自分の悩みを「書くこと」は、それだけでも癒されること

無料のお悩み相談コーナーをはじめて7年になります。

最初のころは、たくさんの方からどっさりメールをいただきました。

全員に即座にお答えできるわけもなく、そうするうちに、応募も減ってきて、けれども完全に途絶えることはなく、気がついたら今みたいな感じになっていました。

「今みたいな感じ」というのは、
「やり取りの数こそ毎月少ないものの、それなりに濃密な言葉を交わし合う感じ」のことです。

みなさん、このコーナーの過去のやり取りを参考に、悩みを書いてこられるのだと思います。

そのため、最初のうちは「彼の気持ちが知りたいです。よろしくお願いします」みたいなメールもあったのに、今ではかなりの長文をいただくことが多くなりました。

詳細を綴ってくださった長いメールは大歓迎です。

そうしていただくと、このコーナーを読まれている方々も、「私の悩みと似ているな……」とか、「そんな辛いことってあるんだ……」と思って共感してくださるし、私も具体的な回答が書きやすくなっています。

ところで最近、トラウマに関する分厚い本を読んでいました。

(タイトルは『身体はトラウマを記憶する――脳・心・体のつながりと回復のための手法』ベッセル・ヴァン・デア・コーク著 紀伊國屋書店)

その本のなかに、
「言葉の癒し効果」について書かれている章があります。

苦しい経験をしたときは、辛い気持ちから目を逸らさず、その体験について書いてみること――そうすることがいかに大事で、いかに大きな癒しをもたらすかが、その章に書いてありました。

そこには、ヘレン・ケーラーの話も出てきます。

家庭教師のサリヴァン先生の努力で「言葉」に目覚めたヘレンは、自伝のなかに、その喜びを書いているのですが、この本の著者はそんなヘレンの喜びについて、「共感」という言葉を使っているのが印象的でした。

誰にも理解してもらえない……それって苦悩につきまとうものですが、言葉で語ることができたなら、それを誰かに伝えられるわけで、「誰かに分かってもらえる可能性」を私たちは見いだせます。

それがね、救いになるわけですね。

それだけではありません。

この本のなかには、実際に自分のトラウマ体験を書いてもらう、という実験を研究室の学生たちにしてみたら、書いただけで気分がよくなり、免疫力も上がって、心身ともに健康を取り戻せた実証結果が出てきます。

誰かに読んでもらったわけでもない場合でさえ、本当に「書く」だけで癒えるのです。

今のあなたが深い苦悩を抱え、どこにも持っていきようのない気持ちに襲わたり、何ともやるせない毎日が続いていたりするなら、「今の私はこんな苦痛を感じています」といった想いを、とにかく綴ってみてくださいね。

書くという行為が苦境を抜ける一歩になるかもしれませんよ。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『涙零れる感動の的中予言【ジューン澁澤】シャドーキャット・タロット』

人間関係に悩んでいるなら、「してあげる」より、してもらいましょう。

与えるだけでも、もらうだけでもダメ。
それが大人同士の関係です。

友達同士もそうだし、恋人同士もそう。

もちつ、もたれつ、お互いを必要とし合える関係でなければ続きません。

こう聞くと、いまどきの女性はたいていマジメですから、「そうか、相手にもたれかかってばかりにならないようにしまきゃ……」と考えます。
そして、一生懸命、友達の愚痴を聞いてあげたり、恋人の世話をしたり、「してあげること」に力をいれがちになります。

もちろん、「してあげること」は大事ですが、人間関係の悩みを聞いていると、「してもらっていないこと」に悩んでいる人が圧倒的に多いんですね。

相手から大事にしてもらっていない感じがしていて、それを不満に思っているのに、ますますこちらが尽くしてしまえば、「もちつ、もたれつ」のバランスの崩れは加速してしまいます。それでは上手く行きません。

「なんで私ばっかり……」という不満を心のどこかに抱えているなら、まず、尽くすのをストップしてくださいね。

そういうときに意識すべきなのは、「してもらうこと」。
どうすれば相手から、あなたがしてほしいことをしてもらえるようになるか――これをじっくり考えましょう。

こういうことをじっくり考えるのは面倒なことではあります。
それよりも、今までのパターン通り、ひとまず自分が尽くし続けて、相手からの“お返し”をじっと待つほうがラクはラクなんです。

でも、それでは確実に関係が歪んでくるし、忍耐にも限度が来てしまいます。
ですから、面倒でも一度、立ち止まりましょうね。

まず相手に「してもらたいこと」を考えましょうか。

こういうと、「そんなの、いっぱいあるわよ!」と思う人は多いかもしれません。

「バイト先の友達には、私ばっかりじゃなく、彼女のほうも面倒な仕事を少しは引き受けてほしいと思っているし、長らく暮らす夫には、洗い物くらいしてほしいとずっと思っているし!」というふうに。

だけど、そう思っているのに口に出して言えないのはなぜでしょう?
あるいは、「言わなくても分かってほしい」のはなぜでしょう?

あなたの心の奥のどこかに、「相手にそういうことをしてほしいと要求するのは悪いことのような気もする」という抵抗感があるからかもしれませんよ。

そこに何か深い理由がある場合もあります。でも、大抵は、もっと簡単なこと。「他人に要求する」ということに慣れていないだけだったりするのです。

ですから最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまうのが一番なのです。
「次のときは、この仕事お願いしていいかな?」とか、「今日も洗い物してくれる?」とか、シンプルに要望だけ言ってみてくださいね。

ややこしい前置きは一切いりません。
ここでいきなり、「ずっと言えなかったんだけど、実は不満に思っていて……」といった気持ちを一気にぶちまけるのは止めましょう。

「私がやればいいんだけれど、でもちょっと体調が……」といった「お願いするにあたっての事情」をわざわざ話すことも必要ありません。

ただ、やってほしいことを言うだけ。本当にそれだけです。

たぶん、相手はやってくれると思います。
ところがあなたは、やってもらったことを居心地悪く感じるでしょう。

それもまた「してもらうことに慣れていないから」なのです。
ですから、気にしないでくださいね。

そして、この調子でどんどんお願いを続けましょう。お願い上手になれるまで、突っ走ってみてくださいね。

そうこうするうち、あなたは「してあげること」も「してもらうこと」も得意になると思います。

実は、この2つが同じくらい得意な人って、すごくモテるんですよ。本当に。

みんな、その人との関係を重く感じません。してあげたり、してもらったりを繰り返していると、どちらかいっぽうが不満や負い目を抱えないで済むから、関係性がスッキリしていて心地いいのです。

もう一度、繰り返しますが、友達や恋人との関係に悩んでいる人はたいていマジメな人。
してあげることが多すぎて、してもらい足りていないのです。

あなたもそうかもしれません。
上手に、スマートに、「これして!」を言えるようになれたらいいですね。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『涙零れる感動の的中予言【ジューン澁澤】シャドーキャット・タロット』

新年のひと月にやっておきましょう! 開運を招くアクション

2019年の最初のダイアリーは、「開運」につながるお話にしようと思います。

雑誌やネットで、開運方法を探してみると、「これを買うといい」というお話にたどり着くことが多いですね。

品物や旅のツアーの宣伝を兼ねた開運記事が多いのは、いわいる“大人の事情”なのかもしれません。

本当は新しい財布やらパワーストーンやら、ご利益のあるものを買わなくたって「開運」は可能です。

特に、年が明けたばかりの1月中は開運につながるアクションを取っておくと、確実に運が開けてくるとき。ぜひ、実行してくださいね。

「で、何を実行すればいいの?」となりますよね。
でも、何を実行するかは人それぞれなんですよ。

というのも、「年明けの開運」で大切なことは“チャレンジ”だからです。

つまり、「よし、これにチャレンジしよう!」と思えることなら何でもいいわけです。

たとえば、
「よし、今日は試したことのないヘア・アレンジにチャレンジしよう」
とか、

「よし、おかずを一品多く作ることにチャレンジしてみよう」
とか、

「よし、彼に連絡するのを1日止めることにチャレンジしよう」
とか。

 

とにかく、あなたにとっての開運アクションとは、今までやっていないせいで、少しだけ面倒だったり不安に感じること。でも、だからこそ、トライしてみると、「やったぞ! できたぞ!」という満足につながることです。

そうやって生まれた自信こそが開運の一歩。

きっとね、「なんだか今年の私は何だってやればできる」という気がしてくるはずです。

 

こういう“自己暗示”が強まると行動力も自然と強まっていくものなんですね。

そうなれば、今までつかめなかったチャンスや幸運をキャッチしやすくなっていくので、開運効果をジワジワと実感していけますよ。

 

そして、“よき循環”も起こります。
「何かにチャレンジしたこと」が幸運に繋がった感じが強まっていくと、ますますいろんなチャレンジをしたくなっていくんですね。

 

というわけで、まずは毎日、小さなチャレンジを続けてください。
それだけのことで今年のあなたは「最強のあなた」になっていけるはず。。

この新しい年があなたにとって素晴らしい1年になりますように……。
今年もよろしくお願いいたします(^^)/

 

◆Yahoo!占い【オーラロタロット】2019年のあなたを占います!