けいこさん、なおさんへのメールのお返事です

今週は、とても嬉しいことがありました。

秋に立ち上げる予定のコンテンツに関することです。
詳しくは、また今度ゆっくりと。。

今日は3週連続になるメールのお返事、第2弾を書かせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
けいこさん、こんにちは!

こちらにもメールをいただけて嬉しいです。

あのデートのあと、また音信不通とのこと。
いかにも冒険家の彼らしいですが、寂しいですね。。

こんなふうに甘い時間と寂しい時間の繰り返しにならず、ずっとおだやかに連絡を取り合えるなら、どんなにいいことか。。

でも、そんなふうには生きられない人だからこそ、けいこさんは彼を愛してやまないのではないかな……とそんなふうに思ったりもします。

あと、けいこさんの恋心を聞かせていただいていて、いつも思うのです。

「もう、彼ってこういうヤツなんだよね! ふん、いいや、知らない!」みたいに失望して、期待を二度と持たなくなったりしないのがスゴイなぁと。

そういう人なのだと分かっているつもりだけど、本当に戻ってきてくれるか、毎回、不安だし、会いたいし、好き……という感じにね、不在の彼を想って魂を震わせていらっしゃるけいこさんに、何とも言えない感動を覚えてしまいます。

私ならとっくに相手を見切ってしまいそうなのに、スゴイな……と思ったり(苦笑)

そんな冗談はさておいて。。
また、切なさを抱きしめる日々ですね。

でも、こんな素敵な恋が出来たことを誇りに思うときがきっとやってくるでしょう。

頑張ってくださいね。心から応援しています!

そして、けいこさんが私に送ってくださる励ましと労りには、いつも心から感謝しています。
私も頑張りますね!aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なおさん、こんにちは。

こちらこそ、いつも愛の苦悩や喜び、切なさ……いろんな率直な思いのたけを、こうしてお伝えくださり、ありがとうございます。

今回は、思いがけず湧いたお友達への嫉妬心。。苦くて切ないお話でした。

別にね、何かがあったわけではなく、ただ単に、彼が自分のいないところで自分の友達と会う、ということに、思いがけず湧いてきた「苛立ち」と、自分のそういう気持ちにイヤになってしまうお気持ちと。。

「妻に嫉妬心がわかないのは全く知らない人だから。
今回は、私の極々近しい人が、私のいないところで彼と会うことがなんとなく嫌だったのでしょうね。
いい年をして?こんな自分にガッカリです。」

とのことですが、ご自身の気持ちにフタをせず、こうして素直に書けるなおさんは、とてもお強いと思うのです。

弱い人間だったら、そんな気持ちが湧いたことを直視できず、否認してしまうでしょう。

「こんなに自分にガッカリ」というなおさんの言葉に妙に共感します。

私も恋愛ではありませんが、「こんな自分にガッカリ」なことが日々、いっぱいで(笑)

「まったくもう、いやんなっちゃうよね」と友達みたいに、なおさんと愚痴らせていただけたら、ちょっとは救われそうな気がしてしまいました。
勝手なことを申しまして、ごめんなさい。

でも、本当にそうですね。
「もうすぐ梅雨、心だけでもジメジメに負けないように元気でいましょう。」
という、なおさんからのお言葉、ありがたくいただきました。

嫉妬や自己嫌悪ってイヤな気持ちですが、それを原動力に生きてきた人にはね、そうしたものから逃げてきた人に決して放てない「艶やかな魅力」があるように感じることがよくあります。

きっとなおさんも、特別な魅力を放っている方でしょう。これからもどうぞ、そのままでいらしてくださいね。

hawaiian2_ban_02

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

あしゃーさん、くま子さんのお悩みへのお返事です

今回から3回連続で、このひと月にいただいたメールのお返事を書かせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あしゃーさん、お久しぶりです!

年下の彼とも、ハッキリしたわけではないけれど、安定した関係は続いていらっしゃるみたいですね。

ただ、その彼が
「今、無職ではないですが…繋ぎの仕事をしながら就活中です」
とのこと。

「私は力になりたい気持ちはあるけど、口出しするのは嫌です。でも心配…。」
という素直なあしゃーさんのお気持ち、すごく分かります。

別途、お悩み相談のほうに詳しい回答書かせていただくつもりですが、ひと月くらい先になりそうですので、先にお伝えしたほうがいいことだけ、かいつまんでおきますね。

彼の再就職については、最終的に上手くいくので大丈夫。

ただ今の彼は「報酬」にかなりこだわっていらっしゃることを『ベリー』のカードが映し出しているんですね。

そこがね、年上のあしゃーさんから見ると、「そんなふうに報酬を重視していると、なかなか理想の仕事が見つからないのでは……」と心配になってしまうのかもしれません。

でも、この点には口出ししなくていいですよ。

今のあしゃーさんがしてあげるべきことを示すカードは“慈愛”のシンボル、『雪』です。

助言をしたり、いい仕事先を提案たしたり……といったことより、彼の仕事探しをしっかり見守って差し上げてください。

そして、「あれからどうなった?」、「それは大変だったね」、「その話はよさそうだね」「それはヒドイかもね」というように、彼の話にいろんな“同意”を送ってあげるといいと思います。

それこそ彼が喜ぶことです。
「もっと何かしてあげないといけないのでは……」と心配なさらないで大丈夫ですよ。

詳しくはまた別途。。
お待たせしてスミマセンが、のちほど、お悩み相談コーナーのほう、覗いてみてくださいね。

あしゃーさんから、こうしてまたメールをいただけて嬉しかったです!

aurora_ban

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
くま子さん、お久しぶりです!

今回のご相談に関しては、お悩み相談コーナーのほうだと、かなりお待たせしてしまい、転職のチャンスに応えるのに間に合わなくなってしまいそうなので、簡易版のお返事をこちらに書かせていただきますね。

まず、独立したがっている息子さんに関しては、世の中の厳しさやら親の気持ちやらを今、理解してもらうというのはちょっと難しそうです。。

というのも、息子さんの心情を表しているのは『フォレストリミット』。

正直なところ今の息子さんの心は「人の説教やら意見やらを聞き入れる気持ちはゼロ!」という感じなんですね。

「親の心、子知らず」で困ってしまいますね。。

でも、こんなわけですから、「理解してくれ」という気持ちはいったん、お捨てになってはいかがでしょう。

むしろ、「私たちの気持ちをおまえは分からないだろうけれど、私たちだって、おまえの気持ちを今は理解できないのよ」というメッセージを伝えていけばいいかな……と思います。

今はね、息子さんに対して「おまえのやり方は甘いし、理解できないし、どうなっても知らないぞ」という態度でいてもいいときだと思います。

冷たいかもしれませんが、そんな親の態度こそが「社会の冷厳さ」を表しているのだということを、賢い息子さんなら肌で感じていられるはず。。

言われても分からないことだって、感じることはできるし、感覚的な理解が進めば、自分の未来に対する考え方も少しずつ修正されてくるでしょう。

 

さて、いっぽう、くま子さんの転職に関して、
「仕事量や給与など考えてできれば転職したいと思っていたところ、以前から勤めてみたいと思っていたところに新規採用があるかもという情報が入りました。」
とのこと。

こちらについてカードを引いたら、なんと『光柱』が出ましたよ!
「ありえないことが起こる」と告げる奇跡のカードです。

この転職、挑戦したら、きっとうまく行くでしょう。

ただね、ノラ猫さんもいるし、長くお世話になった会社だし、今までやってきた仕事にもたくさん愛着があると思います。
そんな簡単にスパッと辞められないと思うお気持ちがあるのは、当然ですよね。

あのね、このお話自体は逃しても構わない、というのが私の意見です。

ただ、これをキッカケにしばらく「今とは違う仕事につく可能性」のことを思い巡らせてみるとよさそうですよ。

今回ね、「以前から興味があった会社が新規採用を出す」という情報が入ってきたこと自体、「そんなことってあるんだ!」という新鮮な気持ちをくま子さんに与えるものだったと思います。

そんなくま子さんに『光柱』は「まだまだ驚きは続くよ」と告げています。

固定観念から解放された今こそ、いろんな可能性を頭に思い描いてみるのにベストなとき。

そうすると、未来が違ってみえてくるし、自分がこれからやるべきこと、やりたいことが改めて見えてくると思います。

こういう広い思索も含めて、転職のことをゆっくり検討なさってみてくださいね。

今回は短いお返事でごめんなさい。
急ぐ必要がない件でしたら、ゆっくり回答させていただきますので、息子さんのことでも、ご自身のことでも、また何か変化がありましたら、なんでもご相談ください。

hawaiian2_ban_02

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

※この記事は、ジューン澁澤監修コンテンツ『二人が出逢った理由』の「june's Diary」の転載です。詳しくは「june's Diaryの転載を開始します」という記事をご覧ください。

2人が出逢った理由バナー
※こちらのバナーはスマートフォンからクリックしてご覧ください。

※以下のQRコードをスマートフォンから読み取っていただくことでも、コンテンツをご覧になれます。
スマホ用QRコード

木の切り株のぬくもりとタロットカードたち

今日の写真は、これから始まる鑑定商品の宣伝用に撮ったものです。

あと少しで、何をスタートするか、お伝えできると思います。

実際に始まったら、「ああ、それであんな写真だったんだ」と思っていただけるかも……?
……今はまだ、公表できないことが多くて、なにやら歯切れの悪いもの言いばかりでスミマセン。。

※これは、記事を書いた時点のお話です。

先週の木曜日より、Amebaさんの新たなサービスREQU[リキュー]にて、ビデオチャット個人鑑定を始めました。

 

さて、写真ですが、こんなふうにカードを並べて撮ったのは初めてです。

15世紀に生まれたマルセイユ版タロットから、21世紀に生まれたハワイアン・スピリチュアルタロットやオーロラタロットまで。

古典の着物と現代の着物を並べてみた、みたいな感じるの感慨がありました。

 

カードたちとキャンドルを置いているのは、すごく大きな木の切り株で作られたテーブルです。

最近、木に降れると、何か精神が慰められるというか、魂が温まるというか――。
そんな感じを以前よりも強く感じるようになりました。

気持ちが少し弱っているからかもしれません。

でも、それだけではなく、不動の生命や歳月の重みをまとうものから、しみじみと色んなことを感じ取れる年頃になった、ということもあるのかなと……(^^)ゞ

カードを見ていても、今までと違うイメージが湧いてくることが増えました。

これからスタートする鑑定では、今までとまた違うメッセージをお伝えできることが増えていきそうな気がします。

 

とはいえ、まだまだ“仙人”には程遠い年齢です。
今はまだ、木の切り株より、イキイキと今を生きている皆さんと心を通わせ、魂を温めてあっていけたらな……と願っています。

 

今は雨の多い季節。
じめじめした空気のせいで心も湿っぽくなってしまう日もあるでしょう。

不安なこと、悲しいこと、しんどいことがあったら、いつでもメールをくださいね。

もちろん、うれしかったことや幸せに感じたことも聞かせてくださったら嬉しいです。

あなたも私も、みんな元気で過ごせますように。。