白夜 『オーロラタロット』カード解釈

~終りの来ないこと・失われた境界線~

%e7%99%be%e5%a4%9c水平線に近づく太陽。
光の反射で輝く空と海。

夕暮れが近づいているようにも見えるカードですが、『白夜』というのは、何カ月も太陽が沈まない時期のことです。

極地の夏は、こんなふうに淡い光が一晩中、空を照らしています。これは「終わらないこと」を意味するカードです。

終わらない……それがいいのか、悪いのか。もちろん、その判断は、何を占っているかによって変わります。

すでに結ばれているカップルにとっては、いいほうに取れますね。ふたりの関係はこれからもずっと続いていくよ、というふうにリーディングできるでしょう。

離れ離れになっている恋人のことを思い、「あの人は私のこと、もう忘れてしまったの?」という問いを立てていた場合も、「あなたに対する愛は今も終わらず、あの人の心で続いている」ということです。

けれども、占う内容が片思いについてだったとしたら……このままでは終わりのない片思いが続いてしまう、という暗示かもしれません。

「このままでは」と前置きしたのはね、このカードが本質的に「境界の喪失」という意味を持つものだからです。

もう一度、カードを見てください。
絵柄をじぃっと見ているうちに、どこから空でどこから海か、だんだんその境い目が分からくなってきませんか?

実際、白夜の期間には、いったい今が何時なのか、今日と明日の境い目はどこだったのか、分からなくなってしまいがちです。

極地に暮らす人々のなかには白夜のあいだ、好きなときに寝て、好きなときに起きて活動する人も多いそう。昼夜が逆転したって差しさわりはありません。いつから活動を始めようと、いつだって日中なのですから。

境界が喪失した世界には制限がないのです。この『白夜』のカードには、制限のなさ、目標や区切りの消滅、公私混同といった意味も含まれているのです。

さて、片思いに関するリーディングの話に戻りましょう。
「このままでは終わりのこない片思いが続いてしまう」という話です。

「このまま」とはどういうことか。「区切りをつけないままでは」ということです。

あとひと月、今まで通りのアプローチを続けてみて、反応がなければ作戦を変えよう、というように、どこかで区切りをつける必要があることを、『白夜』はあなたに伝えたいのかもしれません。

仕事の問題を占ってもいるときも同じです。

「いつまでにやり遂げる」という目標設定をしていないことがモチベーションを下げている原因かもしれませんね。

「際限なく同じことを続けているだけでは状況は変わらないよ」、とか「ダラダラやっていてはダメだよ」というアドバイスを相手に差し出してもいいでしょう。

なんにせよ、メリハリをつけること境界線を引くこと。『白夜』のカードが出てきたときは、こうしたことが解決策になると覚えておいてくださいね。

19 白夜

※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにリンクをまとめています。

▼Yahoo!占い  更新メニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

aurora_ban