同じあやまちを繰り返してしまう人に効く自己暗示

喉もと過ぎれば、熱さを忘れる――これって、鋭いことわざだなぁと思います。

あんなに辛い思いをしたのに、また同じような失敗をしてしまったり、

同じような恋を二度も三度も繰り返して泣くことになったり……。

人間って本当に「懲りない生き物」なのかもしれませんね。

 

とはいえ、どんなことでも必ず、同じあやまちを繰り返す人はいません。

たいていのことは一度の失敗から学びます。
そして、きちんと修正できます。

 

それなのに、「これだけは何度やっても身につかない……」ということ、みなさんにも一つくらい、ありませんか?

 

最近の私の場合、「ヤカンのフタの付け方」が何度もやっても間違えることでした。

 

ヤカンを買い替えて以来、沸騰すると、ふたの小さな穴から出てくる蒸気に手を近づけて、「熱っつ!」となることを繰り返してしまっていました。。

フタをはめるときに、蒸気が出てくる穴の方向をキチンと前にセットすれば、水蒸気の熱を浴びることはないのです。

でも、何度やっても毎度忘れて、取っ手を握るときに、蒸気が腕にあたる方向にフタをはめてしまうのです……。

 

「アッちち! もういい加減にして、私!」と、毎度叫ぶのに治らず。。

繰り返されるあやまち――同じことを繰り返してしまうのは運命なのか、はたまた何かのトラウマなのか……。

 

いえいえ、これは単に私が愚かなだけ。

なんとかしようと思い立ち、久々に簡単な“自己暗示”を使ってみました。

心を落ち着け、ヤカンのまえに立って、「明日からもう私はフタの位置を間違えないよ」と、優しくニッコリ、心をこめてつぶやきます。

そうしてから、意識をグッと集中してヤカンを見つめること、約10秒。

ここが重要です。
しげしげと、ヤカンの細部をしっかり目に焼き付けます。

そうすると、この視覚刺激がトリガーになって、「暗示」を思い出しやすくなるのです。

 

さて、次の朝。

お湯を沸かそうとヤカンのまえに寝ぼけまなこで立って、お湯を沸かそうとした直前。

「ん? なんだろう? ここで何か考えなきゃいけないんじゃなかったっけ?」と、立ち止まった私。

そのままちょっと頭を巡らせてみると、
「そうそう、フタの付け方に注意するんだった!」と思い出せたのです。

 

よしよし、暗示が上手く効きました。

こうなると、その翌日の朝はもうヤカンのまえに立つだけで、なんとなく心が浮き立ちます。

「ん? なんだっけ? なんだか嬉しいこの気持ち……そうそう、昨日フタを間違えずにつけられたんだ!」と思い出し、この日もフタの位置を正しい方向にセット出来ました。

 

ここまでくれば、もう大丈夫。同じ失敗を繰り返すことはなくなります。
何度やっても学ばない自分から無事、脱出できました。

 

でも、どうして痛い目に遭っても学ばないんだろう……。

喉元すぎて熱さを忘れることもあれば、そうではないこともあるのはなぜなんだろう……。

そんな疑問が頭に残ったので、ちょっと考えてみたのです。

 

今回、私が何度もヤケドしそうになったのは、「習慣の一部だけを変える」ということの困難さにぶつかったからなのかもしれません。

ヤカンというものを生まれて初めて使って、そのとき、スゴく痛い目に遭ったとしたら、たぶん、すぐ修正できたでしょう。
「これは注意すべきこと」という記憶がスンナリ頭に刻まれたはず。

ところが、私にとって、ヤカンは見慣れたもの。

取っ手のデザインが前のものと違うヤカンになったせいで、失敗が起こるようになりましたが、「ヤカンに水を入れてフタをする」という作業については、すでに自動化しています。

その一部の「フタの方向を考える」という部分だけ変える――つまり「習慣の一部だけ変える」ということ。これがね、困難なのでしょう。

 

さて、人間って、いろんな習慣を無意識にしています。

昨日まで右足から履いていた靴を左足からにしようと思っても、なかなかうまく行かないのと同じですね。

いったん習慣になってしまったことを覆すのは難しく、だからこそ、同じあやまちを何度も繰り返してしまう……それが人間なのかも、というのが私の出した答えです。

 

もし、あなたのご主人やお子さんが、「何度、言っても直してくれないクセ」を持っていて、すごくイライラしているなら、「私の言うことをなぜ聞けないの!」と怒らないでくださいね。

口酸っぱく言っても直してくれないと、こっちの存在の否定されている気分になってきてしまいますよね。

でも、習慣の一部を変えるのは、誰にとっても困難なことです。

根気強く、何度も何度も注意してあげるほかありません。

 

いっぽう、あなた自身が「毎度同じことを繰り返してしまう自分」に悩んでいるなら、私と同じような自己暗示を使ってみてください。

「どうして私って、こんなに愚かなの」という苦悩から逃れられると思います。お試しを。

人生の「ダメなパターン」が変わるとき、訪れる気づき

このまえのことです。
午前中に歯科医の予約をしていたのに、目が覚めたら、予約時間の30分前!

行くだけで30分かかるので、もう完全にアウトです。

あーあー、久しぶりにやってしまいました。。

昔はこういうとき落ち込んで、なかなか気持ちを立て直せなかったのです。

でも今は「起きたことを悔いても仕方ない!」と気持ちを切り替えられるようになりました。

というのも、あるとき、ふと気が付いたのです。
落ち込むことの無意味さに。。

 

なにしろ私の場合、自分がしでかした失敗に落ち込むと、なんだか逃げたくなってくるんですね。

何から逃げるかというと、自分を叱りつける「もう一人の自分」からです。

 

「あぁ、もう私だって後悔しているんだから、説教なんて聞きたくないよ!」
という感じで、やってしまったことを責める心の声に耳をふさぎたくなってしまう私。

その結果、ますます事態を悪くしてしまうのでした。

たとえば、目が覚めたとき、「遅刻!」と気づいたら、ガバッと起きるのが普通でしょう。
ところが昔の私は、そのまま再び寝てしまうことがあったのです……。

二度寝を試みるのは完全に「遅刻するという現実」から逃避するため。

こういう冗談みたいなダメ人間ぶりを発揮しておりました。。ああ恥ずかしい。

 

そんな自分がイヤでイヤで。
「変わらなくちゃ!」と思いはするものの、なぜか、なかなか変われなくて……。

 

幸いなことに、私の失敗を全然、怒らない人に出会いました。

とんでもない落とし物をしたときのこと。
「ああ、やっちゃった……」と落ち込む私の横で、その人は、あきれた顔さえせずに淡々と「失敗のフォロー」にだけ集中し、私を救ってくれました。

 

その姿を見て、何かをつかんだ気がします。

失敗する

落ち込む

逃げたくなる

事態はますます悪くなる

自分がやってしまう、このパターンの間違いに気づいたのだと思います。

 

そして少しずつですが、自分を矯正していきました。

失敗する

落ち込むのを避ける

自分を責めずに対処する

失敗の影響が最小限で済む

少し成長した自分を感じてホッとする

……こんなふうに変わったわけですね。

 

大事なのは自分を責めないこと。
心のなかに存在している「おまえはダメだ!」と非難してくる自分に黙ってもらうこと。

これがポイントだったと思います。

 

落ち込んでもいいこと、ありません。

失敗の「反省」は落ち込まなくたって出来ることにも気づきました。

むしろ、落ち込まないほうが、「今日みたいなダメな自分でいたくないなぁ」と冷静な気持ちで考えられます。その結果、「じゃあ、どうすれば寝坊しないかな」と落ち着いて考えられる気がします。

 

こうやって少し変われたのは、手本を示してくれた人がいたからにほかなりません。

人生のイヤなパターンが崩れる瞬間というのは、天が与えてくれる恵みなのだと思います。

 

あなたにも、何かしら「いつも繰り返してしまうイヤなパターン」があるかもしれませんが、いつかきっと変われますよ。

そういうときの訪れを信じていてくださいね。

なにしろ、遅刻すると気づいてから二度寝をするほどのダメ人間だった私でさえ変われたのですから……。

怖くありません~後悔しない「選択」と「決断」は可能ですよ

誰の人生にも、大きな決断を下さなければならないシーンがやってくるものです。

Aを選ぶか、Bを選ぶか……。

心はほぼ決まっていても、
「果たしてこれでいいんだろうか」
という迷いは、なかなか拭えないですよね。

それでグズグズ考え続けて、なかなか足が踏み出せない――そういう「過渡期」は苦しいし、不安だし、辛いものです。。

 

でも、思うのです。
トコトン悩み抜いてみるのは決して悪くないことだと。

 

どんなことでも、悩みに悩んだ末に決断すると、
「よし、もう決めた! この決断が間違いだったと思いたくない!」
という強い意識が生まれます。

この強い意識が未来を変えていくんですね。

 

たとえば、悩んだすえに仕事を辞めることを選んだ人は、次の仕事で絶対に成功しようと必死で頑張るでしょう。

「あの仕事を辞めなきゃよかった……」と思うことにだけはなりたくないからです。

独り立ちや離婚を選んだ人は、グングンたくましくなっていくでしょう。

「やっぱり親のもとに(夫のもとに)いればよかった……」と泣くなんて絶対にイヤだからです。

 

ふたつの道のどちらを選ぶか――それはルーレットの赤と黒のどちらかを選ぶこととは全然、違います。

ルーレットであれば、「あとはサイコロのなすがまま」です。ハズレを選べば最悪ですよね。

でも、人の未来を定めていくのは「選んだあとの行動」が八割。
後悔しない行動をとっていく意欲さえあれば、きっとうまくいきます。

 

いっぽう、
「仕方ないから、これを選ぶ」とか、
「私はイヤだけど、家族がこうしろうというから……」
といった感じの消極的な決断は「後悔」につながりやすいでしょう。

そういう場合、
「この決断が間違いだったと思いたくない!」という奮起が起こらないし、頑張る気にはなれません。

それどころか、
「本当はこんな選択したくなかった……」という意識があるので、無意識のうちに物事がうまくいかないように振舞ってしまいがちになります。

 

たとえば、病気になって、医師や家族に言われて渋々、生活習慣を変えた人。

「ああもう、自分は変わりたくなかったのに……」
と思い続けているので、どこか自分に甘くて、元の生活につい逆戻り。。

病気がなかなか治らないのは、そういうことを繰り返す結果なのですが、本人はそうは思いません。

「もう生活習慣なんて変えても意味なかったよ! ただでさえ病気で辛いのに、いろいろ変えなきゃよかった!」……そんなふうに後悔するわけですね。

 

後悔しない決断のかなめは「絶対、後悔したくない!」と思えるかどうか――そこにあるのだと思います。

その気持ちさえあれば、どんな決断でも大丈夫。
あなたの未来は開けていきますよ。

それでも心配だったら、私に聞いてください。
お悩み相談、いつでも受け付けています。

これからも、あなたが決して後悔のない人生を歩んでいけますように……。

 

▼こちらの記事もどうぞ

過去は変えらない……としても過去の“意味”は変わります