木の切り株のぬくもりとタロットカードたち

今日の写真は、これから始まる鑑定商品の宣伝用に撮ったものです。

あと少しで、何をスタートするか、お伝えできると思います。

実際に始まったら、「ああ、それであんな写真だったんだ」と思っていただけるかも……?
……今はまだ、公表できないことが多くて、なにやら歯切れの悪いもの言いばかりでスミマセン。。

※これは、記事を書いた時点のお話です。

先週の木曜日より、Amebaさんの新たなサービスREQU[リキュー]にて、ビデオチャット個人鑑定を始めました。

 

さて、写真ですが、こんなふうにカードを並べて撮ったのは初めてです。

15世紀に生まれたマルセイユ版タロットから、21世紀に生まれたハワイアン・スピリチュアルタロットやオーロラタロットまで。

古典の着物と現代の着物を並べてみた、みたいな感じるの感慨がありました。

 

カードたちとキャンドルを置いているのは、すごく大きな木の切り株で作られたテーブルです。

最近、木に降れると、何か精神が慰められるというか、魂が温まるというか――。
そんな感じを以前よりも強く感じるようになりました。

気持ちが少し弱っているからかもしれません。

でも、それだけではなく、不動の生命や歳月の重みをまとうものから、しみじみと色んなことを感じ取れる年頃になった、ということもあるのかなと……(^^)ゞ

カードを見ていても、今までと違うイメージが湧いてくることが増えました。

これからスタートする鑑定では、今までとまた違うメッセージをお伝えできることが増えていきそうな気がします。

 

とはいえ、まだまだ“仙人”には程遠い年齢です。
今はまだ、木の切り株より、イキイキと今を生きている皆さんと心を通わせ、魂を温めてあっていけたらな……と願っています。

 

今は雨の多い季節。
じめじめした空気のせいで心も湿っぽくなってしまう日もあるでしょう。

不安なこと、悲しいこと、しんどいことがあったら、いつでもメールをくださいね。

もちろん、うれしかったことや幸せに感じたことも聞かせてくださったら嬉しいです。

あなたも私も、みんな元気で過ごせますように。。