あしゃーさん、くま子さんのお悩みへのお返事です

今回から3回連続で、このひと月にいただいたメールのお返事を書かせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あしゃーさん、お久しぶりです!

年下の彼とも、ハッキリしたわけではないけれど、安定した関係は続いていらっしゃるみたいですね。

ただ、その彼が
「今、無職ではないですが…繋ぎの仕事をしながら就活中です」
とのこと。

「私は力になりたい気持ちはあるけど、口出しするのは嫌です。でも心配…。」
という素直なあしゃーさんのお気持ち、すごく分かります。

別途、お悩み相談のほうに詳しい回答書かせていただくつもりですが、ひと月くらい先になりそうですので、先にお伝えしたほうがいいことだけ、かいつまんでおきますね。

彼の再就職については、最終的に上手くいくので大丈夫。

ただ今の彼は「報酬」にかなりこだわっていらっしゃることを『ベリー』のカードが映し出しているんですね。

そこがね、年上のあしゃーさんから見ると、「そんなふうに報酬を重視していると、なかなか理想の仕事が見つからないのでは……」と心配になってしまうのかもしれません。

でも、この点には口出ししなくていいですよ。

今のあしゃーさんがしてあげるべきことを示すカードは“慈愛”のシンボル、『雪』です。

助言をしたり、いい仕事先を提案たしたり……といったことより、彼の仕事探しをしっかり見守って差し上げてください。

そして、「あれからどうなった?」、「それは大変だったね」、「その話はよさそうだね」「それはヒドイかもね」というように、彼の話にいろんな“同意”を送ってあげるといいと思います。

それこそ彼が喜ぶことです。
「もっと何かしてあげないといけないのでは……」と心配なさらないで大丈夫ですよ。

詳しくはまた別途。。
お待たせしてスミマセンが、のちほど、お悩み相談コーナーのほう、覗いてみてくださいね。

あしゃーさんから、こうしてまたメールをいただけて嬉しかったです!

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くま子さん、お久しぶりです!

今回のご相談に関しては、お悩み相談コーナーのほうだと、かなりお待たせしてしまい、転職のチャンスに応えるのに間に合わなくなってしまいそうなので、簡易版のお返事をこちらに書かせていただきますね。

まず、独立したがっている息子さんに関しては、世の中の厳しさやら親の気持ちやらを今、理解してもらうというのはちょっと難しそうです。。

というのも、息子さんの心情を表しているのは『フォレストリミット』。

正直なところ今の息子さんの心は「人の説教やら意見やらを聞き入れる気持ちはゼロ!」という感じなんですね。

「親の心、子知らず」で困ってしまいますね。。

でも、こんなわけですから、「理解してくれ」という気持ちはいったん、お捨てになってはいかがでしょう。

むしろ、「私たちの気持ちをおまえは分からないだろうけれど、私たちだって、おまえの気持ちを今は理解できないのよ」というメッセージを伝えていけばいいかな……と思います。

今はね、息子さんに対して「おまえのやり方は甘いし、理解できないし、どうなっても知らないぞ」という態度でいてもいいときだと思います。

冷たいかもしれませんが、そんな親の態度こそが「社会の冷厳さ」を表しているのだということを、賢い息子さんなら肌で感じていられるはず。。

言われても分からないことだって、感じることはできるし、感覚的な理解が進めば、自分の未来に対する考え方も少しずつ修正されてくるでしょう。

 

さて、いっぽう、くま子さんの転職に関して、
「仕事量や給与など考えてできれば転職したいと思っていたところ、以前から勤めてみたいと思っていたところに新規採用があるかもという情報が入りました。」
とのこと。

こちらについてカードを引いたら、なんと『光柱』が出ましたよ!
「ありえないことが起こる」と告げる奇跡のカードです。

この転職、挑戦したら、きっとうまく行くでしょう。

ただね、ノラ猫さんもいるし、長くお世話になった会社だし、今までやってきた仕事にもたくさん愛着があると思います。
そんな簡単にスパッと辞められないと思うお気持ちがあるのは、当然ですよね。

あのね、このお話自体は逃しても構わない、というのが私の意見です。

ただ、これをキッカケにしばらく「今とは違う仕事につく可能性」のことを思い巡らせてみるとよさそうですよ。

今回ね、「以前から興味があった会社が新規採用を出す」という情報が入ってきたこと自体、「そんなことってあるんだ!」という新鮮な気持ちをくま子さんに与えるものだったと思います。

そんなくま子さんに『光柱』は「まだまだ驚きは続くよ」と告げています。

固定観念から解放された今こそ、いろんな可能性を頭に思い描いてみるのにベストなとき。

そうすると、未来が違ってみえてくるし、自分がこれからやるべきこと、やりたいことが改めて見えてくると思います。

こういう広い思索も含めて、転職のことをゆっくり検討なさってみてくださいね。

今回は短いお返事でごめんなさい。
急ぐ必要がない件でしたら、ゆっくり回答させていただきますので、息子さんのことでも、ご自身のことでも、また何か変化がありましたら、なんでもご相談ください。

hawaiian2_ban_02

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

木の切り株のぬくもりとタロットカードたち

今日の写真は、これから始まる鑑定商品の宣伝用に撮ったものです。

あと少しで、何をスタートするか、お伝えできると思います。

実際に始まったら、「ああ、それであんな写真だったんだ」と思っていただけるかも……?
……今はまだ、公表できないことが多くて、なにやら歯切れの悪いもの言いばかりでスミマセン。。

※これは、記事を書いた時点のお話です。

先週の木曜日より、Amebaさんの新たなサービスREQU[リキュー]にて、ビデオチャット個人鑑定を始めました。

 

さて、写真ですが、こんなふうにカードを並べて撮ったのは初めてです。

15世紀に生まれたマルセイユ版タロットから、21世紀に生まれたハワイアン・スピリチュアルタロットやオーロラタロットまで。

古典の着物と現代の着物を並べてみた、みたいな感じるの感慨がありました。

 

カードたちとキャンドルを置いているのは、すごく大きな木の切り株で作られたテーブルです。

最近、木に降れると、何か精神が慰められるというか、魂が温まるというか――。
そんな感じを以前よりも強く感じるようになりました。

気持ちが少し弱っているからかもしれません。

でも、それだけではなく、不動の生命や歳月の重みをまとうものから、しみじみと色んなことを感じ取れる年頃になった、ということもあるのかなと……(^^)ゞ

カードを見ていても、今までと違うイメージが湧いてくることが増えました。

これからスタートする鑑定では、今までとまた違うメッセージをお伝えできることが増えていきそうな気がします。

 

とはいえ、まだまだ“仙人”には程遠い年齢です。
今はまだ、木の切り株より、イキイキと今を生きている皆さんと心を通わせ、魂を温めてあっていけたらな……と願っています。

 

今は雨の多い季節。
じめじめした空気のせいで心も湿っぽくなってしまう日もあるでしょう。

不安なこと、悲しいこと、しんどいことがあったら、いつでもメールをくださいね。

もちろん、うれしかったことや幸せに感じたことも聞かせてくださったら嬉しいです。

あなたも私も、みんな元気で過ごせますように。。

今日はいろいろと軽い「告白」ごとを。。

この6月の中旬から、今までとまた違うスタイルの仕事を増やすことになりそうです。

何かというと……直接ではありませんが、ビデオ画面を通じての対面個人鑑定です。

あるところから、ご提案をいただいて、もの凄いスピードで展開している話なので、私自身、まだ「本当にそんな時間がある?」という疑問が。

また、やってみないことには分からないことがたくさんありそうで、どうなることやら、ではあるのですが、まずは、ここで軽い予告をさせていただきますね。

なにしろ、このコーナーを見てくださっている皆さんこそ、私にとっては一番長く交流させていただいている方々ですので、せめてご報告は早めに。。

◆◇6月14日追記◆◇

Amebaの新サービスREQU(リキュー)にて、鑑定予約がスタートしました。

以下のURLから、ビデオチャット鑑定をご予約いただけます。

[リキュー]REQU by Ameba ジューン澁澤topページ 
 https://requ.ameba.jp/users/253

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

それから、もう一つ告白しておくと、この秋、新しいコンテンツを立ち上げようとしています。

これも詳細はまだ、お伝えできないのですが、もう構想段階は過ぎていて、あとは少しずつ形にしていくところに来ています。

というわけで、もう頭も心も、新しい展開へのプレッシャーやらなんやらで目一杯(*_*)

もしかすると、このダイアリーの毎週更新も、これからの数か月のあいだは途切れる回が出てくるかもしれません。ごめんなさい。

……こういうのは先にご報告しておかないと、「更新がないけれど、どうかしましたか?」と、優しいみなさまにご心配をおかけしてしまうことがあるので、先にお話しさせていただきました。

今年はプライベートでも、いろんな変化が続いています。
あらゆる意味で、私にとって「人生の節目」の年になるのかもしれません。

それに、あとひと月ちょっとで50歳になります――って、あれ? みなさんに自分の年齢を話すのも初めてかもしれません。これも告白ですね(笑)

とにかく今は、これまで以上にみなさまのお役に立てるモノや仕組みを作っている最中です。

まだまだ精進してまいります。この夏も、どうぞよろしくお願いいたします。