今日は私の誕生日……無事、こんな長く生きられました

突然ながら、今日で私、50歳になります(*^_^*)

これでもう「若くして逝ったしまった人」という不幸だけは人生から消えたような。。

とはいえ、「人生100年」と言われる時代になりました。まだまだ中途半端な歳ですね。

それは分かっているのですが、幼いころは、ひ弱で病気ばかりしていたし、そのくせ大人になると、今度は不摂生ばかり……。

そんな私がこの歳まで無事に生きてこられただけで、なんだか少し幸せな気分です。

蟹座生まれで、月の星座は魚座です。

占星術に少し詳しい方であれば笑ってくださるかもしれません。

というのも、月以外にも、水星、金星、火星が全部、蟹座に入っていて、もうビショビショに水っぽい性質です。

そのせいなのか、人の悩みにググっと感情移入しがちで、一緒になってメソメソしたり、不安になったり、怒ったり……。なにかと気持ちがグラグラ揺らぎやすいところのある人間です。

でも、血液型はAB型。
水っぽくて感情的な部分が多いわりに、生き方のほうは「ひらめき重視」だったりします。

(ひらめきの強さはカードのリーディングに生かされていると思って喜んでいます)

50歳まで生きてきて、それぞれの年齢の苦悩を人並みに体験しました。

人並み以上だった部分もいろいろありましたが、人よりもラクをさせてもらえた部分も。幸せなことです。。

そして、50年間を生きてきたうち、なんと35年ものあいだ、タロットカードを読んできました。

15歳のころは、まだ読み方もよく分からなかった「ハイアロファント」(『法王』のこと)といった難しい名前のカードもスラスラ読めるようになりました。

25歳のころは、出てくるだけで不吉に思って嫌っていた『死』や『塔』のカードからも、ポジティブなメッセージを読み解けるようになりました。

書籍を出し、オリジナルのカードも出してきた近年は、「これでタロットはだいたい極めたぞ!」と、少し気持ちがおごった時期もありました。
でも、タロットという奥深いツールの正体は今もまだ全然分からないな……と最近は思っています。

とにかく、これまでの日々のすべてが今、カードを引いてメッセージを読む私の糧になっているのは確かです。

 

20代のころ、タロットカードの勉強をしていたとき、ある先生から「占い師は若いとダメ。いろんな経験を積まないと答えが浅い」と言われた言葉がすごく胸に残っています。

50歳になったからって、それだけで答えが深くなるわけでもないでしょう。

とはいえ、やはり、20歳のころならどう答えていいのか分からなかったことに、今はもうスラスラと答えられるし、その答えのなかに自身の経験から汲みあがってきた知恵が含まれているように感じることは増えました。

 

それから、みなさんが寄せてくださった「悩み」に回答させていただいてきた経験も、近年はとても深い学びになりました。

いろんな悩みを抱える方に向け、タロットが届けようとしているメッセージを必死に読み出す「修練」をこれだけたくさん積ませていただいて、本当にありがたかったと思っています。

 

これからまだまだ精進します。
こんな私を今後とも、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

▼REQUにて、ビデオチャットの対面鑑定を始めました

こばゆさん、かりんさん、ひろさんへのメールのお返事です

今日のダイアリーも、お返事の第3弾になります。
長らくお待たせいたしました。

 

こばゆさん、こんちには!

いつも私に温かい言葉を送ってくださって、本当にありがとうございます。。

最近、毎月のように、こばゆさんからメールをいただけているので、なんだかうれしくなってしまいます。

なんでしょうね、この気持ち(笑)
結局、こばゆさんを励ましているのではなくて、励まされているばかりな私なのです。

ときどき、こばゆさんに介抱されたコオロギさんのお話を思い出すことがあったりして、なんというか、こばゆさんの持つ包容力の強さに私は癒されているのだと思います。。

そうそう、私たち、干支が同じなんですね!

そして、こばゆさんも
「自分も今、業務改革でクタクタで…新しくはじめる事はかなりエネルギーいりますよね。状況は違うけど、ジューン先生も大変な状況に入るんだなと…」
とのこと。

状況まで似ていますが、お互いに、この難局を乗り越えて、達成感に満ちたときを迎えられますように。。

苦しいときは「今、こばゆさんだって頑張っているんだ!」と思うことにしますね。
そうすれば本当に頑張れそうです。

 

ところで、こばゆさんは恋のほうにも気持ちが入ってきたみたいですね。

以前より積極的なアプローチが出来ているみたいで素敵です。

それを受けている彼の気持ちは……ぱっとカードを一枚引きました。

現れたのは『ロケラニ』。愛されるバラのカードです。

こばゆさんのことをね、彼は「みんなに愛される人だ」と思っているのでしょう。

だからこそ、独占するのがちょっと怖いのかもしれませんが、「独占していいのよ」というメッセージをこれからも伝え続けていれば……きっと彼もそういう気持ちになってくれると思います(*^-^*)

こばゆさんの恋と仕事、これからも全力で応援しています!

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

かりんさん、お久しぶりですね!
お元気でいらしてなによりです。

ひかり先生の鑑定も受けられていたとは!

そうなのです。かりんさんとは同い年の私。
同じ世界の空気を吸い続けてきた同性代です。

いろいろと精神的にキツイ年齢になってしまいましたが(笑)、まだまだ頑張っていきたいところですね。

しぶとくね、頑張りましょうね(笑)

「相変わらず、職場は伏魔殿だし(笑)、娘は変わらず?だし、彼を想い続けてます。」
とのこと。

そして、
「でも、先生にアドバイスを頂き、ひかり先生にもアドバイス頂き、参考にしてみたら、確かに漫画みたいに一瞬で、あらま、変化しました~とは行かないものの、状況は少しずつでも変化してきてます。」
ということで。。

そんなふうに言えるのって、かりんさんご自身の努力だと思うのです。
苦痛や苦悩のなかでも、毎日をしっかりとがんばっていらっしゃるからこそだと。

これからも応援しております。

新しいコンテンツ、かりんさんに気に入っていただけるものになるよう、私も頑張りますね。

hawaiian2_ban_02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ひろさん、こんにちは。

まさか退職後、彼に会いに行っていらしたとは、驚いてしまいました。

「休憩中だったので1時間ほど待ってようやく彼が現れた時、嬉しさのあまり「〇〇さん!」と名前を呼びながら彼の手を握ってしまいました。彼は嫌がりもせず笑顔で応えてくれました。
そして休憩室で10分位2人だけで話をしました。」

とのこと。

あれほどイジワルだった彼なのに、こんなときは優しくて……。そういう点でも、ひろさんが好きな彼は、人の心をつかんではさない男性ですね。

とにかく幸せな時間が持ててよかったです。

ひろさんの魂が、この逢瀬にものすごく興奮していらっしゃることが、メールからよく伝わってきました。

「今度誰かと恋愛ができるなら、やっぱり彼のような人と恋愛したいなぁと思います。」
離婚してから10年以上経ちますが、出会いもなく過ごしてきた私に本当の出会いなどわかるのでしょうか?」

とのお尋ねについてですが、何年のブランクがあろうと、素敵な出会いが訪れたら気づくことがきっとできますよ。

なにしろ、今回の恋だって、ひろさんの心を突然、わしづかみにしたのです。
次もまた、「これほど好きになれる人がいたなんて……」と思う恋にきっとなるでしょう。

10代のころみたいに、次から次へと出会えるわけではないけれど、だからこそ貴重な大人の出会いを今は楽しみに待っていらしてくださいね。

その日のために、ご自身にたっぷりと愛や労りを与え続けて……。それが素敵な出会いの訪れにつながるはずです。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

けいこさん、なおさんへのメールのお返事です

今週は、とても嬉しいことがありました。

秋に立ち上げる予定のコンテンツに関することです。
詳しくは、また今度ゆっくりと。。

今日は3週連続になるメールのお返事、第2弾を書かせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
けいこさん、こんにちは!

こちらにもメールをいただけて嬉しいです。

あのデートのあと、また音信不通とのこと。
いかにも冒険家の彼らしいですが、寂しいですね。。

こんなふうに甘い時間と寂しい時間の繰り返しにならず、ずっとおだやかに連絡を取り合えるなら、どんなにいいことか。。

でも、そんなふうには生きられない人だからこそ、けいこさんは彼を愛してやまないのではないかな……とそんなふうに思ったりもします。

あと、けいこさんの恋心を聞かせていただいていて、いつも思うのです。

「もう、彼ってこういうヤツなんだよね! ふん、いいや、知らない!」みたいに失望して、期待を二度と持たなくなったりしないのがスゴイなぁと。

そういう人なのだと分かっているつもりだけど、本当に戻ってきてくれるか、毎回、不安だし、会いたいし、好き……という感じにね、不在の彼を想って魂を震わせていらっしゃるけいこさんに、何とも言えない感動を覚えてしまいます。

私ならとっくに相手を見切ってしまいそうなのに、スゴイな……と思ったり(苦笑)

そんな冗談はさておいて。。
また、切なさを抱きしめる日々ですね。

でも、こんな素敵な恋が出来たことを誇りに思うときがきっとやってくるでしょう。

頑張ってくださいね。心から応援しています!

そして、けいこさんが私に送ってくださる励ましと労りには、いつも心から感謝しています。
私も頑張りますね!aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なおさん、こんにちは。

こちらこそ、いつも愛の苦悩や喜び、切なさ……いろんな率直な思いのたけを、こうしてお伝えくださり、ありがとうございます。

今回は、思いがけず湧いたお友達への嫉妬心。。苦くて切ないお話でした。

別にね、何かがあったわけではなく、ただ単に、彼が自分のいないところで自分の友達と会う、ということに、思いがけず湧いてきた「苛立ち」と、自分のそういう気持ちにイヤになってしまうお気持ちと。。

「妻に嫉妬心がわかないのは全く知らない人だから。
今回は、私の極々近しい人が、私のいないところで彼と会うことがなんとなく嫌だったのでしょうね。
いい年をして?こんな自分にガッカリです。」

とのことですが、ご自身の気持ちにフタをせず、こうして素直に書けるなおさんは、とてもお強いと思うのです。

弱い人間だったら、そんな気持ちが湧いたことを直視できず、否認してしまうでしょう。

「こんなに自分にガッカリ」というなおさんの言葉に妙に共感します。

私も恋愛ではありませんが、「こんな自分にガッカリ」なことが日々、いっぱいで(笑)

「まったくもう、いやんなっちゃうよね」と友達みたいに、なおさんと愚痴らせていただけたら、ちょっとは救われそうな気がしてしまいました。
勝手なことを申しまして、ごめんなさい。

でも、本当にそうですね。
「もうすぐ梅雨、心だけでもジメジメに負けないように元気でいましょう。」
という、なおさんからのお言葉、ありがたくいただきました。

嫉妬や自己嫌悪ってイヤな気持ちですが、それを原動力に生きてきた人にはね、そうしたものから逃げてきた人に決して放てない「艶やかな魅力」があるように感じることがよくあります。

きっとなおさんも、特別な魅力を放っている方でしょう。これからもどうぞ、そのままでいらしてくださいね。

hawaiian2_ban_02

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード