キョロキョロできるって、心が元気な証拠です~五月病を防ぐプチ対策

連休明けの“気だるさ”が、あちこちに漂う時期ですね。

5月病になりやすい季節ですから、心を前向きにしておくコツをひとつ。

ユウウツなときって、いつの間にか視野が狭まっているものです。
「目の前の悩み」だとか「面白くない現実」にばかり意識が向くようになっているんですね。

そんなときは広い視野を取り戻すことが一番。
そのためには遠くを見るのが効果的です。

地面ばかり見つめて歩いていることに気づいたら、青空を見上げてくださいね。

あるいは、視野の左右に広がる景色に目を向けるようにしてみましょう。

上を見たり、横を見たりすれば、黙々と歩いていると気づかないまま通り過ぎてしまうものたちがいろいろと目に入ってくるでしょう。

それだけのことで、あなたを取り巻く世界は広いことを思い出せるはずです。

元気なときって、自然とキョロキョロしているもの。
「何か楽しいことはないかなぁ」とか、「可愛いものが売っていないかなぁ」と無意識のうちに周りを見回していますから、幸せを発見しやすいのです。

それが続いているときは大丈夫。
でも、「最近、楽しいことを見つけたいと思ってさえいないな……」と感じるときは注意しましょう。気持ちが沈み始めているのかもしれませんよ。

早めに気づいて意識的にキョロキョロすれば、ユウウツの沼から抜け出すものがきっと視野に入ってくるでしょう。

小さなことでもいいのです。
街を歩きながら、「あの人が履いているあのスカート、私にも似合うかも……」とか、そんなことを考えられるようになったら、もう大丈夫。5月病とは無縁にこの時期を過ごせると思います。

深い悩みを抱えていらっしゃる人も、キョロキョロしましょう。
“希望”がね、この広い世界のどこかにあることを、あなたの目が発見できますように。。

みちさん、なおさん、めぐみつまめさんへのお返事です

緑が美しい素敵な季節になりましたね。。

魂を癒してくれる新緑を眺めて過ごす時間を少しでも作って、みなさん、元気でいらしてくださいね。

今月もまた、いろんなメールをいただきました。
2回に分けて、お返事書かせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
みちさん、こんちには。

結婚式、無事に楽しんでこられてよかったですが、帰りの電車で起こったハプニングのせいでパニック発作になってしまわれたとは!

彼もいるところだったのですね。大変でしたね。

でも、彼の優しさに触れられて嬉しかったところもあるでしょうし、とはいえ、見られたくない姿を見られたような恥ずかしさもあるのでしょうし、なんとも複雑なお気持ちでしたでしょう。

動揺されたのは当然だと思います。
一生懸命書いてくださって、ありがとうございます。

お尋ねの件については別途、お返事を書かせていただきますが、掲載が来月になってしまうので、ごめんなさい。それまでお待ちいただけますでしょうか。

改めてまた、お悩み相談コーナーのほうをご覧いただけますと幸いです。

 

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なおさん、こんにちは。

3月末に彼との逢瀬のひとときがあったのですね。

ただ、濃密な愛を交わせば必ず、そのあとに寂しさや不安が募ってしまう、というなおさんのお気持ち、切ないですね。

大好きな彼との時間でなくても、楽しいひとときを送ったあとは、日常が辛く思えるものだし、「果たしてもう一度、あの時間を過ごせるのかどうか……」と、未来が急に心配になったりして、イヤな気持ちが強まる経験は私にありますから、分かります。

でも結局、人生とは「同じことの繰り返し」なのかもしれません。

幸せのピークと、そのあとに訪れる谷と、もう一度ピークに上れるかどうかを不安に思う気持ちと、その不安を越えて、再び幸せにたどり着くときの喜びと……。

このサイクルがクルクルと回り続けて20年が経つなんて、ある意味、奇跡のような愛を育ているおふたりです。
素晴らしい愛を彼と築いていらしたんですね。

それから、地元でなおさんを慕ってくださる方とも、気さくで危険のないおつき合いを上手になさっているとのこと。
それで少しでも寂しさが和ぐといいですね。

これからもモテるなおさんでいらしてください。

そちらは連休のころに桜が咲くのですね。
どうぞ美しい景色を堪能なさってくださいね。

「寂しがっている暇はありません」
という、ちょっと強がるなおさんも、また凛として、とても素敵だと思います。

ではまた!

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『涙零れる感動の的中予言【ジューン澁澤】シャドーキャット・タロット』

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
めぐみつまめさん、こんにちは。

私ね、今回は、めぐみつまめさんからいただいたメールを読んで、心の底からホッとしました。

辛かったですよね。
罪の意識もそうですが、きっと大きな喪失感に包まれていらっしゃると思います……。

でも、間違っていないはずですよ。

天に帰っていた存在は、来るときを間違えたのだと知っていて、無垢なままに次の行き先へと進んでいます。心配はいりません。

どうぞ自分を責めないでくださいね。

自分を責めれば責めるほど、人はますます悪いスパイラルにハマります。

大事な家族にも笑顔を見せられなくなり、心配をかけ、不安にさせて、そんな自分をますます責める……という悪い循環にハマってしまうのです。

そういう悪循環に自分を置いてはいけません。
そこからなんとしても、這い出しましょうね。

「助けてください!」という、めぐみつまめさんの言葉、今回も心に染みます。

もちろん、助けて差し上げたいと思います。
そのために、めぐみつまめさん自身にやってみていただきたいことがあるんですね。

後悔や罪の意識ではなくて、「希望」を書いてみてくださいますか?

「これからは、こういう自分になりたい」という抱負をね、書いてみることが、今はきっと救いになりますよ。

書けましたら私に送っていただけたら嬉しいです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

彼が急に冷たいとき……心変わりを疑うまえに考えてみたいこと

恋をすると相手の態度に戸惑うことって必ず出てきますよね。

たとえば、いつも優しい彼が急に冷たく感じることがあって不安になったことはありませんか?

また、「今日の彼はなんだか普段とムードが違っている……」と感じることがあったりね。

そういうのってきっと、みなさん、あると思うのです。

こういうとき、多くの方が疑うのは、相手「心変わり」や「浮気」です。

なにしろ、いつも優しい彼から急に冷たくされたら、「私を嫌いになったのかも……」と思いたくもなるものです。

また、普段の彼とはガラッと雰囲気が違う彼の様子を見たら、「何かおかしい。。まさか浮気している?」と疑いたくなってしまったりするでしょう。

「それ以外に考えられない!」と思うかもしれません。
でも、前回のダイアリーで「多重人格的な私」というお話をしました。

その話に当てはめてみると、彼の態度の変化は「心変わり」や「浮気」とは限らないことが分かってくるはずなんですね。

まず簡単に復習しましょう。。

「多重人格的な私」というのは、「誰の心のなかにも、いろんな自分が存在する」という想定のこと。

たとえば、ひとりの人間の心のなかに、天使のような部分もあれば、悪魔みたいな一面もあるのはよくあることです。

それってつまり、自分のなかに「天使さん」と「悪魔くん」が同居しているわけですよね。

その他にも、「理性的でまっとうな私」と「ワガママで言うことを聞かない私」がいたり、もっといろいろな人格も私たちのなかに存在しているはず。

そういう人格のひとつの例として、前々回のダイアリーで、ネガティブな感情にしがみつきたがる「執着さん」という人格のことを書きました。

そして、前回のダイアリーでは、いつもの自分だったらしないことをやらかしてくれる「ごきげんナナメちゃん」という人格を書いてみました。

そんなふうに、いろんな性質の別人格が誰の心のなかにもいるのだと考えてみることが、自分や他人の気持ちの理解につながるんだよ、とそんなことを前回、お話ししたのでした。

さて、復習はここまで。

では、彼の態度が急に冷たくなったとき。
……普通はやっぱり、心変わりを疑います。

けれども、彼にだって「多重人格的」なところがあるとすると、どうでしょう?

いつもの優しい彼は、「理性的でまっとうな人格」の現れです。
そういう日がね、8割はあるけれど、でも他の2割は別の人格が彼を支配している可能性が。

そして、彼のなかにも、ちょっとしたことで不機嫌になりやすい「ごきげんナナメちゃん」のような人格は潜んでいるかもしれません。

その人格がひょこっと顔を出しているときの彼に、初めてあなたが会ったときには、彼の冷たい態度にあなたはショックを受けるでしょう。
そして、「嫌われたかも……」と思ってしまうはずです。

ところが次の日に会うと、彼の様子はいつも通り。
なんだかわけが分かりません。

でも、彼の人格が切り替わっていたと考えれば納得がいきますよね。

彼は別に、あなたを嫌いになったわけではなくて、機嫌の悪さをあからさまに出す人格が、そのときたまたま表面に出ていたのです。それで、あなたへの態度が一時的に変わったわけです。

こういうのはよくあること。

あなたにだって、「昨日の私、いつもと違って、みんなの前で不機嫌になってしまった。ああ、やっちゃったな……」と感じることってあると思います」
それもまた、「ごきげんナナメちゃん」が表に出ていたからなんですね。

反対だってよくあること。

いつもは不機嫌なのが普通な彼が、突然、ニコニコ機嫌よく振舞ってきて、しかもすごく優しかったりして、「なに? 浮気でもしている?」と疑いたくなる場合です。

この彼の場合は、日ごろから「ごきげんナナメちゃん」が8割がた、表に出ている人なわけですが、ときどき、とてつもなく優しい「天使さん」が現れることがあって、この優しさに触れてしまうと、「いろいろ、ヒドイ男だけど、やっぱり彼を嫌いになれない……」となってしまったりするわけです。

どうでしょう?
あなたの彼にも当てはまる話はあったでしょうか?

今ちょうど、この「多重人格的な人間の心の構造」を踏まえて、オーロラ・タロットの新しいメニューを書いているところです。

いろいろと矛盾だらけに見える彼の心のなかに、いったいどんな性質の人格が潜んでいるかを暴いていくメニューになるはず。

どうぞお楽しみに。。