梅雨の「幸運の使者」はカエル

20160603
幼いころは蛙を手に載せて、「ほら、カエルさんだよ」なんて言えていた私ですが、いつの間にやらカエルを含む爬虫類がすっかりダメな大人になってしまいました。

でも、蛙の置物は愛嬌があってカワイイと思えるから不思議です。

よく考えたら、「帰る」「変える」「返る」――カエルの同音異義語は、どれも縁起がいい言葉。

この生き物は、卵が孵化することを「孵る(カエル)」というから「蛙」という名になったとか。所説はあるようですが。

愛が「よみガエル」ことを、あるいは、あの人があなたのもとに「カエってくる」ことを望んでいるのなら、蛙は立派な幸運アイテム。幸運の使いです。

「早くカエってね」と優しく願掛けしながら、愛でてあげてください。

 

 

 

▼こちらの記事もどうぞ

「ピンチはチャンス」という言葉が持つ本当の意味

 

▼Yahoo!占い あなたにお勧めのメニュー
『ジューン澁澤◆魂導くハワイアンスピリチュアルタロット~NEW WORLD』
7008

hawaiian2_ban_02