持っていないものに不満を持つより、持っているものに感謝を?

最近、自分が暮らす家への“愛着”が増してきました。

引っ越してきたときは、それまでの広い家と比べて
「狭すぎる……」
「眺めが悪いよ」
と不満ばかり。

でも、あるときガラリと考えが変わったのです。

なぜなら、たまたまネットを検索していたとき、デザイナーさんが暮らす小さなマンションの写真を見つけました。

その様子にびっくり仰天。

我が家より狭いけれど、壁面からなにから、空間を余すところなく見事に活用して、センスよくまとめられている素晴らしい室内だったからです。

さすがはクリエティブな仕事をされる方。

センスと創造性があれば、どんな条件だって、ここまで見事な暮らしが出来るのか……と、心から脱帽。

これがね、私の価値観をコロっと変えてくれたのでした。

おかげで、「こんな狭いところに住んでいる私ってミジメ……」という気持ちはどこへやら。

私もチャレンジしたい!
この狭い空間をいかに素敵にするか、いろいろやってみよう!

そんなやる気がムクムク湧いて、すっかり元気になれました。

 

とはいえ、実行力もセンスも足りない身です。

あの写真で見たような素晴らしい部屋には、そう簡単に近づけるはずもなく。。

それでも「この家、好きじゃない……」と思いながら暮らしていたころのようなストレスはゼロ。

少しずつ少しずつ、工夫を凝らして、「うん、前よりいいかも!」と思えるようになっていくたび、家への愛着が増していくのを感じます。

 

よく、「持っていないものに不満を持つより、持っているものに感謝を」と言われます。

確かにそれはそう。

ただ、頭では分かっているけれど、やっぱり自分の身体、家族、持ち物、仕事や住まいにコンプレックスや不満を持ってしまうものですよね。

 

あんな体形に生まれていればな……

あんな素敵な家族がいれば……

もっとお金があって素敵なものが買えたなら……

そんなふうに、「ないものねだり」は止まらないもの。

 

なにしろ現代は、朝から晩まで、自分よりも素敵な人生を手にいれている人々の情報が流れている社会です。

そんなものを見ながら、「私は十分、今の自分に満足していますから」なんて言うのは難しいことだと思います。

 

それに、悲惨な暮らしや仕事に「満足するよう自分を強いる」というのも、なんだか違う気がします。

私だって、気に入らないところの多い今の家に「満足しよう。これでいいと思い込もう」と自分を強いたわけではありません。

私の心に起こったのは、
うまく知恵を働かせて、素敵な工夫できたら、そんな自分を誇りに思えるかもよ。」という意識が湧いたこと。これが救いになったのです。

 

そんな気持ちになれたのは、すでにそうして生きている人の家を偶然、見かけることが出来たから。

それで意識がコロっと変わったわけですから、ネットに挙げられていた、あの1枚の写真にとても感謝しています。

 

それ以来、家のこと以外でも“創意工夫”が上手な人を探すようになりました。

探してみれば、いろんな「先人」が見つかるものですね。

少ない時間をうまく活用している人。
体型のコンプレックスをうまく隠して、オシャレをしている人。
退屈しがちな仕事を楽しむ方法を知っている人。

――ネットや本や実際に会う人から学べることがたくさんありました。

 

私もいつか、「工夫を凝らして上手く生きた人」になりたいなぁと夢見るものの、現実にはいろんなコンプレックスを抱えて生きています。

それでも一歩一歩、よりよい人生に……。

……そうなっていけると信じているから、心には「希望」があり、毎日の苦労や苦悩を乗り越えていけています。

このお話が、あなたにとっても、幸せに生きる小さなヒントになりますように。。

人生の「ダメなパターン」が変わるとき、訪れる気づき

このまえのことです。
午前中に歯科医の予約をしていたのに、目が覚めたら、予約時間の30分前!

行くだけで30分かかるので、もう完全にアウトです。

あーあー、久しぶりにやってしまいました。。

昔はこういうとき落ち込んで、なかなか気持ちを立て直せなかったのです。

でも今は「起きたことを悔いても仕方ない!」と気持ちを切り替えられるようになりました。

というのも、あるとき、ふと気が付いたのです。
落ち込むことの無意味さに。。

 

なにしろ私の場合、自分がしでかした失敗に落ち込むと、なんだか逃げたくなってくるんですね。

何から逃げるかというと、自分を叱りつける「もう一人の自分」からです。

 

「あぁ、もう私だって後悔しているんだから、説教なんて聞きたくないよ!」
という感じで、やってしまったことを責める心の声に耳をふさぎたくなってしまう私。

その結果、ますます事態を悪くしてしまうのでした。

たとえば、目が覚めたとき、「遅刻!」と気づいたら、ガバッと起きるのが普通でしょう。
ところが昔の私は、そのまま再び寝てしまうことがあったのです……。

二度寝を試みるのは完全に「遅刻するという現実」から逃避するため。

こういう冗談みたいなダメ人間ぶりを発揮しておりました。。ああ恥ずかしい。

 

そんな自分がイヤでイヤで。
「変わらなくちゃ!」と思いはするものの、なぜか、なかなか変われなくて……。

 

幸いなことに、私の失敗を全然、怒らない人に出会いました。

とんでもない落とし物をしたときのこと。
「ああ、やっちゃった……」と落ち込む私の横で、その人は、あきれた顔さえせずに淡々と「失敗のフォロー」にだけ集中し、私を救ってくれました。

 

その姿を見て、何かをつかんだ気がします。

失敗する

落ち込む

逃げたくなる

事態はますます悪くなる

自分がやってしまう、このパターンの間違いに気づいたのだと思います。

 

そして少しずつですが、自分を矯正していきました。

失敗する

落ち込むのを避ける

自分を責めずに対処する

失敗の影響が最小限で済む

少し成長した自分を感じてホッとする

……こんなふうに変わったわけですね。

 

大事なのは自分を責めないこと。
心のなかに存在している「おまえはダメだ!」と非難してくる自分に黙ってもらうこと。

これがポイントだったと思います。

 

落ち込んでもいいこと、ありません。

失敗の「反省」は落ち込まなくたって出来ることにも気づきました。

むしろ、落ち込まないほうが、「今日みたいなダメな自分でいたくないなぁ」と冷静な気持ちで考えられます。その結果、「じゃあ、どうすれば寝坊しないかな」と落ち着いて考えられる気がします。

 

こうやって少し変われたのは、手本を示してくれた人がいたからにほかなりません。

人生のイヤなパターンが崩れる瞬間というのは、天が与えてくれる恵みなのだと思います。

 

あなたにも、何かしら「いつも繰り返してしまうイヤなパターン」があるかもしれませんが、いつかきっと変われますよ。

そういうときの訪れを信じていてくださいね。

なにしろ、遅刻すると気づいてから二度寝をするほどのダメ人間だった私でさえ変われたのですから……。

怖くありません~後悔しない「選択」と「決断」は可能ですよ

誰の人生にも、大きな決断を下さなければならないシーンがやってくるものです。

Aを選ぶか、Bを選ぶか……。

心はほぼ決まっていても、
「果たしてこれでいいんだろうか」
という迷いは、なかなか拭えないですよね。

それでグズグズ考え続けて、なかなか足が踏み出せない――そういう「過渡期」は苦しいし、不安だし、辛いものです。。

 

でも、思うのです。
トコトン悩み抜いてみるのは決して悪くないことだと。

 

どんなことでも、悩みに悩んだ末に決断すると、
「よし、もう決めた! この決断が間違いだったと思いたくない!」
という強い意識が生まれます。

この強い意識が未来を変えていくんですね。

 

たとえば、悩んだすえに仕事を辞めることを選んだ人は、次の仕事で絶対に成功しようと必死で頑張るでしょう。

「あの仕事を辞めなきゃよかった……」と思うことにだけはなりたくないからです。

独り立ちや離婚を選んだ人は、グングンたくましくなっていくでしょう。

「やっぱり親のもとに(夫のもとに)いればよかった……」と泣くなんて絶対にイヤだからです。

 

ふたつの道のどちらを選ぶか――それはルーレットの赤と黒のどちらかを選ぶこととは全然、違います。

ルーレットであれば、「あとはサイコロのなすがまま」です。ハズレを選べば最悪ですよね。

でも、人の未来を定めていくのは「選んだあとの行動」が八割。
後悔しない行動をとっていく意欲さえあれば、きっとうまくいきます。

 

いっぽう、
「仕方ないから、これを選ぶ」とか、
「私はイヤだけど、家族がこうしろうというから……」
といった感じの消極的な決断は「後悔」につながりやすいでしょう。

そういう場合、
「この決断が間違いだったと思いたくない!」という奮起が起こらないし、頑張る気にはなれません。

それどころか、
「本当はこんな選択したくなかった……」という意識があるので、無意識のうちに物事がうまくいかないように振舞ってしまいがちになります。

 

たとえば、病気になって、医師や家族に言われて渋々、生活習慣を変えた人。

「ああもう、自分は変わりたくなかったのに……」
と思い続けているので、どこか自分に甘くて、元の生活につい逆戻り。。

病気がなかなか治らないのは、そういうことを繰り返す結果なのですが、本人はそうは思いません。

「もう生活習慣なんて変えても意味なかったよ! ただでさえ病気で辛いのに、いろいろ変えなきゃよかった!」……そんなふうに後悔するわけですね。

 

後悔しない決断のかなめは「絶対、後悔したくない!」と思えるかどうか――そこにあるのだと思います。

その気持ちさえあれば、どんな決断でも大丈夫。
あなたの未来は開けていきますよ。

それでも心配だったら、私に聞いてください。
お悩み相談、いつでも受け付けています。

これからも、あなたが決して後悔のない人生を歩んでいけますように……。

 

▼こちらの記事もどうぞ

過去は変えらない……としても過去の“意味”は変わります