幸せな恋をするために欠かせない努力とは……

 

好きな人に会えないことで生じる切なさや苦しさ。。

恋をすれば誰もが一度は経験する苦悩ですよね。

でも、
「この苦しみは、好きな人に会って抱きしめてもらわない限り、決して消え去らない!」と思ってしまうと、自分を不幸にしてしまいます。

 

他のことも一緒です。

「これが手に入らないなら、決して幸せになれない」という思い込みは、この世界に他の幸せが存在する可能性を否定するもの。

いろんな幸せ、いろんな喜び、いろんな満足があることから目を背けないでくださいね。

 

普段のあなたは賢く生きています。

一番欲しかった服が売り切れていれば、ガッカリしても、他にいいものがないか探すことを忘れないはずです。

どうしても行きたかったイベントのチケットが取れなくて失望しても、友達と遊んで気を紛らせることを忘れはしないでしょう。

それと同じように、
好きな人に会えない毎日でも、違う楽しみ、喜び、満足を探すことを忘れずにいてほしいのです。

 

恋は素晴らしいもの。

でも、恋だけしかあなたを満たすものがないなら、素晴らしいはずの恋も「激しい苦痛」をもたらすものに変わってしまいます。

一緒にいる時間以外のすべてが「渇望」で埋め尽くされてしまうからです。

 

「あなたと一緒にいないときも私は幸せ」と言える人でいてください。

そう言える自分でいられるように、広い世界に楽しみを求め、いろんなものに興味を寄せ、多くのもので自分を満たせるように努めましょう。

そうしていればこそ、恋はあなたに幸せを与えてくれます。

忙しい人を好きなっても、ケンカばかり、グチばかり、涙ばかり……の悲しい恋にはならないでしょう。

 

▼こちらの記事もどうぞ

好きな人の気持ちを読み違えてしまわないための大切なポイント

甘え下手で「甘え方が分からない」と思っているあなたへ

ん? みんなが言っている「甘える」という言葉の意味、なんだかおかしくない?

そんなふうに感じる出来事がありました。

 

Amebaブログに毎週、ハワイアン・スピリチュアルタロットの一枚引きの結果を書いています。

今週、出てきたカードは、
愛らしいバラを描いた『ロケラニ』でした。

「愛されること」を意味するこのカードは、甘え上手な女性のイメージです。

そのため、「今週は甘え上手を目指しましょう」
と書いたのですが、

「私、甘えるのがヘタなんです……」という声をよく聞きます。

悩み相談を寄せてくださる方のメールにも、
「私は彼にうまく甘えられないので……」と書いていらっしゃることもあります。

ということは、
「甘え上手になりましょう」と言ってみても、
「それは無理……」
と思われてしまうかも。。

そう考えて、何か簡単なアドバイスはないものかと、他人頼みでネットを検索してみたところ……。

ん? 甘えるって、そういうこと?!

と思う内容がザクザク見つかり、頭をかしげてしまったのです。

 

たとえば、とあるサイトには、
「彼に迷惑なのではないかと、遠慮して甘えられない女性は多い」みたいなことが書かれています。

別のサイトには、「可愛い甘え方」として、

うわめ遣いでお願いするとか、
スキンシップをしながら愛をねだるとか、
「ねぇ、いいでしょ!」と可愛く言うとか、

そうしたことが書いてあったのですが、
そ、それって「甘える」じゃなく、「媚びる」の間違いでは?? と感じる内容ばかり。

なるほど、なるほど。

こういうことを「甘える」というなら、
「私はそういうのは苦手……」とか
「甘える女がモテるって何かイヤ……」と感じる女性が多いのは、当然だなぁと思ったのでした。

 

私が『ロケラニ』のカードからのメッセージとして伝えたかったのは、
「ねぇいいでしょ、これ、買ってよん♡」なんていうふうに、
「可愛いおねだりをすることを目指しましょう」――ということでは全然ありません。

そのあたりは、ブログにも書いたのですが、
「これしてほしい!」という要求を異性に上手く出来るのは「おねだり上手」という別のワザです。

 

「甘え上手」というのは、「要求する」という積極的な行動ではありません。
むしろ、「受容」という受け身な態度です。

 

自分から働きかけることを「甘えること」と考えてしまうと、
「どういうふうに上手く甘えたらいいのか分からない……」と感じてしまいます。

そのうえ、
「私は子供のころから、親に何かをねだるのが下手だったし……」などと、
自分の哀しい過去まで振り返り、ますます苦手意識が出てきてしまうでしょう。

そういう場合は、「甘える」の意味を脳内で書き換えてしまってくださいね。

「甘える」というのは、「甘ったれる」ことではなく、「甘んじる」ということ。

誰かが好意でしてくれることを「甘んじて受け取る」ことが、人に甘えることなんだと認識してみてください。

たとえば、友達と一緒に買い物に行って、レジに並んだとき、
「いいよ、先に」
と言われたら、
「じゃあ、お言葉に甘えて、お先に……」と言う感じで、会計を先にさせてもらう。

そのとき、あなたは友達の好意に甘んじているわけです。

そこであなたは積極的な行動をしていません。
「ねぇ、いいよね、私が先にレジ済ませてもいいでしょ、ねっ!」などと、おねだりするのは甘ったれること

でも、「どうぞ」と言われて、
「ありがとう。じゃあ先にさせてもらうね!」というのは甘んじること

甘ったれるのに抵抗がある人でも、これなら問題なく出来ますよね?

 

媚びなんて売らなくていいのです。
(もちろん、売りたければ売っていいのですが、売れないものを無理に売る必要はありません)

でも、「甘んじる」ことは心がけておきましょう。

「いいよ」と言っているのに、
「いやいや、あなたのほうが先に済ませて! 私はいいから!」というふうに、
相手の好意を拒否するのは、まさに「甘え下手」。

これが「あんまり可愛くない人」です。

 

こういうふうに考えれば、異性に対してだって、甘え上手になれるでしょう。

友達に対するのとまったく同じでいいからです。

 

彼が「ここは払うよ」とか「ほしいの? 買ってあげようか?」とか、「その荷物、持ってあげるよ」と言ってくれたら、
その好意に甘んじて、「うれしい、ありがとう!」と言えば、それで十分、可愛い女性です。

「お金ないんだぁ。お願い、払って!」とカワイクおねだりしなくても、あなたは十分、可愛い人なのです。

 

とにかく、「要求」ではなく「受容」こそが甘えの基本。
苦手な人は、そう思っておくといいですよ。

でも、そんなくらいで「可愛い」ものなの?
と思う人もいるかもしれません。

だとしたら、あなたはどうでしょう?

自分の好意や親切を、うれしそうに受け入れてくれる人がいたら、可愛い人だな……と感じませんか?

少なくとも、「いや、いいですから!」と突っぱねてくる人よりは数倍、可愛いはず。

好意や親切に他人に贈りたい気持ちは誰しも持っているもの。
それを受け入れ、「甘えてくれる人」がみんな好きなのです。

 

もし恋人から「たまには甘えろよ」と言われてしまったなら、
そこには「頼ってくれよ」という気持ちが含まれているはず。

自分からおねだりする必要はないけれど、
彼がさりげなく差し出してくれている好意や親切を、気持ちよく受け取るようにしてくださいね。

 

▼Yahoo!占い あなたへのお勧めメニュー

 

 

 

好きな人の気持ちを読み違えてしまわないための大切なポイント

好かれたい、嫌われたくない――

そういう気持ちが自分のなかに強くあるとき、
「相手の気持ち」が、とてもつかみづらいものになる場合があります。

なぜなら、
「好かれているか、嫌われていないか」という“観点”からしか、相手の言動を解釈できなくなってしまうからです。

どういうことか、説明しますね。

ここに「お客様に好かれたい! 嫌われたくない!」と強く考えている小さなレストランのオーナーがいたとします。

あるお客様が、注文した料理を残しています。

するとオーナーは思います。

「あの料理、おいしくなかったんだろうか? 気に入ってもらえなかったようだ……」と。

 

でも、そのお客様が料理を残したのは、その日の体調が悪かったせいかもしれません。

もともと小食なのかもしれないし、
「ダイエット中だから」という事情があるかもしれません。

 

そういう相手の「事情」をひとつも思いつかず、
この人は、うちの料理を残した

おいしくないと思われた

……というふうに相手の行動を“読んでしまう”のは、「自分の店はどう思われているか?」という視点からしか、相手を見てないからでしょう。

このとき、このオーナーは、「お客様に好かれたい、嫌われたくない」という気持ちが強くなりすぎているわけですが、
これ、まさに恋愛でも同じことが起こりがちです。

 

今日の彼(彼女)の態度は少し冷たかった

私に関心がないのかもしれない。
あるいは、好かれていないのではないか……

……これが「好かれたい、嫌われたくない」視点から出てくる“読み”です。

 

とはいえ、恋をした場合でも、お店を開いた場合でも、
「好かれたい、嫌われたくない」という気持ちは当然、出てくるものですよね。

でも、そうであればこそ、
その気持ちをいったん脇に置き、
相手の本当の気持ちを想像することは肝心なこと。

ニュートラルな意識で、相手を見てみると

食欲がないのかな……、
今日はちょっと元気がないのかもしれないな……

といったことに頭をめぐらす「ゆとり」が出てきます。

 

そういう「ゆとり」があるほうが商売だって恋愛だって上手くいきます。

なぜなら、本当の相手のニーズに応えるキッカケをつかめるからです。

 

それに、どこかレストランに行ったとき、
もし、そこのオーナーが、「うちの店を気にいってくれたか?」ばかり気にしているようだったら、ちょっとゲンナリしますよね。

食後は気楽な気分でゆっくり寛ぎたいのに、
「いかがですか? お口に合いました?」とか
「お友達紹介キャンペーンをやっていますので」とか、
そんなことばかり言われたら、
なにやら面倒になって、もう一度、行く気が失せたりすることもあるでしょう。

同じように、異性から
「連絡ないから、嫌われたか悩んじゃったよ」とか、
「次はいつ会えるの?」とか、
そういうことばかり言われたら、
「よほど、この人は嫌われるのが怖いんだろうな」と感じて、
なんとなく興ざめしてしまうこともあるもの。

 

そこには「この人は、自分がどう思われるかにしか関心がなく、こっちの事情や状況のことなんて、考えもしないんだろうな……」という感じがしてしまうからだと思います。

 

商売や恋愛が上手な人なら、
「今日はあまり食が進まないみたいですね」とか
「昨日は少し元気がなさそうだったね」など、
相手の状況、事情を思いやっている言葉が自然に出てます。

そうすると、こちらだって、
「この人、さりげなく、私の様子を見ていてくれているんだな」と、うれしくなったりします。

 

「好かれたい、嫌われたくない」という呪縛に囚われていなければ、こんなふうに、相手の心に響くやり取りができる場合は多いもの。

ですから、ときには、「私は好かれているのか、嫌われていないか」を考えるのを止めてみるのも大切なことなのです。

恋をしたら、
「好かれているかどうかを確かめたい!」という欲求をうまくなだめてください。

「自分のこと」は置いておき、
相手のことに意識を向かわせることを忘れずにいてくださいね。

 

▼こちらの記事もどうぞ

愛する人から見つめられたい……と願うあなたへ