」と暗い気持ちになったりしないで、どうぞ今を楽しんで。

なにしろ連休明けは「五月病」の季節です。
ひとときの「解放」から、多くの義務を抱えた「日常」に戻るのは、確かに楽しいことではありません。

だけど、それをまるで監獄に戻ることのように感じてしまうと……希望がなくなってしまいます。

要は感じ方。考え方。

仕事や家事の日々に戻るのは、本当にあなたを閉じ込めている監獄に戻ることですか?
そんなことはありませんよね。

あなたが日々一生懸命、誰かのために働くのは、あなた自身が自由でいるため。

だって、すべての義務を放棄してしまったら、家族や社会の世話になって生きるしかありません。

それじゃあ肩身が狭い。自由も限られ、未来も不安でいっぱい……。
そんなふうになりたくないから、これまで頑張ってきたはず。

その努力の結果、こうして楽しい休暇も過ごせたわけです。

あなたが戻っていくのは、自由度ゼロの監獄ではありません。
あなたが戻っていくのは、自由度を可能な限り高めておくための働き場所なのです。

だから暗い気持ちにならないで、意気揚々と元気よく「自由でいるための場所」に戻っていってくださいね。

どうぞ、よい週末と、そして週明けをお迎えください。

 

▼Yahoo!占い 今のあなたへのお勧めメニュー

ジューン澁澤◆魂導くハワイアンスピリチュアルタロット