ブログ

名前にこめられた想い

20150724桃が好きです。

両親は私が生まれたら「もも」と名付けるつもりだったそう。
けれども、生まれてみたら、おじいちゃんが立派な名前を持ってきて、名付け親になってくれたそうです。

そんなわけで、桃を見るたび、「これが私の名前になったかもしれないもの」という気持ちで、ふーむと見つめてしまいます。両親としては、桃みたいに愛らしい感じの子供が欲しかったのかもしれません。

私のほうも、「ももちゃん」なんて言われた育ったら、性格も今とはいくぶん違っていたような気がしたり……。

別にね、「姓名判断の画数が変わるから」という話ではありません。私にこめられた想い、期待されたものが違っていただろうなと思うのです。

さて、あなたは愛する人をなんと呼んでいますか?
特別なニックネームをつけたりしているかもしれませんね。

呼びかけるたびに、その呼び名にふさわしい人であってほしいと無意識に願っていると思います。
そういう想いは、相手は魂に伝わるものです。

名前の呼び方、つけ方ひとつを取ってみても、そこには愛があるのだと思うのです。
「ねぇねぇ」とか「ちょっと」とかではなく、いつも相手の名前に想いをこめて呼びかけてあげてくださいね。

 

aurora_ban

人気の投稿とページ

アーカイブ
PAGE TOP