人それぞれと思っていても……価値観の違いを乗り超えるコツ

恋人と別れた理由について、よく聞く話のひとつが「価値観の違い」というヤツです。

だけど、価値観が同じ相手じゃなくても、うまくつき合っている人はたくさんいますよね。

そもそも、まったく価値観が同じ相手なんて、この世にほとんどいません。

分かり合える部分がとても多い相手でも、ひとつやふたつは異なる価値観を持っているものです。

たぶん、「価値観の違いで別れた」という話の真相は、「価値観の違いに気づかないまま、つき合っていたせいで別れることになってしまった」ということなのです。

どういうことか説明しましょう。

今、恋愛初期にいる方は、ぜひ読んでおいてくださいね。

さて、「人それぞれの価値観がある」ということを全く認められない人は滅多にいないと思います。

自分には許せないことでも平気に感じる人もいるだろう。
自分だったら、こう思うことでも、違うふうにとらえる人もいるだろう。

そういうのは頭で分かっていると思います。

ですから、もしも赤の他人から自分と違う反応が返ってくれば、「いろんな人がいるものだな」と肯定できる人は多いはず。

けれども、あるひとつのことがらについて、自分と違う価値観の人に出会ったことがない場合、「自分ならこう思う」ということを「当たり前」のように想定してしまうことがあるものです。

なにしろ、自分の中にない発想はなかなか浮かんでこないのが人間です。

たとえば、他人に遅刻されてもあまり気にならない人は、自分が遅刻しても「相手はそんなに気にしていないだろう」と、なんとなく思ってしまうでしょう。

反対に、他人の遅刻が許せない人は、自分がうっかり遅刻してしまったとき、「きっと相手は怒っているに違いない」と考えてしまいがち。

でも実際のところ、あなたが好きになった相手は、あなたと真逆の価値観の持ち主だったりするかもしれません。

ここから始まるのが「ボタンの掛け違え」です。

「きっとこうだろう」と思っているせいで、相手の価値観を確かめもせず、そのままつき合い続けてしまった結果、悲劇は起こります。

「実はおまえの遅刻がいつも許せなかった」なんて別れ際に彼から言われてビックリ――こういうことが起こるわけですね。

そのとき、彼女は「だったら早く言ってくれたらよかったのに! 教えてくれたら直したのに!」と思うかもしれません。

でも彼は、彼女が遅刻をしてもまったく悪びれない様子を目撃してきました。

そうすると彼は、「もしかして、ちょっとした遅刻にいちいち苛立つ自分のほうが変なのかな……」と思って、ひるんでしまうことが。それでズバッと言えないままに……。

けれども、不満は募り募って最後に爆発。
こういうことってよくあります。


もし、あなたが今、恋愛の初期段階にいるなら、自分の価値観を早めに知らせておくといいでしょう。
自分の感覚をね、伝えておきましょう。

ただし、たとえば「遅刻する人って最低だよね」という言い方を最初にすると、違う価値観を持っていた人は間違いなくムッとします。
「そう? 別に自分は気にならないけど」というように。

「自分の価値観を伝える」というのは「自分の価値観を押し付ける」ことではありませんよね。

そうならないためには、なるべく自分に引き寄せて「私の価値観」を話せるようにしておくといいですよ。

「私って遅刻されると、自分の時間を奪われたみたいな気がして、ついイライラしちゃうんだ」とか、
「遅刻にうるさい親だったせいで、今でも私、時間に甘い人には寛大になれないんだよね」とか。

ついでに、そこで「あなたにはそういうのってない?」と聞いてみてください。

そうすると、「そうだなぁ、俺の場合は、ごめんなさいを言わない相手にイラっとしやすいかもな」というふうに、彼も「俺の価値観」を話してくれやすくなるはずです。

恋の初期に「ボタンの掛け違い」を少なくしておくこと。
これは「上手な恋愛のコツ」のひとつ。

この知恵をうまく活用してください。素敵な恋ができますように。

 

▼こちらの記事もどうぞ

自分を深く傷つけた相手なのに、忘れられないのはなぜ?