「女の義務」は「女の特権」だと気づいたお話

最近、夜は映画を観ています。

昨日、観たのは『彼は秘密の女ともだち』というフランス映画でした。

 

子供を授かったばかりなのに、若い妻に先立たれた男性が、喪失の悲しみや子育てに苦悩する日々のなか、ふとしたキッカケで、昔から興味があった女装に目覚めます。

その女装姿を妻の親友に見られてしまい……。

 

……と、話の筋はこれくらいにして、この映画、女装に目覚めた男性のウキウキ感がすごく印象的。

妻の親友にバレて、気持ち悪がられてしまったけれど、彼は彼女に協力を頼みます。

今までこっそり家の中だけでしてきた女装をほどこして、「女二人」でショッピングに出かけるシーンは、彼のドキドキとワクワクが伝わってきて、観ているこちらもワクワク。

 

冒険を楽しんだ次の週末、ふたりは小旅行に出かけます。

「変身」に必要なものを詰め込んだトランクとメイクバックを引っさげて、オープンカーでフランス郊外の美しい邸宅へ。

森の散歩に合わせて着替え、ディナーのまえに服を変え、そのあと、夜遊びに出るため、また念入りにドレスアップ。

 

彼にとっては、あれやこれやと洋服を選び、メイクをほどこし、ヒールを履いて……そのひとつひとつの行為が、たまらなく楽しい「変身」のための時間なのです。

でも、生まれながらに女の私にとっては、メイクも着替えも、毎朝の単なる義務。
特別、楽しいわけでもないし、むしろ面倒に感じがちなこと。

 

けれども、肩までの長さの上品なウィッグをかぶり、鏡に向かって丁寧に髪をとかす彼のうっとりした表情を観ているときに、ふっと思いました。

なんだか私、女に生まれてよかったかも、と。

 

今までは「義務」であり「ありきたりすぎる日常」でしかなかったメイクや身支度なのに、すべての過程を心から楽しんでいる彼を見ていると、「こういうことの全ては、女だけが楽しめる特権なんだよ」と言われているみたいに感じられてきたのです。

 

映画を観おえて、ベッドに入り、思いました。
明日の朝は、私もちょっと早起きして、うきうきしながら身支度してみよう!って。

だけど、惰性って怖い……。

丁寧にウキウキ楽しむつもりで鏡に向かったのに、そんな気持ちでいられたのは最初だけ。

なにしろ、すべては手慣れた「作業」です。

スキンケアをして、ファンデーションを塗ったくらいから、なにやら違うことを考え始めてしまう私。
ふと気づくと、いつも通りの「工程」を無意識に進めていて、いつの間にかメイクが終わっているではありませんか!

あれ? 私のウキウキ感はどこへ?

いやいや。着替えがまだ残っている。
これをじっくり楽しもう!

そう思っても、彼のようにクローゼットのまえに立つだけでワクワクするなんて無理。

ああ、このカットソーだと今日はちょっと肌寒いよね。
このパンツは最近、ウェストきついのよね。

うーん、結局、この組み合わせにする?
でも、二日前も同じコーディネイトだったな……。
……って、なんだか全然ワクワクしない。

それでも鏡のまえに立ち、せめて丁寧に髪をとかします。

アクセサリーを選んで、ツリーみたいに自分をちょっと飾りつけ。

男が女に変わるほどのエキサイティングな変身ではないけれど、朝起きたときのヨレヨレの自分から変身しているのは確か。

だから小さく満足して、さらなる野望を持とうと決めました。
もっと毎日の身支度を楽しもうと。

 

普通、こういう意識は、日常を大切に生きている「女のお手本」みたいな人から学ぶことかもしれません。

でも、私の心を刺したのは「女に憧れ、自分を女に変える身支度にも憧れて止まない男」を描いた映画だったわけで。

人間って、妙なものから不思議なことを学ぶものですね。

 

もう一つ、彼から学んだのは「特権」というものの意味。

持っている人間にとっては、ありがたいともなんとも思わないのが「特権」というものの正体なのかもしれません。

たとえば、「メイクをしていい」というのは女の特権。
でも、それを「女はメイクしないといけないもの」というふうに「義務」にしか捉えずにいた私は、なんだか不幸だったかも。

 

メイクに限らず「自分では気づいていない特権」を、人はそれぞれ、いろいろと持っているのだと思います。

外で働くこと。
子育て。
親孝行。
――こうしたことだって「誰もが当たり前にやっていく義務」だと思いがちですよね。

でも、それぞれの事情で、これらのどれかを「やりたくても出来ない人」って、いっぱいいます。

ああ、思いきり外で働けたら、どんなにいいだろう。
子供を持てたら、親がいてくれたら、どんなにうれしかっただろう。

……そう思う人からみたら、どれかひとつでも出来ているあなたは「特権」を持っている人。

 

自分の特権に気づき、ありがたいと思うのは意外と難しいけれど、でも、そこを意識してみれば……今までより少しだけ多く、「私は幸せ」と感じられる気がします。

それに、どうぜやるなら楽しまないとね。

今日からメイクも身支度も仕事もみんな、義務ではなくて私の特権!
そう考えて、楽しむ方法を考えようと思います。

あなたも「あなたの特権」を楽しめますように。

 

Yahoo!占い 10月5日更新
心震える奇跡鑑定【ジューン澁澤】オーロラタロット
 

▼こちらの記事もどうぞ

メイクで自分をピンクに「色づける」意味を改めて考えると……

 

「買い物」と「金運」と「幸せ」と……お金に関するお話

秋に入って突然、むくむくと「物欲」が強まりました。

最近あまり、モノが欲しいと思わなかったのに、もう、アレもコレも欲しい!!

ブラウスが欲しかっただけなのに、それに合いそうな靴を買い、
なぜだか、スカーフを買い、
ついでにリップを買い、
ポーチを買い、
シミ落としの便利なスティックを買い、
クッションカバーを買い
……って、数日の買い物で、どうして、こんなことになるのやら。

 

街を歩いていると、まだまだ欲しいものが目につくので、
「これはいけない! モノのないところに行こう」とカメラを持ってフラワーパークへ。

物欲を忘れて、美しい花を夢中で撮っていたのに、アレ? カメラの調子がおかしい?

うーん、そろそろ買い替えようかな。
新しいモデルも出たみたいだったし……って、そこで我に返って、あんぐり。

物欲を忘れるために来たのに、どうしてカメラを買うことを考え始めているのやら……。

そこで、ふと思い出したのは、8月のあいだ、Yahoo!占いの今後の更新メニューとして、「お金」にまつわるメニューを作ったことでした。

普通の切り口の「金運」より、ちょっと踏み込んだ「どんなふうにお金を稼ぎ、使い、貯蓄をするのがあなたにとっての幸せなのか?」を占うメニューです。

カードを引いて、原稿を書いていくなかで、改めて「お金」のことに色々、思いをはせました。
そして一生懸命、カードのメッセージを書きました。

なのに、ひと月以上経った今、何を書いたか、ハッキリ思い出せません。

 

これはいつものことですが、カードのメッセージを拾い上げているときって巫女になったような感じで、「自分の考え」を超えている感じがします。
そして、そういうのは、あっという間に忘れ去ってしまったりします。

「一体、今の私は、なにゆえ、こんなに物欲が強まっているんだろうか?
そうだった! そういうときの原因も、あのメニューには書いたはず!」と思いつき、読み返してみると……。

 

こんなことを自分で言うのは恥ずかしい限りですが、まぁ当たっていること、当たっていること。。。
「ああ、そうか、そういうことか!」と合点がいって安心しました。

 

今の私にとっては、ステキなものに触れ、気に入ったものを購入していくことが必要なことだし、こういう時期を通過することで、今度は誰かにステキなものを提供できるから、それでいい――そんなふうに考えればいいんだね、と。

 

珍しく、宣伝みたいな内容の記事になってしまったのですが、自信を持ってお勧めできるメニューです。

居酒屋さんがメニュー表に「イチ押し!」のシールを貼る気持ちが少しわかった気もします。
うん、これは今の私の「イチ押しメニュー」。
今週、Yahoo!占いでリリースしますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

 

▼Yahoo!占い 9月29日更新
心震える奇跡鑑定【ジューン澁澤】オーロラタロット


なおさん、かりんさん、はるかさんからのメールのお返事です

8月下旬から9月中盤までのひと月も、たくさんメールをいただきました。

このところ相談が増えていて、すぐお答えできずに申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。

残りの方には、ここでお返事させていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なおさん、こんにちは。

こうしてまた、私を頼りにしてくださって嬉しいです。

「そうですよね、私はただ彼を愛していけばいいのですよね。今まで通り。覚悟ができました。」
という、なおさんの言葉に、うなずくばかりです。

「年に数日だけの逢瀬ですが、彼はいつも幸せな時間を私に与えてくれます。もちろん彼も(自惚れさせてください)」 との言葉にも、うなずいてしまいました。

自惚れなんかではないと思います。
メールのやり取りだけでも、私には分かります。
なおさんが、彼に幸せな時間を与えて差し上げているに違いないこと、感じるのです。
なおさんの切なさも彼は感じていらっしゃると思いますよ。
彼のご家族のことで「心がざわつく」とき、そのざわざわした波動はね、彼にも伝わっているはずです。

それでも、口には出さないなおさんだからこそ、彼もまた、なにげない顔をして、けれども、なおさんを気遣う気持ちを持つことを示すために、こっそり会いにやってくるなど、「態度」で愛を示していらっしゃるのだと思います。

これまでも、これからも、彼はそういう形で、なおさんを思いやってくださりそうですね。

いっぽう、息子さんの離婚に関しては、残念でしたね。
2年程度で別れてしまったおふたりに、「若いなあ」という感想を持つなおさんのお気持ち、少し分かる気がします。

親権は女性側に渡ってしまったとのことで、「息子も子供に合わせてやってほしいけれど、何も言わないほうがいいのかどうか……」と悩んでいらっしゃるのですね。

1枚、カードを引いたところ、出てきたのは『ハナゴケ』。
自然の寒さに強いけれど、空気の汚染には弱い植物です。

愛娘に会いたい気持ちをガマンなさるのは本当に辛いでしょうし、そんな息子さんを見ているなおさんだって辛いと思いますが、息子さんは、この「厳しい現実」を受け入れる強さをお持ちです。

でも、周りがゴタゴタすることには弱い部分があるかもしれません。

というわけで、今は何も言わずにいて差し上げたほうがよいかもしれないな、と思いました。

今回は短いお返事で申し訳ありませんが、なおさんがおっしゃる通り、みんなが幸せになれるように……私も祈っております。

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
かりんさん、こんにちは。

ダイアリーの記事、読んでくださり、ありがとうございます。

「彼の事も考えないと…悲劇のヒロイン病になってました。
まだすぐには上手く?我慢出来るか解りませんが、一呼吸置いて、やってみようかなと思います。」
とのこと。

こんなふうに、ご自身を振り返って、「やってみようかな」と考えるかりんさん、「偉い!」と思います。

「両想いになれると信じる気持ち」がね、まったくなければ「やってみようかな」という気持ちは出てこないと思うのです。

もうすでに、かりんさんの中には、成就の秘訣である「信じる心」が生まれています。その気持ちを大事になさってくださいね。

ところで、私のところにメールをくださる「はるかさん」という方から、
「かりんさんの火傷、早く治りますように……。」というメッセージが届いています。

はるかさんも、同じ職場の彼の態度に対して、「まず社会人として、それってどうなのよ!」と感じることがあるのだとか。

ここに集まってくださる方々は、「この人は既婚者なのに……」とか、そんなことは考えず、他の方の相談を読んで、「私と同じように恋に悩む人」だと考え、共感したり、同情したり、「上手くいくように」と祈ったりしてくださいます。

みんな、いろいろありますが、
みんな幸せになれますように。
……そういう「共鳴の心」がね、それぞれの力にきっとなると私は信じています。

かりんさんの挑戦、心から応援していますね。

 

hawaiian2_ban_02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
はるかさん、こんにちは。

彼とのゴタゴタ、たくさん書いてくださったのに、今回も短いお返事になって申し訳ありません。

彼の「攻撃心」が一気に噴き出してしまったみたいですね。

はるかさんがおっしゃる通り、どうでもいい相手に、それほどの怒りを向ける人はいません。
「じゃれ合い」がエスカレートした結果だったと思います。

ですから、はるかさんが最初は、「自分の悪いところを指摘してくれてありがとう」と感謝したものの、それでも止まらない彼の攻撃に、だんだん「単なるいちゃもん」のように感じるようになり、「罪悪感を通り越して今はもう『無』なんです」とおっしゃるお気持ち、分かります。

「これは彼の仕返しかもしれない」と感じるのも当たっていると思いますよ。

結局のところ、彼が今、欲しているのは「屈服」なのでしょう。
はるかさんを傷つけずにはいられない気持ちの奥には、彼自身のプライドや弱さや哀しさや、いろんなものがあると思います。

まだしばらく、いろいろありそうなので、結論めいたことは言わずにおりますが、彼の攻撃を受け止め、処理するのは大変だと思います。

『無』でやり過ごしていいと思っているので、どうぞ、そのまま、はるかさんが「これでいい」と思うようになさってくださいね。

いつでもまた、メールをください。
かりんさんへのお気遣いもありがとうございました。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード