年の瀬のご挨拶と、メールのお返事です

20161206
今年も終わりますね。大掃除、はかどっていますか?

何をしても、しなくても太陽は昇って沈んで次の年へ……。

とはいえ、年の終わりの清めというのは大切なもの。
目には見えない境界線をまたぐときは、できる限り、余計なものを払い落として、スッと踏み込んでいきたいですね。

皆さま、今年もお世話になりました。
どうぞ、よき年をお迎えくださいますように……。

年内最後のメールのお返事を掲載させていただきます。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くま子さん、こんにちは。

うれしいご報告、ありがとうございました!

長らくギクシャクしてしまっていた彼と久々に柔らかい交流が叶ったのですね。おめでとうございます。。

「用事があったので気楽に話しかけたら、忙しい仕事の合間でしたがテンポよく話ができたのです!1年以上うまく噛み合わなかった会話なのに。じんわりと後からあたたか~い気持ちがして、嬉しくて(´ー`)」
と書いていらっしゃるメールの顔文字が可愛くて。

くまこさんの幸せが、ここに全部凝縮されているような顔ですね。
私も、こんな顔文字で、「よかったね!」の気持ち、お伝えします。ヾ(≧▽≦)ノ

「肩の力を抜いて話をしたのがよかったのかな?」とのこと。

そうですね。きっと自然体になれたのでしょうね。
いいタイミングをつかむ力も増していらしたのだと思いますよ。

とにかく、今年最後に、こういう報告をいただけて、うれしいです。

「でもノラ猫さんです。これから一喜一憂することがあるかもしれませんが、こんなものかなあという気持ちで接していこうと思います。」

うん、それでいいと思います。「こんなものかなあ」という力の抜け具合がね、きっといい方向に導いてくれますよ。

来年は、くま子さんの元気なメールをたくさんいただけるといいな……と願っています。
いつもお気遣いくださって、ありがとうございます。
よいお年をお迎えください。

aurora_ban

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ふぇりーちぇさん、お久しぶりです!

こうしてまたメールをいただけて、うれしいです。

「何とか離婚の方は決着がつきました。(裁判になっちゃいましたが)離婚したのに別居は相変わらずできません。児童扶養手当の申請ができないのは本当に困りますけれど、少なくとも、子供達に辛い思いをさせなくて済むようになって、ホッとしてます。」
というご報告に私もホッとしました。

いつもながら、ふぇりーちぇさんの言葉にはハッとします。

「未来を信じて今を生きるって、大切な事ですね?良い経験をさせてもらいました。足りない事に失望するのではなく、満たされていることに感謝する事で更に満たされるって、本当なんですね…。」
という言葉、実感がこもっていらっしゃる分、ジンとしました。。

お友達づきあいが続いていらっしゃる彼と、これから発展があるといいですね。
仕事のご活躍も楽しみにしております。

励ます以外に何も出来なかった私に、感謝の言葉をくださり、ありがとうございました。。
よいお年をお迎えください。

hawaiian2_ban_02

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あやこさん、こんにちは。

回答を読んだ感想を送ってくださり、ありがとうございます。

「先生のメッセージを拝見して、サイトや相談者様のお返事に書かれている、「心震える」「優しすぎる」「号泣する」「相談者の声殺到!」というのがとてもよく理解できました。
温かみがあり、とても優しいけれど、すべて、本当にそうだなと納得できる内容でした。。。」
と書いていただき、私のほうこそ、ありがたく思います。

どなたに対しても、メッセージを書くのは毎度、ずいぶん悩みます。
私の言葉が届くかどうか……、イヤな気分にさせてしまわないか……、単なる「ぬか喜び」で翻弄されることにならないか……。

ですので、あやこさんから、こうした言葉をいただけると、「ああ、よかった」と本当にうれしいのです。

とはいえ、今回あやこさんにご提案したのは、「誰だってラクラク実践できる!」といった内容ではありませんでしたし、ご夫婦のあいだに働くバランスを崩していくのは、最初、大変かもしれません。

つまづいたり、嫌気が差したり、疲れてしまったりしたら、いつでもまたメールをください。

もちろん、「こんなふうに変わった!」という喜びのご報告をいただけるなら、それほどうれしいことはありません。

とにかく、これからも応援しております。
どうぞ、よいお年を。。

hawaiian2_ban_01

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june’s Diary」の転載です。詳しくは「june’s Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード