いつだって大切なのは「魂の希望」に添って生きること

私、なんのために、頑張っているんだろう……。

ふと、そんなことを思ってしまうのは、
自分が目指していた目標が、ちっとも近づいてこないように感じられる時ですよね。

ずっと想い続けているのに恋が叶う気配が見えなかったり、

シンドイ努力を重ねてきたのに、仕事や勉強の成果が出てこなかったり。

もう止めようかな……
でも……

という感じで、
叶わないかもしれない片思いや、
苦痛になってきた仕事を続けてしまうとき、
自分でも、「どうして止められないのか」が分からない場合があると思います。

実はね、
「無駄な努力な気がすること」を続けてしまうのは、
目に見えない「魂の要請」が働いているからなんですよ。

 

ここでいう「魂の要請」とは、
あなたがあなたらしくあるための「核」のようなもの。

 

たとえば、ある人の今の目標が、営業成績で一番になることだとします。

でもこれは、その人の「魂の要請」を満たすための手近な目標に過ぎません。

本当の希望は、一番になることではなく、夢を持ってチャレンジすること。
つまり、この人の魂は「挑戦こそが私」と感じているのです。

 

たとえ、目標に届かないかもしれなくても頑張ってしまうのは、こういう根底の希望を手放したくないからなんですね。

ですから、「止めるか、続けるか」に悩んだら、どちらを選んでも大丈夫。
間違いではありませんよ。

 

止めたってかまいません。
挑戦者の魂を持つ人なら、このチャレンジを断念したって、きっとまた、次の挑戦を見つけて、自分らしく生きていけます。

続けたってかまいません。
最終的に、目標が達成できなかったとしても、ずっとあとになったときに残るのは、「挑戦を続けた自分」という「誇り」。
「わたしらしさ」を追求できたことが、あなたの心を満たすでしょう。

ところで、
魂の希望って「動詞」で表せるものが多いのです。

挑戦したい。
学びたい。
人を喜ばせたい。
経験したい。
愛したい。
冒険したい。
つながりたい。
成長したい。

……こういうのが「魂の希望」です。

あなたにもきっと、ひとつはピンと来る言葉があると思います。

「私の場合、いろいろ経験した気持ちは常にあるな……」というふうに。

 

「魂の希望」はあなたを突き動かすパワーです。
そして、生きている限り、ゴールが来ないものでもあります。

今年もまた、「魂の希望の追求」が続く年になるでしょう。

他の人には価値がないことに見えても、あなたにとっては価値あることを追い求めていけば、後悔のない人生を生きられます。

素敵な一年にしてくださいね。

今年もみなさんの恋と人生を応援していきます。
これからまた、どうぞよろしくお願いいたします。