今日は私の誕生日……無事、こんな長く生きられました

突然ながら、今日で私、50歳になります(*^_^*)

これでもう「若くして逝ったしまった人」という不幸だけは人生から消えたような。。

とはいえ、「人生100年」と言われる時代になりました。まだまだ中途半端な歳ですね。

それは分かっているのですが、幼いころは、ひ弱で病気ばかりしていたし、そのくせ大人になると、今度は不摂生ばかり……。

そんな私がこの歳まで無事に生きてこられただけで、なんだか少し幸せな気分です。

蟹座生まれで、月の星座は魚座です。

占星術に少し詳しい方であれば笑ってくださるかもしれません。

というのも、月以外にも、水星、金星、火星が全部、蟹座に入っていて、もうビショビショに水っぽい性質です。

そのせいなのか、人の悩みにググっと感情移入しがちで、一緒になってメソメソしたり、不安になったり、怒ったり……。なにかと気持ちがグラグラ揺らぎやすいところのある人間です。

でも、血液型はAB型。
水っぽくて感情的な部分が多いわりに、生き方のほうは「ひらめき重視」だったりします。

(ひらめきの強さはカードのリーディングに生かされていると思って喜んでいます)

50歳まで生きてきて、それぞれの年齢の苦悩を人並みに体験しました。

人並み以上だった部分もいろいろありましたが、人よりもラクをさせてもらえた部分も。幸せなことです。。

そして、50年間を生きてきたうち、なんと35年ものあいだ、タロットカードを読んできました。

15歳のころは、まだ読み方もよく分からなかった「ハイアロファント」(『法王』のこと)といった難しい名前のカードもスラスラ読めるようになりました。

25歳のころは、出てくるだけで不吉に思って嫌っていた『死』や『塔』のカードからも、ポジティブなメッセージを読み解けるようになりました。

書籍を出し、オリジナルのカードも出してきた近年は、「これでタロットはだいたい極めたぞ!」と、少し気持ちがおごった時期もありました。
でも、タロットという奥深いツールの正体は今もまだ全然分からないな……と最近は思っています。

とにかく、これまでの日々のすべてが今、カードを引いてメッセージを読む私の糧になっているのは確かです。

 

20代のころ、タロットカードの勉強をしていたとき、ある先生から「占い師は若いとダメ。いろんな経験を積まないと答えが浅い」と言われた言葉がすごく胸に残っています。

50歳になったからって、それだけで答えが深くなるわけでもないでしょう。

とはいえ、やはり、20歳のころならどう答えていいのか分からなかったことに、今はもうスラスラと答えられるし、その答えのなかに自身の経験から汲みあがってきた知恵が含まれているように感じることは増えました。

 

それから、みなさんが寄せてくださった「悩み」に回答させていただいてきた経験も、近年はとても深い学びになりました。

いろんな悩みを抱える方に向け、タロットが届けようとしているメッセージを必死に読み出す「修練」をこれだけたくさん積ませていただいて、本当にありがたかったと思っています。

 

これからまだまだ精進します。
こんな私を今後とも、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

 

▼REQUにて、ビデオチャットの対面鑑定を始めました

木の切り株のぬくもりとタロットカードたち

今日の写真は、これから始まる鑑定商品の宣伝用に撮ったものです。

あと少しで、何をスタートするか、お伝えできると思います。

実際に始まったら、「ああ、それであんな写真だったんだ」と思っていただけるかも……?
……今はまだ、公表できないことが多くて、なにやら歯切れの悪いもの言いばかりでスミマセン。。

※これは、記事を書いた時点のお話です。

先週の木曜日より、Amebaさんの新たなサービスREQU[リキュー]にて、ビデオチャット個人鑑定を始めました。

 

さて、写真ですが、こんなふうにカードを並べて撮ったのは初めてです。

15世紀に生まれたマルセイユ版タロットから、21世紀に生まれたハワイアン・スピリチュアルタロットやオーロラタロットまで。

古典の着物と現代の着物を並べてみた、みたいな感じるの感慨がありました。

 

カードたちとキャンドルを置いているのは、すごく大きな木の切り株で作られたテーブルです。

最近、木に降れると、何か精神が慰められるというか、魂が温まるというか――。
そんな感じを以前よりも強く感じるようになりました。

気持ちが少し弱っているからかもしれません。

でも、それだけではなく、不動の生命や歳月の重みをまとうものから、しみじみと色んなことを感じ取れる年頃になった、ということもあるのかなと……(^^)ゞ

カードを見ていても、今までと違うイメージが湧いてくることが増えました。

これからスタートする鑑定では、今までとまた違うメッセージをお伝えできることが増えていきそうな気がします。

 

とはいえ、まだまだ“仙人”には程遠い年齢です。
今はまだ、木の切り株より、イキイキと今を生きている皆さんと心を通わせ、魂を温めてあっていけたらな……と願っています。

 

今は雨の多い季節。
じめじめした空気のせいで心も湿っぽくなってしまう日もあるでしょう。

不安なこと、悲しいこと、しんどいことがあったら、いつでもメールをくださいね。

もちろん、うれしかったことや幸せに感じたことも聞かせてくださったら嬉しいです。

あなたも私も、みんな元気で過ごせますように。。

今日はいろいろと軽い「告白」ごとを。。

この6月の中旬から、今までとまた違うスタイルの仕事を増やすことになりそうです。

何かというと……直接ではありませんが、ビデオ画面を通じての対面個人鑑定です。

あるところから、ご提案をいただいて、もの凄いスピードで展開している話なので、私自身、まだ「本当にそんな時間がある?」という疑問が。

また、やってみないことには分からないことがたくさんありそうで、どうなることやら、ではあるのですが、まずは、ここで軽い予告をさせていただきますね。

なにしろ、このコーナーを見てくださっている皆さんこそ、私にとっては一番長く交流させていただいている方々ですので、せめてご報告は早めに。。

◆◇6月14日追記◆◇

Amebaの新サービスREQU(リキュー)にて、鑑定予約がスタートしました。

以下のURLから、ビデオチャット鑑定をご予約いただけます。

[リキュー]REQU by Ameba ジューン澁澤topページ 
 https://requ.ameba.jp/users/253

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

それから、もう一つ告白しておくと、この秋、新しいコンテンツを立ち上げようとしています。

これも詳細はまだ、お伝えできないのですが、もう構想段階は過ぎていて、あとは少しずつ形にしていくところに来ています。

というわけで、もう頭も心も、新しい展開へのプレッシャーやらなんやらで目一杯(*_*)

もしかすると、このダイアリーの毎週更新も、これからの数か月のあいだは途切れる回が出てくるかもしれません。ごめんなさい。

……こういうのは先にご報告しておかないと、「更新がないけれど、どうかしましたか?」と、優しいみなさまにご心配をおかけしてしまうことがあるので、先にお話しさせていただきました。

今年はプライベートでも、いろんな変化が続いています。
あらゆる意味で、私にとって「人生の節目」の年になるのかもしれません。

それに、あとひと月ちょっとで50歳になります――って、あれ? みなさんに自分の年齢を話すのも初めてかもしれません。これも告白ですね(笑)

とにかく今は、これまで以上にみなさまのお役に立てるモノや仕組みを作っている最中です。

まだまだ精進してまいります。この夏も、どうぞよろしくお願いいたします。