ウグジュグナック 『オーロラタロット』カード解釈

~連想・同質性・呼吸を合わせる~

ウグジュグナックこのカードに描かれているのは、極地の海の浅瀬です。
寒流域に生息するクリオネの姿が、カードの中央に描かれています。

そのすぐうえには、頭を突き合わせているような形で、もう一匹のクリオネが見えますが、これは「鏡像」です。

ここは透明度の高い海。そのため、澄んだ海面が鏡のように光を反射し、水中のクリオネの姿を合わせ鏡みたいに映し出しているのです。

ところで、極地の人々が使うイヌイット語では、クリオネのことを『ウグジュグナック』というのだそう。直訳すると「アザラシみたいな」という意味の言葉です。

クリオネもアザラシも、ぽたっと丸くて長い胴体の両側から、ちょこんとヒレが出ています。大きさは随分違うけれど、形はよく似ていますよね。

世界の各地でもクリオネという生物は“他の何か”に例えられることが多いんですよ。

「流氷の天使」なんていう呼び名は日本でも使われていますよね。他にも「海の妖精」など、素敵な例え方をしている国も。

さて、これらに共通する点を考えてみると、このカードの意味の本質が見えてくるでしょう。

クリオネを見た人は、「アザラシみたいな形だ」とか、「天使みたい」、「妖精のようね」というように、“連想”を働かせたり、ふたつのものの“同質性”を感じ取ったりしてしまう、というわけです。

つまり、このカードには、“連想すること”、“同質性を感じること”、“共通点を見つけること”といった意味があるのです。

では、リーディングの例を考えてみましょう。

好きな人があなたのことをどう思っているかを占っている場合なら、「あなたとは共通点が多い」と感じて、親近感を持っているのかもしれません。

あるいは、あなたには、自分が昔好きだった相手と似ているところがある……と感じている場合もありそうです。

仕事の悩みに関する質問を投げかけたときに、『ウグジュグナック』が出てきたら、あなたのそばに似たような悩みを抱える人がいるということかもしれませんね。一緒に問題解決に取り組んでくれそうな相手を探してみるといいでしょう。

また、カードをじっと見つめていると、違う答えが浮かぶことも。映し鏡のように海面に映り込んだクリオネの姿からは“模倣”というキーワードも出てくるはずです。

上手に仕事をしている人をマネてみたり、同じ業界の人々のやり方に自分を合わせていくようにするなど、いろんな解釈が生まれてくる余地があるカードです。

いっぽう、恋人とのケンカ中、このカードが出てきたら、「お互いさま」ということかもしれませんよ。

恋人や友達とケンカになると、つい、こんなことを考えてしまいませんか?
「私が悪いの? いや、彼(彼女)が悪いんだよ! でも、私にも悪いところがあるのかなぁ……」と。

『ウグジュグナック』は、そんなふうに悩むあなたに、「どっちもどっち」と告げています。
なにしろ、ふたりの人間がぶつかるとき、片方だけが一方的に悪い、ということは少ないもの。お互いがワガママになっているだけ、という場合は多いはずです。

だとしたら、あなたが変われば相手も変わります。ふたしは「合わせ鏡」のようなもの。片方が変化すれば、もう片方も同じように変化していくことも、このカードは暗示しているのですから。

最後にもうひとつ。

新たな恋を探しているときに『ウグジュグナック』が出てきたら「吉兆だ」と解釈できます。

あなたとピッタリ息が合う人、あなたがしっかり心を重ね合わせることができる人が登場することを、このカードは表します。

近いうちに、あなたの目の前に、「この人は、私と感性や考えが似ているな」と感じる異性と出会えそうですね。

42ウグジュクナック キャプチャ

※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにリンクをまとめています。

▼Yahoo!占い 2017年1月24日更新メニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

aurora_ban

ムラサキユキノシタ 『オーロラタロット』カード解釈

~春の到来・独占・一番乗り~

ムラサキユキノシタすべてが凍りついてしまう冬の極地にも、やがて春は訪れます。

真冬の景色を描いたカードが多いオーロラタロットですが、この『ムラサキユキノシタ』は、春がやってきた喜びをハツラツと表現しているカードです。

ものすごくシンプルに、「もうすぐ春が来るよ!」というふうにリーディングしても構いません。
辛い時期を過ごしてきた人を占ってあげたとき、このカードが現れたら、「冬の時期は終わって、春が来るよ……」と告げてあげるといいでしょう。

でも、今が辛い時期というわけでもないときは?
好きな人の気持ちを占っている場合はどう読むの?

……そんな疑問に答えるために、もう少し深く、このカードの意味を読み解いていきますね。

『ムラサキユキノシタ』というのは野花です。たくましい精神を発揮して、自分の力で伸びていく花なんです。

ところで、極地の大地には、巨大な氷河で大地が覆われている部分がたくさんあります。こうした氷河は何万年ものときもかけて、ようやく解け去るといいます。

その下から裸地が現れたとき、あらゆる植物がそこに繁殖しようと試みます。
そこはまだ、他の草花がまったく存在しない場所。まるで「新大陸」に人々が押し寄せたときのように、植物たちも新天地に乗り込んでいこうとするのです。

でも、この勝負に勝つのは『ムラサキユキノシタ』。見た目は可愛らしい野花ですが、荒野にいち早く根づいて、広い大地を独り占めしてしまうパワーを持った強い花なのです。

つまり、これは“一番乗り”を意味するカードであり、“独占”“制覇”といった意味も持っているカードなんですね。

ですから、好きな人があなたのことをどう思っているかを占ったとき、『ムラサキユキノシタ』が表れたら、「彼の気持ちは今、あなたのことで占められつつある」と読んでいいでしょう。

これから始める仕事について占っているときも、これは吉兆です。またたく間にも、あなたはその仕事で頭角を表すことができそうです。

ただ、『ムラサキユキノシタ』が勝利を収めるのは、誰よりも早く、力強く、新たな大地に進出していくから。“スピード勝負”という意味も含むカードですから、グズグズしているわけにはいきません。

転職しようか……、告白しようか……、誘ってみようか……そんなふうに迷うとき、このカードが出てきたら、「迷っている暇はない」というアドバイスです。すぐに動き始めましょう。

また、このカードが示す“独占”という状態には、いい意味だけがあるわけではないので気をつけてくださいね。

たとえば、恋人との関係が息詰まっているようなとき、『ムラサキユキノシタ』が出てきたら、相手を独占しようとするあまり、余裕のない関係になっている可能性が。

本来、「豊かな土地」には必ず、幾種類もの花が咲いているもの。多様性をもたせておくが、豊かさや幸せにつながることは多いのです。

独占欲があなたの心を支配すぎないように……そんな注意を与えてくれることもあるカードです。

場面に応じて、このカードからメッセージを上手に受け止められるように、さまざまなリーディングで練習してみてください。

そうすれば、勢いよくテリトリーを広げていく『ムラサキユキノシタ』のように、あなたの解釈力は、あっという間に高まっていくでしょう。

36 ムラサキユキノシタ

※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにリンクをまとめています。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

aurora_ban

ウル 『オーロラタロット』カード解釈

~継続、定着、なくてはならないもの~

ウル『ウル』というのは、極北に暮らす人たちが必ず持っている道具のひとつ。家庭で使う万能ナイフなんですよ。

上部には木や石の柄がついていて、下部は刃物になっています。

狩猟生活の歴史が長い極地では、ナイフはとても大事な道具です。手に馴染むまで使い込み、ていねいにメンテナンスをして、ずっと愛用してきます。

三日月形の刃物なんて珍しい気がします。でも、これは親から子へと長いあいだ受け継がれてきた道具なんですね。この『ウル』は“継続”、“定着”、“なくてはならないもの”といった意味を持つカードです。

『ウル』のカードを解釈するポイントは、あなた自身が使い込んで、すっかり手に馴染んでいる愛用品をイメージしてみることにあります。
そうすれば、さまざまなリーディングが自然に出てくるでしょう。

たとえば、好きな人が自分をどう思っているのかを占ったときなら、「彼女(彼)ほど、自分にしっくりくる相手はいない」と感じているということかもしれませんよね。

今の仕事を続けるべきか、新たな仕事を探すべきか……そんなふうに悩んでいるとき『ウル』のカードが出てきたら、「すっかり馴染んできた仕事」のほうを今は継続すべきというメッセージと捉えることもできるでしょう。

どこか行きたい場所があって、誰を誘うか迷っているなら、気のおけない昔からの友人がベストだと、『ウル』のカードは告げているのかもしれません。

仕事でも恋愛でも、どうしていいか分からない問題に悩んでいるとき、対策を示すポジションに『ウル』が出てきた――そんな場合は、「経験豊富な人に相談する」とか「奇抜なことをするより、今まで通りのやり方を続けて」という意味に捉えることもできるはず。

人は問題にぶち当たると、何かしら新しいことをしてみようとするものですが、薬でも化粧品でも、あと少し使い続けてみることで望ましい結果が出てくる場合もあります。

なんらかの技術の向上を目指していて、ちょっとスランプに陥ったときだって、「何か違うことをしなきゃ……」とジタバタするより、継続によって修練が積まれ、いい結果が出ることもあります。

そんなときに現れるのが『ウル』のカードなんですね。
次から次へと違う方法をアレコレ試すだけが選択肢ではありません。リスクを避けて、現状をキープすることが願いを叶える早道となることもあるのを思い出せてくれるカードが『ウル』です。

最後にもう一つ、解釈例を書いておきましょう。

大事なイベントやデートの前日、着るものに迷っている人がカードを引いたときに『ウル』が出てきたら……。

「今のあなたは新しいドレスを試してみたいのかもしれませんが、明日のあなたに一番似合う服は、クローゼットにずっと掛かっている愛用のドレスのほうだよ」とそんなメッセージを『ウル』のカードは送っているわけです。

さて、新しい年が近づいています。
あなたが大事にしてきた相手との関係が、来年どうなるか……『ウル』のカードを引き当てたなら、ふたりはますます離れられない関係になっていくでしょう。これは「なくてはならない人」という意味も持っているカードなのですから。

39 ウル

※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにリンクをまとめています。

▼Yahoo!占い 更新メニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

aurora_ban