ブログ

何をやってもうまく行かない時期に、まず試してみてほしいこと

ダメだ。何をやってもうまく行かない……。

そんなふうに感じるときが人生にはありますね。

いろんなものが壊れるし、起きてほしくないことばかり起こるし、よかれと思ったことも裏目に出てばかり。。

私もね、去年はまさにそんな年でした。

なにしろ、年明け早々、上の階からの水漏れが。
お正月休みなので、業者も管理会社もお休みで難儀しましたっけ。。

そのあとも、ある日突然、冷蔵庫が壊れて食品すべて台無し。

次はテレビが突然プツッと壊れて、それっきり。

他にもいろいろ辛いことが重なり、みなさんにもたくさん慰めていただく年になりました。
(お優しいお気持ち、寄せてくださって、ありがとうございました)

こういう時期に突入すると、運気を調べたくなる人は多いと思います。

私もね、鑑定にいらした方から、
「今って、なにか悪い時期なんでしょうか? ひどいことばかり起こるんです」
と尋ねられることはあります。

さらには、
「厄払いとか必要ですか?」
と問われることも。

もちろん、今の運気を知って用心するのは悪いことではありません。
厄払いに行くことで安心できたら、それもとてもいいことだと思います。

ただし、ちょっと待った!

私がそういう質問をいただいたとき、いつもお答えしているのは、「運の良し悪し」とか「厄払いがいるかどうか」ではないんですね。

こういうときは、相手に必ずお尋ねします。
「上手く行ったことって、ひとつくらいはなかったですか?」と。

実のところ、人間は「物語作り」の名人です。

自分の人生の中のいろんなエピソードをつなぎ合わせて、意味ある物語を作ることを知らず知らず、誰でもやっているんですね。

水漏れ被害に遭った。
家電が立て続けに壊れた。
友達とケンカした。
親が入院した。

……このように「よくないエピソード」が複数あると、それはひとつのチャンクにまとめらます。そして、そのチャンクを元に、「何をやっても上手く行かない物語」が心のなかで紡ぎあげられてしまいます。

でも考えてみてください。
ここにあげたような出来事だけが、自分に起こったことであり、他には何も起きていないかというと、そんなことないでしょう。

去年の私に起こったことだって、「よくないエピソード」だけではありませんでした。
いいことも、上手く行ったことも、ちゃんとありました。

たとえば、『シャドーキャット・タロット』が形になって、みなさんに見ていただけたのは、、おおいに嬉しいことでした。

ところが、「去年は何をやっても上手く行かない年だった」という物語が頭のなかに出来上がると、他のエピソードは忘れ去られてしまいやすくなります。

厄払いに行くか悩んでいる人の場合も、実のところは
「悪いことが多くあったけれど、何もかもが上手くいかなかったわけではなく、いいこともあった年」だったりします。

ただ、これではまとまりに欠け、わけのわからない年に思えてきます。

それはそれで頭がスッキリしません。次に起こることも読めなくなってしまいます。

それよりは、「今年もう何をやっても上手く行かない。だから、今後もしばらく大きく動かないほうがいい」という物語にしておくほうが、気持ちが落ち着くわけなのです。

でもね、それで気持ちが落ち着いていたはずが、さらに悪いことが起こったときには、不安が一気に強まりがちです。

「これはもう、私に何か悪いものがついているとしか思えない! 厄払いしたほうがいいの? どうなの?」と心配してしまうことになるわけです。

で、そういう心理状態で鑑定にいらっしゃった方にお伝えするのが先の質問なんですね。

「本当に悪いことしか起きていませんか? 何かひとつくらい、いいことはなかったですか?」

そう尋ねてみると、たいていは
「そうですねぇ。いいことと言えば、仕事で昇給したことくらいかな」
みたいな話が出てきます。

「それって、すごくいいことじゃないですか?」
と聞くと、
「うん、まぁ確かに。ずっと、ここ5年くらい願っていたことなんで」
と答えが返ってきたりします。

「だとしたら、何をやっても上手くいかないわけではなくて、悪いことがいいこと以上に多かった、ということでしょうね」

「そうですかねぇ……」

「もしね、何かに呪われていたりすれば、昇進みたいないいことが起こるわけがないですよね。」

「確かに」

「厄払いをしてもいいですけれど、今すぐ絶対にしておかないと大変なことになるわけではないと思いますよ」

と、そんなふうに話が進んでいきます。

すると、みなさん、自分が作った物語にハマっていたことに気づいてきます。そして、心が落ち着くんですね。

「そうか。いわれてみればそうですね。なんだか、悪いことばっかり意識しすぎていたみたいです」
というように。

あなたも今、「何もかもうまく行かない……」と悩んでいるなら、いいことが何か最近なかったか、振り返ってみてください。

そうすることで、不安な物語を書き換えることができるかもしれません。

ひとりで出来ないときは、私がお手伝いしますから大丈夫。
いつでも相談してくださいね。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP