恋をすれば、「自分のこと」も分かってきます

このまえ会った女性から、
「私、好きな人にいろいろ期待しすぎちゃって、それで恋愛がうまく行かないんですよー」
という悩みを聞きました。

でも、恋した相手に、まったく期待を抱いたことがない人って、どれくらいいるのでしょうね。

たぶん、相当少ないはず。

 

ですから、「期待しすぎることが、恋が上手くいかない原因」というわけではない気がします。

ただ、「期待すれば失望することも多いもの」という現実を分かっておかないと、相手を責めるばかりになりがちかもしれません。

そうしないと関係が悪くなり破局……ということも増えるでしょう。

そうはいっても、基本的に恋愛とは「期待と失望の繰り返し」です。

「この人となら、ずっと仲良くやっていけそう」
と期待していたけれど、ケンカした。

「この人なら私を大事にしてくれそう」
と期待したのに、
「もっと大事にしてよ!」とキレてしまう日が来た。

……こういう“期待外れ”は必ずありますよね?

もし、失望のダメージが大きすぎれば、即座に別れに至るかもしれません。

でも、たいていは、
「今回はちょっと失望させられたけど、これから変わってくれることに期待!」
ということで、関係は続きます。

期待→失望→期待→失望→期待……。
このループが続くかぎり、恋は続いていくのです。

 

もし期待が大きすぎれば、失望も大きくなるでしょう。

そうなると、アップダウンの大きい恋になり、「相手に振り回されている気持ち」も強まります。

でも、実のところ、相手に振り回されているんじゃなくて、自分が抱いた大きな期待と現実との落差に振り回されているだけだったりします……。

もしね、恋人の言動にガッカリすることがあっても、簡単に「別れたほうがいいのかな……」と早まらないでくださいね。

そのまえにまず、自分がどんな期待を相手に持っていたか、振り返ってみるといいですよ。

というのも、期待というのは、自分ではハッキリ意識しないまま、相手に対して無自覚に向けている場合が多いもの。

でも、ケンカや失望のあとに振り返ってみると、自分の期待がどんなものかがクッキリ見えてくるんですね。

たとえば、「そうか、私は彼に、いつ何どきでもあっても、私が寂しくなったら飛んできてくれること」を期待していたかも……というように。

 

こういうふうに期待の内容を発見できたら、それと同じことを友達にも期待するかどうか、考えてみてください。

「私が寂しいとき、会いたいときは、必ず飛んできてほしい」という要求を、ただの友達にするのって「ワガママ」という感じがしませんか?

それなのに、無意識のまま、彼にはそんなワガママを叶えてくれることを望んでいたのだったとしたら……。
彼を責めるまえに、「自分もちょっとワガママだったかな……」という気持ちが湧いてくるかもしれません。

 

さらに、「でも、どうして私、彼にだけはこんなに現実的ではないことを期待してしまうんだろう?」と自分を見つめなおす機会にもなるはずです。

そもそも、恋愛だって「普通の人間関係」の延長です

それなのに「スーパーマンみたいに万能な彼が、自分のために何でもしてくれないと愛されていない気がする」という妙な固定観念が、自分のなかにあることに気づくかもしれません。

こういうふうに、「自分の期待」や「その期待を生んでいる前提」に気づき、それって現実的かどうかを考えていくと、恋がどんどん上手になりますよ。

相手の心を知ることも大切ですが、自分の心を知ることだって、それに劣らず大事なこと。
たくさん恋をして、自分自身を知ってくださいね。

人に傷つけられたとき、自分が人を傷つけたとき……心をラクにするには

きっと誰にでも、少なからずあると思います。

好きな人や友達の言動に傷ついたこと、

その逆に、好きな人を傷つけてしまったと後悔したこと。。

 

傷つけられたときに感じるのは。「どうして、そんなひどいことができるの?」という疑問ですよね。

でも、逆の場合はどうでしょう?

自分がうっかり人を傷つけてしまったときも、
「私どうして、あのとき、あんなひどいことを言ってしまったんだろう……」
と、あとになって感じることが、ありませんか?

 

そう考えると、人を傷つける「悪意」というは、ひどいことをしている本人にとっても実はショックなこと。

自分の心のどこに、こんな悪魔が潜んでいたのか……と困惑してしまう場合が多いことなのです。

 

ところで、「虐待されて育った人は、自分が親になったとき、子供を虐待する可能性が高い」といった話を聞くことは多いもの。

自分がされてイヤだったことなのに、自分が他人にしていることにふっと気づいてゾッとする……そんな経験も多くの人がしているでしょう。

辛い経験です。

でも、大半の場合、自分がしていることを気づいて「ゾッとする瞬間」というのは、「負の連鎖」が断ち切られる一歩になる祝福すべき瞬間なのだと思います。

 

というのも、自分がイヤだったことを他人にしてしまう人は、受けた傷を認めようとしていない人。

あまりにも自分が無力で、虐待や攻撃が辛すぎて、その経験を意識の奥に封印してしまっていたりする人だからです。

 

簡単なことで考えてみれば分かります。

友達から「その服、ダサいね」と言われたときにグサッと来て、「傷ついた」と感じたら、「こういう無神経なことを人に言わないようにしよう」と、その瞬間から気を付けるようになりますよね。

けれども、「その服、ダサい」と言ってきた相手が、自分の崇拝している相手だったり、大好きな相手だったり、嫌ってはいけない相手だったりしたら……。

一瞬、グサッて来ても、「聞かなかったことにしよう」という意識がすぐ働いて、笑ってごまかし、心についた傷はそのまま見ないようにしてしまったりすることが。

そういうふうに「否認」することで自分を守るわけですが、
そのとき同時に、「他人の服装を批判するのはよくない」という教訓さえも否認してしまう場合があります。

こうなると厄介です。

そういう人は、他人の服装を平気で批判するようになるかもしれません。

自分の傷を否認したせいで、「服装を批判されたくらいで傷つくほうがおかしい」といいう、「苦し紛れの理論武装」を心のどこかで成り立たせてしまっているからです。

 

「どうして、こんなひどいことを平気で出来るんだろう……」と感じる人間に会ってしまったときは、その人の心に「自分の傷を見ないための武装がある」と考えてみるといいでしょう。

あまりにも傷が深かったからこそ、その人は心を武装したのです。

……そういうふうに考えれば、その人を許す気持ちが少しだけ湧いてくるかもしれません。

 

そして、あなたは「否認」をしないことです。

「傷ついた」と感じることは大切なこと。
そう傷の痛みを知ればこそ、「私は人にこんなことをしないでおこう」という意識が生まれるのです。

あなたは安易に人を傷つける失敗を犯さなくなるでしょう。

 

いっぽう、あなたが誰かを傷つけた場合も、「やってしまった……」と気づけたことに感謝してください。

その瞬間、起きたのは、「あなたが否認してきた傷への気づき」なのです。

これまでは「自分も本当は傷ついていたのに、苦しすぎて認められなかった」のかもしれません。だから、人に同じことをやってしまったのだと思います。

でも、気づきがあったなら、もう大丈夫。

 

それでも最初は辛いと思います。

始めて自分の傷に気づいたときは、悲しみや怒りの感情が現れます。
でも、それは癒やしにつながるステップです。

今後は誰かを傷つけてしまう機会が確実に減るでしょう。
「どうして嫌われたんだろう……」と当惑したりすることも少なくなります。

 

自分を責めないでくださいね。

傷つけてしまったのは、あなた自身が誰かに傷つけられたから。
その傷が深すぎて、否認せずにはいられなかったから……。

そう考えて、温かい心を自分に向けてあげてください。

 

涙がこぼれてきたら、その涙は癒しの涙です。

いろんなものが洗い流されていき、美しい魂が深いところから、どんどん再生されていくでしょう。。

 

▼こちらの記事もどうぞ

傷つくことがあっても傷つけられても、2人が一緒にいられる理由

この気持ち、どうしたら分かってもらえますか?

幸せな恋をするために欠かせない努力とは……

 

好きな人に会えないことで生じる切なさや苦しさ。。

恋をすれば誰もが一度は経験する苦悩ですよね。

でも、
「この苦しみは、好きな人に会って抱きしめてもらわない限り、決して消え去らない!」と思ってしまうと、自分を不幸にしてしまいます。

 

他のことも一緒です。

「これが手に入らないなら、決して幸せになれない」という思い込みは、この世界に他の幸せが存在する可能性を否定するもの。

いろんな幸せ、いろんな喜び、いろんな満足があることから目を背けないでくださいね。

 

普段のあなたは賢く生きています。

一番欲しかった服が売り切れていれば、ガッカリしても、他にいいものがないか探すことを忘れないはずです。

どうしても行きたかったイベントのチケットが取れなくて失望しても、友達と遊んで気を紛らせることを忘れはしないでしょう。

それと同じように、
好きな人に会えない毎日でも、違う楽しみ、喜び、満足を探すことを忘れずにいてほしいのです。

 

恋は素晴らしいもの。

でも、恋だけしかあなたを満たすものがないなら、素晴らしいはずの恋も「激しい苦痛」をもたらすものに変わってしまいます。

一緒にいる時間以外のすべてが「渇望」で埋め尽くされてしまうからです。

 

「あなたと一緒にいないときも私は幸せ」と言える人でいてください。

そう言える自分でいられるように、広い世界に楽しみを求め、いろんなものに興味を寄せ、多くのもので自分を満たせるように努めましょう。

そうしていればこそ、恋はあなたに幸せを与えてくれます。

忙しい人を好きなっても、ケンカばかり、グチばかり、涙ばかり……の悲しい恋にはならないでしょう。

 

▼こちらの記事もどうぞ

好きな人の気持ちを読み違えてしまわないための大切なポイント