助けられるのが上手な人と、助けるのが上手な人

20160303あなたは人から助けられることが多いほうですか? それとも人を助けてあげるほうが多いですか?

そう聞かれると、「うーん、助けられることもあるし、助けてあげることもあるし……」と、決めかねる人が多いと思います。

では、聞き方を変えましょう。
人を助けてあげることと、人から助けてもらうこと、どちらを負担に感じますか?

改めて、こう問われると、自分の「苦手」が見えてくるかもしれません。

たとえば、電車で席を譲ってあげようと思ったときに「でも、結構です!……とかムッとされたらどうしよう」と腰が引けてしまうという場合、あなたは助けることが苦手なほう。

その逆に、人に助けてもらいたいのに、「ここでお願いごとをして相手にイヤな顔をされるのが怖い」と思うことが多いなら、助けられることが上手なほうではない可能性が。

自分の特徴って「それが当たり前」すぎて気つかないことも多いものですから、生年月日を使ったアラビックパーツの占いコーナーに、この診断を書いてみました。
「言われてみれば、そうかも……」という結果が出ているかもしれませんね。よろしければ、どうぞ試してみてください。

もらい上手な人生、上げ上手な人生――どちらもそれぞれ味があります。

どちらがいいでも悪いでもなく、「あなたらしく在ること」が、幸運と人を引き寄せる秘訣です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june’s Diary」の転載です。詳しくは「june’s Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。