人それぞれと思っていても……価値観の違いを乗り超えるコツ

恋人と別れた理由について、よく聞く話のひとつが「価値観の違い」というヤツです。

だけど、価値観が同じ相手じゃなくても、うまくつき合っている人はたくさんいますよね。

そもそも、まったく価値観が同じ相手なんて、この世にほとんどいません。

分かり合える部分がとても多い相手でも、ひとつやふたつは異なる価値観を持っているものです。

たぶん、「価値観の違いで別れた」という話の真相は、「価値観の違いに気づかないまま、つき合っていたせいで別れることになってしまった」ということなのです。

どういうことか説明しましょう。

今、恋愛初期にいる方は、ぜひ読んでおいてくださいね。

さて、「人それぞれの価値観がある」ということを全く認められない人は滅多にいないと思います。

自分には許せないことでも平気に感じる人もいるだろう。
自分だったら、こう思うことでも、違うふうにとらえる人もいるだろう。

そういうのは頭で分かっていると思います。

ですから、もしも赤の他人から自分と違う反応が返ってくれば、「いろんな人がいるものだな」と肯定できる人は多いはず。

けれども、あるひとつのことがらについて、自分と違う価値観の人に出会ったことがない場合、「自分ならこう思う」ということを「当たり前」のように想定してしまうことがあるものです。

なにしろ、自分の中にない発想はなかなか浮かんでこないのが人間です。

たとえば、他人に遅刻されてもあまり気にならない人は、自分が遅刻しても「相手はそんなに気にしていないだろう」と、なんとなく思ってしまうでしょう。

反対に、他人の遅刻が許せない人は、自分がうっかり遅刻してしまったとき、「きっと相手は怒っているに違いない」と考えてしまいがち。

でも実際のところ、あなたが好きになった相手は、あなたと真逆の価値観の持ち主だったりするかもしれません。

ここから始まるのが「ボタンの掛け違え」です。

「きっとこうだろう」と思っているせいで、相手の価値観を確かめもせず、そのままつき合い続けてしまった結果、悲劇は起こります。

「実はおまえの遅刻がいつも許せなかった」なんて別れ際に彼から言われてビックリ――こういうことが起こるわけですね。

そのとき、彼女は「だったら早く言ってくれたらよかったのに! 教えてくれたら直したのに!」と思うかもしれません。

でも彼は、彼女が遅刻をしてもまったく悪びれない様子を目撃してきました。

そうすると彼は、「もしかして、ちょっとした遅刻にいちいち苛立つ自分のほうが変なのかな……」と思って、ひるんでしまうことが。それでズバッと言えないままに……。

けれども、不満は募り募って最後に爆発。
こういうことってよくあります。


もし、あなたが今、恋愛の初期段階にいるなら、自分の価値観を早めに知らせておくといいでしょう。
自分の感覚をね、伝えておきましょう。

ただし、たとえば「遅刻する人って最低だよね」という言い方を最初にすると、違う価値観を持っていた人は間違いなくムッとします。
「そう? 別に自分は気にならないけど」というように。

「自分の価値観を伝える」というのは「自分の価値観を押し付ける」ことではありませんよね。

そうならないためには、なるべく自分に引き寄せて「私の価値観」を話せるようにしておくといいですよ。

「私って遅刻されると、自分の時間を奪われたみたいな気がして、ついイライラしちゃうんだ」とか、
「遅刻にうるさい親だったせいで、今でも私、時間に甘い人には寛大になれないんだよね」とか。

ついでに、そこで「あなたにはそういうのってない?」と聞いてみてください。

そうすると、「そうだなぁ、俺の場合は、ごめんなさいを言わない相手にイラっとしやすいかもな」というふうに、彼も「俺の価値観」を話してくれやすくなるはずです。

恋の初期に「ボタンの掛け違い」を少なくしておくこと。
これは「上手な恋愛のコツ」のひとつ。

この知恵をうまく活用してください。素敵な恋ができますように。

 

▼こちらの記事もどうぞ

自分を深く傷つけた相手なのに、忘れられないのはなぜ?

どんな片思いにも「意味」と「希望」はあります

叶いそうもない片思いをしているとき、「こんな想いを抱えていても何の意味もないのに……」と落ち込んでしまうこと、ありますよね。

自分の気持ちをアピールしているけれど、ちっとも振り向いてもらえないときも、無意味なことをしている気になってしまうかもしれません。

さらには、
好きになった相手に既に恋人がいたり、
すでに一度フラれていたり、
告白できない状況があったりするのに、
それでも「好き」という気持ちを止められない……

……そういうとき、虚しさは倍増します。
「好きでいる意味がない」と感じてしまうからです。

でもね、人を好きになることは間違いなく「意味」があり、「希望」のあることなんですよ。

両想いになれようが、なれまいが、まったく関係ありません。
なぜなら誰かを好きになるというのは、自分以外の誰かに「関心を寄せる」ということ。そこに「意味」と「希望」があるのです。

 

あなたにもきっと経験があると思います。
人を好きになり、その人のことをもっと知りたくなった経験が。

今まで全然、関心がなかったのに、その人が好きなスポーツをつい見てしまったり、その人が話題にしていたものに興味が湧いてきたり、その人が持っているものを自分も買いたくなったり。

こういうのって、その人に関心を向けるようになったがゆえに起こることですよね。

ところで人間は基本的に「自分に関係ないもの」には無関心なもの。
世界はこんなに広いのに、慣れ親しんだ狭い世界のなかに安住してしまいがちです。

でも、「自分に関係ないもの」が多い人って、あまり魅力的ではありません。

あなたの周りの人のことを考えてみてくださいね。
自分の子供の話しかしないとか、同僚の悪口にしか興味がないとか、仕事の成績のことしか考えてないとか、そういう人っていませんか?

こういう人たちは、たとえどんなにキレイでもカッコよくても仕事や家事がよく出来ても、周りから「魅力的」とは思われていない場合が多いはずです。

「この人、魅力的だな」と私たちが思うのは、どんな話題を持ちかけても楽しそうに乗ってくれたり、いろんな情報を発信してくれたり、違う面をどんどん見せてくれたりする人。

要するに、いろんなことに興味を持っていて、世界を広げ続けている人こそ魅力的に見える人なのです。

 

とはいえ、「私も魅力的になりたいから、いろんなことに興味を持とう!」と決めても、実際のところ「自分に関係ないこと」に興味を持つって結構、苦痛です。

欲しいものが何にもない店を、興味深くしっかり見て歩くなんてきっと無理。すぐ飽きてしまいます。

新聞を隅々まで読もうとしても、興味のない話題の話は頭に入ってきません。「どうでもいいよ」と思えてしまいます。

それなのに……
誰かを好きになると、どうでしょう。

「あ、この店、彼(彼女)が好きだって言ってた店だ」と思えば、ワクワクしながら商品を眺めてしまったりしませんか?

「この事件の話、彼(彼女)がこのまえ、いろいろ語っていたっけ」と思うと、新聞記事を真剣に読み始めてしまったりしないでしょうか?

これらは全部、人を好きになると、「その人を取り巻く世界」に関心が向くようになるからです。

その結果、自分の関心の範囲が、思いがけない広がり方をしていきます。
おかげであなたは間違いなく今まで以上に魅力的になっていきます。

それって素敵なことですよね?

結局、人を好きになるって「自分以外のものに関心を寄せやすくなる」ということ。
そのおかげで「世界が広がること」です。

たとえば、好きな俳優が出来ると、その人の作品をいろいろと見たくなりますよね。
そうすると、他の俳優さんや監督にも興味が出てきて、また違う作品に触れることになったりします。

いつの間にかドラマや映画全般に詳しくなっていて、たまたま知りあった相手と、ドラマや映画について語り合えたりして、そうやって仲良くなった相手が、あなたに仕事のチャンスをもたらしてくれたり――そんな感じで、あなたの「魅力」は「福」を引き寄せるものになっていくでしょう。

そうです。
まるで叶わない片思いを続けていたとしたって、その片思いのおかげで広がった世界はあなたの「宝物」なのです。

その恋が片思いのまま終わってしまったとしても「意味がなかった」なんていうことには決してなりません。

好きな人への関心から広まっていった関心は、必ずあなたに次の出会いをもたらすでしょう。
人生に「無駄なこと」「意味のないこと」なんてひとつもないということを実感する日がきっとやってきます。

この希望を胸に抱いていれば、「好きでいるのを止めなきや」と焦る気持ちは消えるはず。
焦らなくても大丈夫ですよ。世界が広がるうち、自然にあなたの心は動いていくでしょう。

 

▼こちらの記事もどうぞ

恋する気持ちの不思議さ

あの人に会えなくて寂しい気持ちを癒すための秘訣

 

 

 

メールをいただいた皆さまへ……お待たせ致しました

真夏の日差しが厳しい時期になりましたね。

6月下旬から7月中旬にいだいたメールが昨日、私のもとに届き、すべて拝見しました。

ひと月近くまえにメールや相談を下さった方には、長くお待たせしてしまって申し訳ありませんでした。

はーちゃんさん、はなこさん、たこさん、めぐみつまめさん、それに、しゅうさん、これから順次、ご相談のお返事、書かせていただきます。

なるべく早く掲載できるように努めますので、今しばらくお待ちください。

 

以下は、ご相談ではないメールを寄せてくださった方へのお返事です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
はるかさん、こんにちは。

彼とのあいだに、誤解が起きてしまったり、彼と親しい様子を見せる同僚女性の姿にモヤモヤを感じたり、いろいろ大変だったみたいですね。

「思い切って『好きです!』と伝えられたらどんなに良いか…。」 という言葉に、恋愛って難しいなぁと改めて思いました。

ただ、彼の言動に傷ついたときは、無理に気にしないフリをするより、素直に落ち込んだ顔を見せてみてもいいかもしれませんね。

気にしないフリをすればするほど、彼のほうは意地悪になってしまうかもしれません。

人間って不思議なもので、意地悪してもめげない相手には、ますます何か仕掛けたくなってしまうこともありますから。

今回は、なんだかとりとめのない話になってしまいました。
仕事をしつつ、恋をしつつの忙しい毎日をはるかさんが上手に乗り切っていけますように……。

カラ元気で頑張りすぎず、ときには息抜きもしてくださいね。

 

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

けいこさん、こんにちは!

いつもブログやインスタを見ていてくださって、ありがとうございます。

インスタにいただいたコメントで、けいこさんが元気にしていることは伝わりましたから安心してましたが、「淡い期待」が叶ったとは! よかったですね!

それにしても、今までとまったく違う仕事に転職を果たされていたとは驚きました。

長い期間の研修期間、きっといろいろ大変でしょう。
新幹線での通勤も疲れることでしょうし、不慣れなことも多いし、新しい人間関係に身を置くのも精神的にくたびれることだと思います。

それでも彼に会えて、元気をもらえたのであれば、まだまだ頑張れそうですね。

「逢えば逢うほど、知れば知るほど愛しさが増します。こんな男性と出逢えて本当に幸せに思います。」 とのとこ。

2年近くも会えない日々を過ごしても、想いが恨みつらみに変わってしまうことなく、彼を愛せるけいこさんもまた本当に素敵な人だと心から思います。

残りの研修、どうぞ頑張って!
心から応援しています。

 

hawaiian2_ban_02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こばゆさん、こんにちは。

きっとお忙しい毎日を過ごしていらっしゃるのだろうと思っていました。

とにかく頑張り屋さんのこばゆさんです。私への義理など考えず、多忙なときは少しでも体と心を休めてくださいね。

そして、こばゆさんの心に灯り始めていた恋心は、その後も膨らんで、「切なさ」と「ときめき」の両方を感じる日々になっているのですね。

「でもこの切なさが「いいな」なんて誰かを好きになることが出来た有り難さを感じています。」
という言葉、とてもこばゆさんらしくて素敵です。

「進展しなくとも、恋が出来た喜びがある」
という言葉も、私の胸にとても響きました。

本当にそうですね。
誰かを好きになるって、当たり前のようで奇跡のようなことでもあると、私もいつも思うのです。

この夏がこばゆさんにとって充実したものになりますように……。

仕事のストレスで眠れないこともあるようですが、いろいろ考えてしまう夜は、ゆっくりゆっくり息を吐き、たかぶる気持ちを鎮めてくださいね。

こばゆさんの努力や献身が報われますように。
こばゆさんの恋が「切なさ」よりも「喜び」の多いものになりますように。
ずっと見守っています。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード