イグルー 『オーロラタロット』カード解釈

~隙のない安全な空間や時間・ぴったり寄り添う~

イグルー日本の降雪地帯には、雪で作る「かまくら」がありますが、似たような作りの家が北極圏のイヌイットの文化にもあります。それが『イグルー』です。

家といっても、ここに住んでいるわけではありません。イグルーは仮小屋です。

旅の最中、どこにもホテルなんてないし、人家もまばらな地域が多い極地ですから、一夜を過ごすためには避難所が必要です。

現代なら立派なキャンプ用のテントもあるでしょう。でも、大昔は防寒用具なんてありません。あるのは氷だけ……そんな時代からイヌイットは『イグルー』を作ってきました。

地面の氷を切り崩し、勾配をつけて積み上げて、立派で安全な家に仕立て、そこで一夜を過ごすのです。

 『イグルー』のカードは安全な空間を意味します。安心できる恋や、パワーをチャージするための場所憩いの場を表すカードです。

 たとえば、あの人の気持ちを表す場所に『イグルー』が出てきたら「今は安心してリラックスしている」と読めます。

ふたりの未来にこのカードが出てきた場合は「安定期に入る」と読んでもいいでしょう。

 ところで、イグルーは氷のブロックをレンガみたいに積んで作られています。みっちりと隙間なく積み上げることで、風や雪が家のなかに入り込むのを防ぎ、安全に過ごせる場所にするのです。

 ですから、このカードは「密着」とか「スキマのない状態」も表します。

順調ではない仕事について占ったときなら、「今後はびっしりスケジュールが埋まってくるよ」とか「集中できる環境が整うよ」とリーディングしてもよさそうですね。

また、「ギュッと抱きしめて安心させてほしい」という恋心が、このカードに表れている場合もあるでしょう。

ふたりきりになりたい気持ちの表れであることも。

冷たい氷を積み上げた『イグルー』から温かい光がこぼれ落ちている様子は、誰が見てもホッとします。 

悩みを抱えている友達を占ってあげているとしましょう。
このカードが出てきて解釈に迷った場合は、「とにかく、ホッとしていいよ。危険はなさそうに見えるカードが出てきたから……」というふうに、直感的なイメージを伝えてあげてもいいでしょう。

『イグルー』のカードを見れば、それだけで占われている相手も気持ちが和らぐはずです。

悪いことが起こりそうには見えないカードです。
この絵柄を見れば、厳しい人生のなかにも、ひと息つける時期があることを、スッと納得できるはずです。

この場所では(あるいは、この時期は)、心の鎧を脱いでも大丈夫――『イグルー』は私たちに、そんなメッセージを伝えてくれるカードです。

16イグルー キャプチャ※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにリンクをまとめています。

 
 

  
▼Yahoo!占い あなたにお勧めの人気メニュー 
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』
160820キャプチャ

 

レイ 『ハワイアンスピリチュアルタロット』

Lei

歴史を通じて、たくさんの民族を受け入れてきたハワイ。多くの人や植物、動物を受容する力にあふれたこの土地を象徴しているのがレイ。花や貝を繋ぎ合わて作られる首飾りです。このカードは「歓迎の意」や「繋がり」を意味します。その輪の中に生きる幸せも表すカードです。

 

h05_レイ

~keyword

他者を歓迎する/つながり/受容/新たなつながり/結びつく/広がる輪/人との交流が増す/結婚/祝福/思いやり/信頼/受け入れてもらえる/転職の成功

※40枚すべてのカードの解釈記事のリンクは『ハワイアンスピリチュアルタロット』各カードの意味にまとめています。他のカードの意味を探すときにご利用ください。

※『レイ』のカードを使った「現在」「過去」「未来」という項目別のkeywordと、「あの人の気持ち」「今日のあなた」の解釈については、拙著『聖なる島のリトリート~ハワイアンスピリチュアルタロット』(三空出版)にてご覧いただけます。実際の占いに使えるカード付き書籍です。

ハワイアンタロット書籍バナー3

レミング 『オーロラタロット』カード解釈

~解きがたいこと・誤解や推測・分かってもらえない苦痛~

レミングある日、好きな人や友達の態度が急に変わって、「えっ? どうして!? 何があったの?」と思うこと、ありますよね?

日々のニュースを見ていても、「どうしてまた、そんな事件が起こったの? さっぱり分からない……」と感じる「理解不能なこと」って結構あるものです。

真相が分かるまえに、いろいろな憶測が飛び交います。

ありえない事件だからこそ、ありえない解釈も出てきて、ますます人はその謎に惹きつけられてしまいます。

『レミング』は、こういった「解きがたいこと」「誤解」、「勝手な推測」を意味するカードです。

というのも、極北に住む小さな『レミング』は、生態がしっかり知られるまで、いろいろな伝説が生まれ、誤解をされてきた動物なんですね。

たとえば、集団自殺をするらしいとか、とんでもない遠いところから強い風に吹き飛ばされてくるらしいとか、「都市伝説」ならぬ「極地伝説」が多い生き物なのです。

さて、もう一度カードを見てみましょう。仲間たちの足跡が残っている大地に背を向け、なんだか、ちょっと拗ねているように見えるレミングの姿が描かれています。

小さな子供がすねるときって、親から「どうして、そんなに分からず屋なの!」と叱れて、「違うもん! 分からず屋じゃないもん!」というメッセージを発していたりするもの。理解されていない分かってもらえない、といった心境を、このカードが示していることもあります。

あの人の気持ちを占っているときに『レミング』が出てきたら、「なんだか拗ねているみたいだよ」とリーディングしてもいいかもしれません。

でも、まずは「誤解がある」、「理解できていない部分がある」というふうに読むのがオーソドックスなリーディングです。

ですから、仕事が上手く行かないことに悩んでいるとき、このカードを引いたなら、「何かしら誤解していることがある」と考え、自分の思いこみが間違っていないか、考え直してみましょう。

たとえば、この仕事が上手くいかないのは、あの人のせいだ……と思い込んでいるとしたら、実際は違う要因が大きな問題なのかもしれませんよ。

また、このカードは「謎に惹かれてしまう気持ち」も示します。

進行中の恋を占っているなら、「あの人のまえでは自分を少し謎めかしておくといい」という意味かもしれません。

誰かに嫌われたかも……と悩んでいるとき、『レミング』が出てきたら、「それは違うよ、誤解だよ!」ということ。あなたのその推測は間違っているということです。

IMG_3761※ポジション別のカード解釈キーワードは、アプリ版の『オーロラタロット』で占いをしていただくと、過去・現在・未来などのポジションに従って出てくる仕組みになっています。こちらもご活用ください。

※すべてのカードの解釈記事は、こちらにリンクをまとめています。

 
 

 
 
▼16年8月25日Yahoo!占い更新メニュー 
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』
160816キャプチャ

 

 

メールのお返事遅くなりました

201609018月もそろそろ終わりですね。
今月最後のダイアリーは、いただいたメールのお返事です。

たくさんメールをいただいたので今回は2度に分けて書かせていただいています。
みなさま、遅くなってごめんなさい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
こばゆさん、体調が回復されたこと、お知らせくださり、ありがとうございます。あぁ、よかった。安心しました。本当に驚きましたから……。

そして、彼とのやり取り、確実に変化してきていらっしゃるのですね。
こばゆさんから連絡しなくなったことで、彼のほうが少し積極的にならざるをえなくなっている様子が、いただいたメールでよく分かりました。

彼からの「プライベートでも関係を深めていきましょうよ」という言葉には驚きました。

でも、そういうセリフにさえ、有頂天にはなれないこばゆさんに、これまでの経緯を知っている私もやはり、それはまぁ、そうだろうと納得しています。

恋心とは本当に不思議なものですね。
どうにも抑えきれずに悩むときもあるのに、ふっと小さくなって、もう悩むことなく手放せそうな気がしてくる――「大雨で舞っていた砂埃が地に収まったようです」という、こばゆさんの言葉が印象的でした。

一枚、カードを引きました。ハワイアンです。
出てきたのは『ナイア』。自由に泳ぎ回るイルカたちを描いたカードです。
まさに今は、魂を自由に遊ばせ、周りにいる方々と楽しく交流していくことが、こばゆさんに必要なことなのでしょう。

ですから、新たな世界に心が向かい始めたこばゆさんの様子に、私はそれでいいと思っております。
運命の流れに身を任せる勇気を持ち、日々を大切に積み重ねてこられたからこそ、こういう気持ちになれたのですから。

いつもこうして丁寧に、自分のお気持ちを綴ってきてくださったこばゆさんに感謝しています。

ますます多くの出会いに恵まれていかれますように……。私もずっと、こばゆさんの人生を応援しています。

hawaiian2_ban_01

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ぴよさん、お久しぶりです。

最後にメールをいただいたのは今年の2月でしたね。
まさか、その後、ご自宅が火事に遭われていたとは……言葉を失いました。

実は私も20年近くまえ、火事で自宅を失ったことがあります。
ぴよさんと同じで、けが人や延焼はなかったし、たくさんの方の支援が身に染みて、あっという間に心が立ち直ったこと、思い出しました。

あのとき、随分多くのものを失ったのに、失恋などよりずっと早く元気になれた自分が、とても不思議だったことも思い出します。

ですから、ぴよさんが書かれている「本当に不思議なんですが、以前より環境もよく格段に暮らしやすく、すべて良い方向に進んでいます」という言葉の意味、少し分かる気がいたします。

とはいえ実際のところ、いろいろと大変だったことは間違いありません。暮らしが無事に再生できて本当によかったですね。

こういう現実的なことでは何のお力にもなれず申し訳ないですが、こうしてまた、連絡をくださって、とてもうれしく思っております。

オーロラタロットが増えたことなどにも気づいてくださっていて、うれしかったです。

「微妙な彼」との「微妙な関係」がちゃんと続いていることも、なんだかホッとしました……。

唐突なアクシデントに見舞われることもあるのが人生。でも、「特別で大切な人」が存在していることが、ぴよさんの魂に気力を与えてくれますように。

そして、つつがない暮らしが続いていきますように……心から祈っております。
いつでもまた、メールをください。

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
めぐたさそん、こんにちは。

同棲、スタートできたのですね。それはおめでとうございます。

とはいえ、彼の会社も、めぐたそさんのご実家も、いろいろな御不幸があったようで、大変でしたでしょう。

慣れない2人暮らしの段階で、これだけ次々と問題を乗り越えていくのは大変だったと思います。
心を通じ合わせ、助け合って暮らすという貴重な経験をされた2人ですから、絆も深まっていらっしゃるはず。

めぐたそさんご自身は、「まだまだ彼を理解してあげられない……」と悩んでしまわれているようですが、そんなふうに自分を責めないでくださいね。

初めて他者と暮らすのです。
何をしてあげていいか分からないこと、相手の習慣に苛立つこと、価値観の違いでぶつかること――あって当然だと思います。

めぐたそさんは偉いですよ。
相手のことを勝手に「分かったつもり」になってしまう人は多いもの。「まだまだ何も分からない……」と思っているくらいが調度いいと思います。

いつも真剣に仕事や恋に向かっていき、そこでいろいろな気づきを得て、自分を顧みて……ダメ出しを自分にしながらも、前向きに生きていらっしゃるめぐたそさんを応援しております。

私も「駆け込み寺」でいられるように頑張りますね。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june’s Diary」の転載です。詳しくは「june’s Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

 

ロケラニ 『ハワイアンスピリチュアルタロット』

Lokelani

「ロケ(loke)」はバラ、「ラニ(lani)」は天国。ロケラニとは「天国のバラ」という意味のハワイ語です。この素晴らしい名前をハワイアンから授かったこの花は「愛される存在」のシンボル。チャーミングな魅力にあふれた人や、幸せな恋を意味します。

f03_ロケラニ

~keyword

かわいがられる/受け身/苦労知らず/好意的/順応する/チャーミング/たくさんの視線/誰からも好かれる存在/ぜいたくな時間/パーティー/気品/幸せな恋

※40枚すべてのカードの解釈記事のリンクは『ハワイアンスピリチュアルタロット』各カードの意味にまとめています。他のカードの意味を探すときにご利用ください。

※『ロケラニ』のカードを使った「現在」「過去」「未来」という項目別のkeywordと、「あの人の気持ち」「今日のあなた」の解釈については、拙著『聖なる島のリトリート~ハワイアンスピリチュアルタロット』(三空出版)にてご覧いただけます。実際の占いに使えるカード付き書籍です。

ハワイアンタロット書籍バナー3