ブログ

嫉妬に苦しむか、嫉妬に磨かれるか……それはあなた次第です

人はみな、自分のうちに「様々な自分の顔」を秘めています。

ときにガンコになるのは、あなたのなかに「ガンコな自分」がいるからです。

普段は優しいあなたなのに、なぜだか妙にイジワルなことを言ってしまったりするのはね、「まだ子供な自分」も心のどこかにちょっと潜んでいるからでしょう。

そして、嫉妬の炎をメラメラと燃やしてしまう自分もいるはずです。

「あの子にだけは負けたくない!」
という想いが暴走すると、
「あの子なんて、この世からいなくなればいい!」
と、
普段のあなただったら絶対に思わないようなコワいことを願ってしまったりするかもしれませんね。

でもね、心のどこかで別の自分が、そんなふうに他人を呪う自分が情けないと思っていて、だから、嫉妬のあいまに「哀しみ」にも襲われてしまうと思います。。

それってすごく辛いこと。
できれば、そんな想いをしないで、恋を続けていきたいですよね。

だけど、三角関係のような複雑な恋をしていると大変です。

「攻撃的な自分」がふいに現れるし、
そのあとには「自分をとがめる真面目な自分」が出てくるし、
心のアップダウンに疲れがちに。

でも、嫉妬というのは悪いものではないんですよ。

それは強いエネルギーを帯びるもの。

よくね、「嫉妬を言動力にして自分を磨くといい」と言いますが、このパワーは本当に「使いかた次第」なのです。

あなたのうちから嫉妬が湧いたとき、
それを自分で晴らそうすれば、必ずプラスになりますよ!

「あの子にだけは負けたくない!」という強い想いを胸に、自分を磨いていくなら、どんどんあなたは成長します。

キレイになるし、賢くなるし、輝きが強まることでしょう。

いっぽう、
嫉妬の苦しみを自分で晴らそうとはせず、相手に晴らしてもらおうとすれば、マイナスになることが多いです。

「こんな感情を私に湧かせたあんたが悪い! この世から消えてくれ!」と相手を呪うことになれば、

その呪いがブーメランのごとく、自分のところに返ってくるかもしれません。。

あるいは、好きな人のまえで嫉妬を爆発させ、独占欲をむき出しにすることで嫌われてしまうかもしれません。

苦しいから誰に助けてもらいたい気持ち、よく分かりますよ!

だけど、嫉妬に限っては他人を頼るよりも、自分を頼るのが正解です。

「この苦しみをバネに自分を磨くぞ!」と決心するなら、「嫉妬」はあなたの味方に早変わり!

恋のシーンでも仕事のシーンでも、あなたは「嫉妬」を賢く使って、ぐいぐいとライバルたちに追いつき、追い越していくようになるでしょう。

コツをつかんで、嫉妬を味方にしてください。

まずは、「この想いを晴らすのは私自身!」と自分に言い聞かせるところから始めてみませんか?

がんばるあなたを応援しています。

人気の投稿とページ

アーカイブ
PAGE TOP