ブログ

めぐひこさん、すまいるさんへのお返事です

8 月最初のダイアリーも引き続き、メールのお返事になります。

みなさんからいただくメールの数々、いつも楽しみに読ませていただいています。

どんな悩みでも頼っていただければ嬉しいです。
悲しい報告でも、嬉しい報告でも、共有させていただけたら、それもまた嬉しく思います。

これからも、相談でも、それ以外のことでも、なんでも気軽にお送りください。

ちょっとお返事に時間がかかってしまうのが申し訳ないのですが、こんなふうに、いろいろな方と交流を続けていけたら幸せです。。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
めぐひこさん、こんちには。お久しぶりです。

「仕事も恋愛も、これからどーなるのか全く希望も何も見えません。」
とのことですが、
それに続いて、
「一言、言いたかった事は、疲れた! コレですね(笑)」
と書いていらっしゃって、ふむふむ。

悲観や不安はあるけれど、自分の状況を笑うだけの「心のゆとり」はあるみたいで、安心しました。

でも、きっと本当に、いろいろおありだったのでしょう。

「あーもー疲れた!」
と言いたくなるときって、確かにありますよね。

でも、近ごろのめぐひこさんが経験されたことも数々は「疲れ」だけをもたらしたものではありません。

一枚カードを引いてみましたが、現れたのは“成長”を意味する『ウル』です。

大変なこと、苦労したこと、哀しかったり悔しかったりしたけれど耐えたこと――どれもこれも、めぐひこさんの心を強く、たくましく成功させてくれる糧になっていますよ。

筋トレをされたことってありますか?

強い負荷を体にかけると、数日ほどは筋肉痛で苦しみますよね。

そこから快復しても、たいして筋肉がついたようにも思えないし、再び負荷がかかれば、また筋肉痛。。

あぁ、もう疲れた!
いくらやっても変わらないし、こんなんじゃ未来が見えない……と思えます。

でも、その繰り返しは確実に体を強くしています。

あるとき自分が今までよりも、疲れづらくて、健康で、パワフルになってきたことを気づくのです。

めぐひこさんの心にも、こういうのと同じことが今、起ころうとしているのでしょう。
『ウル』のカードはそう伝えてくれているんですね。

今は希望が見えないかもしれませんが、不安に思わずにいらしてください。

「そのうち、希望も喜びも見えてくるさ!」と楽観なさっていていいですよ!

冬生まれのめぐひこさん、もしかすると夏は苦手かもしれませんが、この夏を越えたなら、また違う景色が見えてきます。どうぞ頑張ってくださいね。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『心震える奇跡鑑定!【ジューン澁澤】最果ての神秘・オーロラタロット


 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すまいるさん、こんにちは。

こちらこそ、お返事の感想を、こうして送ってきてくださって、ありがとうございます。

読んでくださったのが分かって嬉しいです。

とはいえ、私からのお返事は、すまいるさんを妙に現実的な気持ちにさせてしまったみたいで、ちょっと申し訳なかったような気もしております。

彼が「失うものの多い年ごろ」であると書いたのは、「だから、リスキーな恋に向かない」と言いたかったわけではありません。

そもそも「恋」というのは、どんなリスクを冒してでも、相手の気持ちを得たいという強い気持ちを沸かせるもの。

すまいるさんが好きな彼だって、本気になれば、あらゆるリスクなど忘れてしまわれるかもしれません。

ただ今のところはまだ、「自分が大事」な気持ちのほうが、恋にのめり込む熱量よりも大きいようだとな、このまえ出てきた『クラウン』のカードは伝えています。

つまり、(私の言い方が悪かったのですが)、「失うものの多い年頃」というより、「若さゆえのプライドが、失敗を恐れる気持ちを強める年頃」といった感じです。

「この恋が始まってから、何度も何度も自暴自棄になりました。」
とも書いていらっしゃいますが、そうですよね。

ひとりでお子さんを育てながらの日々。
頼れる人がほしいシーンもたくさんあったでしょうし、そうでなくても、片思いって、いろいろと切ないもの。

なにもかもイヤになってしまうような想いをたくさん経験されたのに、それを越えて、こうして彼を想い続けてこられたのです。

そういうふうに誰かを想うこと自体が、すまいるさんの心と魂を強く優しくしてきたのだと思います。

これからも彼を想って辛くなってしまったときは、グチでも相談でも、なんでもおっしゃってくださいね。

すまいるさんの恋と人生を心から応援しております。

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー
『涙零れる感動の的中予言【ジューン澁澤】シャドーキャット・タロット』


 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。


2人が出逢った理由バナー

※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

PAGE TOP