夢を持っているほうが、夢を持たないよりも幸せになれる理由

「叶えたい夢をハッキリと思い描くと、その夢は叶う」といいます。

でも、100パーセント絶対ではありません。

夢を頭に描いただけで実現できるなら、それは魔法です。

それでもやっぱり、「夢」を意識すると、その夢が叶う確率は上がります。
なぜなら、頭に描いた夢があると、それに関係することに自然と目が向くようになるからです。

なにしろ、「見たいものを見る」のが人間です。

道を歩いているときも、ドライブしているときもそうですが、見たくないものや、関心がないものは目に入ってこないもの。

たとえ入ってきても、脳が無視します。
そこに“意味”を見出さないのです。

夢を叶えたい気持ちが強いときは特に、「その夢に関係ないもの」は目に入ってこなくなるでしょう。

たとえば、新しいスカートを買いたいときは、どの店にいってもスカートばかりが目に入りますよね。
素敵なスカートの横に素敵なコートがかかっていても、目に留まらないことがあるはずです。

そんなふうに無意識のうちに私たちはいつも情報を選別しています。

さて、情報やヒントがたくさん集まってくると、夢は叶いやすくなります。

それは、たとえば「素敵なスカートがほしい」といった、ハッキリした目的意識を持って買い物している人と、なんとなく、ぼんやりとした意識で店を見て回っているだけの人では、センスの磨かれ方が変わっていくのと同じことです。

ですから「夢を持つ」というのは、想像以上に大事なことです。ハッキリした夢があるほうが、ぼんやり生きているより幸せになれるのですから。

ただね、内容によっては、「夢を持っていること」がフラストレーションに変わることもあります。。

たとえば、「私も早く恋人がほしい!」
という夢をあなたが今日から持ったとします。

すると、昨日までは気にならなかったのに、街を歩く恋人たちの姿に目が向くようになったりします。そのため、独り身の自分が突然、ミジメになってきた……なんていうこともあるわけです。

とはいえ、夢に向かう途中段階に「ミジメさ」はつきもの。

なにしろ「夢を持つということ」は、「今の自分に満足しないということ」であり、「今はまだ恋人がいない自分」や、「まだ幸せになっていない現状の自分」をね、改めて、ありありと感じることなのです。

ですから、この「ミジメさ」というフラストレーションに耐えきることも、夢を叶えるための大切なステップなんですね。

「今の私はまだ、恋人も幸せも成功も得ていない状態だけれど、今に見てろよ!」と上を向くこと――その前向きさに宿る強い気持ちをね、人は“希望”と呼ぶのです。

夢持つことを恐れずに、
希望を抱くことを忘れず、
一度きりのあなたの人生を輝かせていってくださいね。 

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット』

 

やまさんへのお返事です

毎日毎日、寒いですね。

冷たい空気には慣れてきたものの、やっぱり春が恋しくて……。
この時期は毎年、春に恋焦がれてしまう私です。

さて、今週もメールのお返事をひとつ書かせていただきました。

それから、初めてメールをくださった、ありみのさん、みちさん。
お待たせしておりますが、お悩み相談コーナーのほうに回答が掲載される予定です。

あとしばらくお待ちいただければ幸いです<(_ _)>

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
やまさん、こんにちは。

回答を読んでくださって、私のアドバイスを役立ててくださり嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございます。

活用できそうなアドバイスを選び、それを自分なりにアレンジして挑戦されているご様子を読ませていただいて、やっぱりやまさんは賢く素敵な女性だな、と改めて思いました。

もう一度、お悩み相談のほうに回答すると、ひと月ほどお待たせしてしまいますので、今回は短くなって申し訳ないのですが、こちらに書かせていただきますね。

「二人のそれぞれの現状などから何か注意することなどアドバイスいただければ……」
とのことですので、カードを2枚引きました。

まず、彼の現状を示しているのは『乱氷』です。

これは、“状況の乱れ”を意味します。

いつも通りにいかないことが多かったり、計画した通りに物事が進まなかったり……そのせいで、いろんな混乱、フラストレーションが心にはありそうです。

ムシャクシャを晴らしたい気持ちがね、ときどき出ていると思います。

周りに当たり散らすようなタイプではないでしょうけれど、ときどき言葉にトゲが出たりすることはあるかもしれません。

「まぁ、彼も気が立っているのかもしれないな……」と、そんなふうに広い心で受け止めてあげられたらいいですね。

もちろん、そんなふうに気を回すゆとりがやまさんにもない日だってあると思います。
そういうときは無理をなさらなくていいですよ。

なにしろ彼って心配されるのも得意なほうではありません。
心配して気を使われるよりは、放っておいてもらうほうが気がラクなタイプなのです。

いっぽう、やまさんの現状を表すカードは『キビアック』。
これは“時間をかけて熟成していくこと”を意味するカードです。

いろんなことがゆっくりと実になり始めている時期を今のやまさんは通過していらっしゃいます。

うまく出来なかったことのコツがだんだん分かってきた! とか、
分からなかったことが少しずつ理解できるようになってきた、とか。

そういうジワジワとした小さな喜びが多い時期がしばらく続きますよ。

「地味な喜び」です。でも、こういう喜びって、心に希望を与えてくれるもの。

「ゆっくりと頑張っていけば、いつかは上手くいくんだ」という自信がね、やまさんのなかで今、確実に育っているんですね。

ですから、うまく行かないことや辛いことがあっても、否定的に考えず、「今すぐは上手くいかなくても、待っていればきっと大丈夫」と考えることを習慣にしていかれるといいですよ。

そういう考え方を心に染みつけていくことが彼との恋にもきっといい影響を与えるでしょう。

またいつでもメールをくださいませ。
どんなことでもできる限り、お答えいたしますので、遠慮なくどうぞ!

やまさんの恋、これからも応援しています。

aurora_ban

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

かりんさん、けいこさんへのお返事です

年が明けたとたん、寒くなりましたね。

今年はニット帽と皮手袋を買いました。これで“ホカホカ度”が一気に上がったので、厳しい冬を越えていけそうな気がしています。

みなさまからいただく温かいお便りも、冬を越える力になっております。
いつもありがとうございます。

二度に分けて、お返事書かせていただきました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
かりんさん、こんにちは。

前回いただいたメールの回答がお悩み相談に乗るのと入れ違いで次のメールをいただいておりました。

お返事が遅いせいで、行き違いになってしまってすみません。

職場の人たちのかりんさんへの態度、本当にひどい話ばかりで……。

実は私、かりんさんがお勤めの会社の別の支店の内側を見たことがあるのですが、そこもまた、他人から見ると信じられない光景の職場でした。

みんな、口汚く同僚をののしりながら働いていて、私たち外部の人間は、唖然としてその様子を見ていたのです。

ですから、かりんさんの職場のお話を最初に聞いたとき、「ああ、あのころとまるで変わらない体質の会社なんだな……」と感じ、少し気落ちしてしまいました。

別に私がいじめられているわけではないけれど、あの光景は誰が見ても気持ちのいいものではありません。

きっとね、会社の体質も関係しているのだと思います。
なにしろ、私がよその支店で目撃したのは実にもう20年も前の話です。
「弱い者いじめ」というものが、上から引き継がれている伝統なのかもしれません。

でもね、かりんさん、こんな日々が終わるときは必ず来ます。
どんなことも永遠ではありません。
ものごとは何もかも、必ずいつか終わるものだからです。

とはいえ、ずっと続いてきた会社の体質を、かりんさんをいじめる女性リーダーは受け継いでいるのですから、数年で簡単に終わるとは思えません。

それでもかりんさんが
「へこんでも、起き上がりたいし、続けたいです。」
という強い意志を持っていらっしゃる限り、かりんさんが解放される日が1日も早く来るように私はずっと願っていますし、ずっと応援しております。

どうぞがんばってくださいね。

aurora_ban

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
けいこさん、こんにちは。

書いていただいた彼のメールを読んでみての私の中から湧いてきた最初の感想は、
「これじゃあ、いくらなんでも他人行儀すぎるし、ガッカリしちゃうのは当然でしょ!」というものでした。

どうやら、“リップサービス”というものが彼の辞書には存在しないみたいですね。。

続いてカードを引いてみたら、今回は『ジャコウウシ』が出てきました。
これは「防衛心」を意味するカードです。

やっぱり心のどこかで彼はけいこさんを寂しがらせていることを分かっているだと思います。
そして、心がチクチク痛んでいるのでしょう。

ところがね、
「だけど、僕が悪いわけじゃないよ。今の僕は仕事で手一杯なだけで、気が変わったとか、浮気したとか、そういうことでは全然ないんだから、責められる筋合いじゃない!」
みたいなね、妙な “保身の言い訳”を、彼は心のうちでしているようなんですね。

そんなわけですから、今のけいこさんが思っておくべきなのは、
「言い訳なんていいから、早く仕事を片付けて、私のために少しは時間を作ってよね!」と、心の中で軽くぷんすか、怒っておくことなんですよ。

ここでけいこさんが、「いったいどうして冷たいの? 私のこと、嫌いになっちゃたの? 会いたくはないの?」と不安になったり、落ち込んだり、悲しくなったりしてはいけまん。
……っていうか、別にいけなくはないのんですが、「その必要はないよ」とカードは伝えてくれています。

ですから、とりあえず、
「まったくもう、あなたって多忙が続くと、すぐそうやって保身に走って、私に冷たくなるんだから! そういうところは嫌いだからね!」と、心の中でつぶやいてみてください。
そのうえで、
「でも、許してあげるよ。大好きだよ!」と、言ってみてほしいのです。

こんなふうに明るく軽やかに怒っておいてください。今はそれでいいですよ。

大丈夫。いつもと同じです。
心にゆとりが出てくれば、「会いたい!」という言葉が必ず彼の口から出てきますから待っていましょう。

寂しいときは私にグチをどうぞ。
恋しいときも私に語ってください。

この谷をまた一緒にしっかり乗り越えていきましょうね!

hawaiian2_ban_02

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード