ものすごい「読み間違い」をしないために……

20160204昨年末のダイアリーにも少し書きましたが、ハワイアン・スピリチュアルタロットのバージョンアップ案を、あれこれ考え続けています。

オーロラ・タロットを作っていたのが、ちょうど2年前で、あのときも、どんな鑑定にしようか、いろいろ頭を悩ませたことを懐かしく思い出します。

あの時期はちょうど、「心構えによって、ものの読み方は変わる」ということに気づいたときでした。

たまたまね、昔読んだ本を読み返していたのですが、最初に読んだときに感じたことと2度目に読んだときに感じたことがまるで違っていて、そんな自分にすごく驚いたのです。

一度目に、その本を読んだときは、体調のことで悩み事があった時期でした。

同じ病気をした方の闘病日記のような本だったのですが、読了後に感じたのは、どちらかというとネガティブな印象だったんですね。
「同じ病気でも、やっぱりこういう人脈豊富で金銭的に裕福な人は立派な医師と出会えて、ケアしてもらえて、羨ましいな……」というようなことを思ったのでした。

ところがです。
5年以上たって、今度は自分の友人が同じ病気になったため、「そういえば、あの本に病院とかの情報が出ていたかも」と思って、改めて読んでビックリ。

その著者の方は特別に裕福でもなければ、特殊な人脈があったわけでもなく、ただひたすら「治す!」という信念を持って、ものすごく熱心に情報をつぶさに拾い集め、名医に巡り合うために努力を続け、分からないことは医師の方からイヤな顔をされても質問を重ね、そうしたうえで、「運」も味方につけて回復を遂げた、という素晴らしいお話だったんですね。

私はいったい、どこをどう読み間違って、「恵まれた人が羨ましい」などと思ったんだか、本当に首をひねってしまいました。

たぶん、「気構え」が違ったんだと思います。
自分も病気をしていたせいで、心がネガティブな方向に傾いていたんでしょう。

それで思いついたのです。
「タロット鑑定」として書く原稿もね、読み手の心理や気構えで、伝えたいこととは違うことが伝わってしまうことがあるかもしれないと。

そんなわけで、オーロラ・タロットには毎回、最初に【鑑定を始める前に~あなたの心を整えます】という項目を作りました。

今のあなたがどんな心情なのか、ネガティブだったり、期待度が高すぎたりする心をニュートラルな状態に戻すためのカードから占う形にしてみたのです。

「心構えなんて、そんなことはどうでもいいから、とにかく未来を教えて」というふうに思う方もいるかもしれません。

あるいは、神社の前で手を洗う儀式みたいに、「とりあえず、ここはさらっと読んでおこう」と思っていた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、私としては、それなりの意味を込めてお伝えしたいメッセージを書いています。
もしよければ、この次は、こんな話も思い出していただきながら、オーロラ・タロットの一項目を読み進めていただければ、と願っています。

 

aurora_ban