氷山 『オーロラタロット』カード解釈

そびえ立つ壁・凍結されたもの

氷山いかにも極地らしい壮大な景観が描かれている『氷山』は、パッと見ただけでインスピレーションが湧きやすいカードかもしれません。

長い長いときをかけて凍結した『氷山』は過去の遺産です。ですから、このカードはそう簡単には動かせない状況や心理、信念などを意味します。

難しく考えず、頭に浮かんだイメージのままにリーディングをしてみてくださいね。

たとえば、現在の状況を占っているときに出てきた場合は「立ちはだかる壁がある」とか「障害が立ちふさがっている」と解釈することが出来ると思います。

相手の気持ちを占っている場合なら、高い壁みたいな『氷山』が「心理的なバリア」のように見えることもあるかもしれません。それも正しい解釈のひとつです。

ここまでは、そびえ立つ壁みたいな『氷山』の姿からイメージできる解釈です。もう少しイメージを広げたいなら、『氷山』というのは「氷の塊(かたまり)」だということを押さえておくといいと思います。

そうすれば、この山が「確固とした信念」「揺るぎのない愛」を表しているように見えてこないでしょうか?

そういうふうにイメージすれば、「彼の意志は固いみたいよ」とか、「あの人はいい加減な気持ちではなく、本気だよ」といった助言を、このカードから読み取って、鑑定している相手に伝えることも出来るでしょう。

ところで、もし実際に北極や南極近くをあなたが航海していて、こんな大きな『氷山』が突然、目のまえに現れたとしたら、どんな気分になると思いますか?

たぶん、「うわーっ」と声をあげて、体が少しのけぞってしまうかもしれませんね。“圧倒的”というキーワードも、このカードにはふさわしいものです。

ですから、仕事に関して「この先、私はこの業界でどんな存在になりますか?」という問いを立ててみたとき、『氷山』を引いたなら、「圧倒的な存在になっていける」と読んでみてはどうでしょう?

「そびえ立つ壁」というキーワードだけを覚えておくと、つい「障害にぶちあたる」という解釈が浮かんでしまいがちですが、あなた自身が周囲を圧倒するような「そびえ立つ壁」になれる可能性も忘れないでくださいね。

4 氷山

※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにまとめています。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』
aurora_ban